1. トップ
  2. 伝説の極道・玉木宏“龍”と滝藤賢一“虎二郎”がスイーツ&ヨガで対決!婦人会の抗争も勃発<極主夫道>

伝説の極道・玉木宏“龍”と滝藤賢一“虎二郎”がスイーツ&ヨガで対決!婦人会の抗争も勃発<極主夫道>

  • 2020.10.17
  • 307 views
龍(玉木宏)が住む火竜町の婦人会と隣町である水竜町の婦人会の間で、抗争が勃発する
(C)YTV

【写真を見る】作ったスイーツの写真を撮り、“いいね”の数を競う玉木宏“龍”&滝藤賢一“虎二郎”

10月18日(日)に第2話が放送される玉木宏主演ドラマ「極主夫道」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)。今回、第2話の見どころや撮影現場の様子が公開された。同作はおおのこうすけの同名漫画を実写化した作品。裏社会に数々の伝説を残した最凶の極道として“不死身の龍(たつ)”の異名を持つ男・龍(玉木)が、極道から足を洗い、専業主夫に。そんな彼が主夫の大変さやトラブル、悩みを爽快に解決する姿をコミカルに描く仁義なきヒューマン任侠コメディーとなっている。

【写真を見る】作ったスイーツの写真を撮り、“いいね”の数を競う玉木宏“龍”&滝藤賢一“虎二郎”
(C)YTV

第2話では、かつてのライバル同士だった龍と虎二郎(滝藤賢一)が再会し、伝説のヤクザ同士のけんかが始まる。龍と虎二郎はスイーツを作り、写真に付いた“いいね”の数で決着をつけることに。そんな中、少し太ったことを向日葵(白鳥玉季)に指摘された龍は、フィットネスの体験へ。そこでヨガを初体験をするが、虎二郎と遭遇し、まさかのヨガ対決に発展する。

そんな龍のほんわかした日常の中、龍が住む火竜町の婦人会と隣町である水竜町の婦人会の抗争が勃発。2つの婦人会はスーパーのタイムセールで鉢合わせすると、頭に血がのぼった火竜町婦人会の会長・田中和子(MEGUMI)と水竜町婦人会の会長・山本(映美くらら)は、キノコカットが特徴的な店長・三宅(本多力)を突き飛ばし、額を突き合わせてにらみ合う。

撮影では、エスカレートした2人の顔はもはや怖いというより変顔の域に達し、カットの声が掛かると、MEGUMIと映美は思わず吹き出していた。

その後のタイムセールのシーンでは、婦人会のキャストたちは叫び、怒鳴り、商品を奪い合いと、リハーサルから大熱演。カットの声も届かないほど大乱戦を繰り広げた一方で、玉木は場で唯一の男性である本多と和やかに世間話をしていた。

そして、そんな終わりを知らぬ戦いの場に現れるのが、パートを始めたばかりの雲雀(稲森いずみ)。堂に入った“極妻”っぷりで制止にかかるシーンが撮影された。

 「極主夫道」第2話より
(C)YTV

第2話あらすじ

龍(玉木宏)は、かつてのライバル・虎二郎(滝藤賢一)と再会する。虎二郎は“剛拳の虎”と呼ばれ、“不死身の龍”と双璧をなす伝説の極道だった。彼は刑務所から出所してきたものの、所属していた組がつぶれて行き場を失い、クレープを売っていた。

龍が専業主夫になったと知り、虎二郎は驚く。「専業主夫? 笑かすなや!!」と虎二郎に挑発される龍。龍と虎二郎は、にらみ合い、火花を散らす。その様子を見ていた雅(志尊淳)は、伝説の極道同士の戦いが始まると胸を高鳴らせる。

一方、天雀会は江口(竹中直人)の公務執行妨害をうやむやにする代わりに組を解散してしまうことに。江口は金策に困り、雲雀(稲森いずみ)がスーパーで働き始める。しかし、雲雀は慣れない仕事をさせられて失敗ばかり。彼女はすっかり自信を失ってしまう。

そんな中、龍はダイエットのために運動を始めることに。美久(川口春奈)は龍にフィットネスクラブに行くことを勧める。

「極主夫道」第2話より
(C)YTV

龍は火竜町婦人会の会長・田中(MEGUMI)の誘いでフィットネスクラブに体験入会する。そこには、隣町の水竜町婦人会の会長・山本(映美くらら)も来ていた。龍は田中に、山本を紹介される。

また、火竜町と水竜町が参加する“食”のイベントが近付いていた。そのイベントで火竜町婦人会は今川焼の店、水竜町婦人会はたい焼きの店を出す予定だった。龍は田中に頼まれて、今川焼の店を手伝うことになる。

山本は田中に出店の場所を交換してほしいと持ち掛けるが、出店の場所は売上に影響するため、田中は山本の申し出を断る。

その後、火竜町婦人会が出店の準備を進めていると、水竜町婦人会の嫌がらせと思われるトラブルが発生。仲良くやっていた火竜町婦人会と水竜町婦人会の間に、不穏な空気が流れ、龍もこの婦人会同士の争いに巻き込まれてしまう。(ザテレビジョン)

元記事で読む