1. トップ
  2. ファッション
  3. 【ニットパンツ】のセットアップでこなれ感抜群に!|着こなし4選

【ニットパンツ】のセットアップでこなれ感抜群に!|着こなし4選

  • 2020.10.17
  • 6893 views

【ニットパンツ】のセットアップはおしゃれへの最短ルート!

去年から気になる存在だったニットパンツはリラックスモードのこの秋こそマストアイテム。上級者な印象が強いアイテムだからこそ、セットアップの力を借りて無理なくおしゃれに! セットならではのこなれ感も入手できる。

1|インナーに白をINしてよりカジュアルに

美しいシルエットのパンツが決め手のネイビーのニットアップ。インナーに白を重ねれば、よりカジュアルな雰囲気に仕上がる。

〝テン バイ ロンハーマン〟のニット¥28,000・パンツ¥24,000・〝マノロ ブラニク〟の靴¥100,000(ロンハーマン) 中に着たカットソー¥12,000(T-square Press Room〈TELA〉) ブルゾン¥56,000(グラフペーパー〈Graphpaper〉) バッグ¥108,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉) ピアス[右耳/片耳価格]¥20,000・[左耳/片耳価格]¥15,000(ストローラーPR〈リューク〉) リング¥26,000(DES PRÉS〈HELENA ROHNER〉)

2|セミワイドなニットパンツはマニッシュな着こなしにハマる

定番の黒はVネックニット×ワイドめパンツのゆるっとシルエットで旬顔に。

ニット¥26,000・パンツ¥28,000(カレンソロジー 二子玉川〈カレンソロジー〉) 中に着たTシャツ¥4,500(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉) バッグ¥45,000(アマン〈ア ヴァケーション〉) 靴¥5,800(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉) ストール¥29,000(アイネックス〈アソース メレ〉) メガネ¥36,000(プロポデザイン〈プロポ〉) バングル¥27,000(H.P.FRANCE〈SERGE THORAVAL〉)

3|クリーンなオフホワイトのセットでリラクシーさと上品さを両立

レンドのワントーンホワイトもニットアップなら難なく決まる。グレーやベージュ、なじみのいい色を合わせてニュアンシーに装うのが今っぽい。

ニット¥25,000・パンツ¥25,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉) コート¥59,000(ドレステリア 新宿店〈ドレステリア〉) バッグ¥132,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥38,000(THE GRAND Inc.〈LAURENCE〉) サングラス¥19,000(ロンハーマン〈ロンハーマン〉) ピアス¥18,500(セシル・エ・ジャンヌ)

4|カーディガンとのニットアップはブラウス合わせで脱無難に

起毛感のあるリブニットはパンツの落ち感もきれい。赤みブラウンはセットで着るだけで今年らしいムードが手に入る。ベーシックなカットソーを中に着るのもいいけど、新しさを狙うならブラウスを。やわらかい風合いがリラックス感を連れてきてくれる。

カーディガン¥21,000・パンツ¥17,000(TOMORROWLAND〈Ballsey〉) 中に着たブラウス¥18,000(スピック&スパン ルミネ有楽町店〈ワンアンドアザー〉) バッグ¥49,000(スタニングルアー 新宿店〈BLAME LILAC〉) 靴¥14,500(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

2020年Oggi11月号「『きれいめ顔したカジュアル』にはこの6着があればいい」より
撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/縄田恵里 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/泉 里香・朝比奈 彩(Oggi専属) 撮影協力/OGAWA COFFEE LABORATORY 構成/佐々木陽子
再構成/Oggi.jp編集部

The post 【ニットパンツ】のセットアップでこなれ感抜群に!|着こなし4選 first appeared on Oggi.jp.

元記事で読む