1. トップ
  2. スターダスト☆レビュー書き下ろし新曲が、北大路欣也主演「記憶捜査2」OPテーマに

スターダスト☆レビュー書き下ろし新曲が、北大路欣也主演「記憶捜査2」OPテーマに

  • 2020.10.16
  • 267 views
スターダスト☆レビューが「記憶捜査2」のオープニングテーマを担当する
KADOKAWA

スターダスト☆レビューが、10月23日(金)スタートの「記憶捜査2~新宿東署事件ファイル~」(毎週金曜夜8:00-8:54※初回2HSP、テレビ東京系ほか)の、オープニングテーマを歌うことが分かった。

【写真を見る】車いすの刑事・鬼塚(北大路欣也)は、刑事官・啓太郎(風間俊介)や部下・遠山(上白石萌音)と共に奔走

同ドラマは、北大路欣也演じる主人公・鬼塚が慣れ親しんだ新宿の土地勘と、詳細に記憶した「昭和」と「平成」 の二つの時代の街のイメージから、「令和」に起こった難事件を解決へと導いていくサスペンス。

本作のために書き下ろされたオリジナル曲「はっきりしようぜ」は、一度聞いたら耳から離れないアップテンポな曲調と前向きな歌詞となっている。スターダスト☆レビューは、「番組冒頭に流されるということで、ご覧になっている皆さんがその後の展開をワクワクしながら待っている様子を思い浮かべながら、楽しく作りました」とコメント。

そして「ドラマへのリスペクトも込めて、僕らが子供の頃から親しんできた数々の刑事ドラマの音楽の雰囲気も散りばめてあります。誰もがこのコロナ禍の中で、答えが見つからずにモヤモヤしている状態。そんな気分を払拭して『よし、やってみよう』と気持ちが上がる曲です。ドラマ同様に、このオープニング曲『はっきりしようぜ』も楽しんでください」とアピールした。

第1話あらすじ

ある事件で車いす生活となった鬼塚は定年後、新宿東署の刑事課司法係長として再任用された。ある日、新宿植物園で男性の死体が発見される。遺体の身元は所持品から、松本勇吾という男性であることが判明する。名前に聞き覚えがあった鬼塚は、パソコンで認知票(※)を検索すると、被害者は1カ月前にバイク盗難により、被害届を出していたことに気づく。

鬼塚は、刑事官の啓太郎(風間俊介)や部下の遠山(上白石萌音)と共に捜査を始めるが、新署長の東(平岡祐太)は、鬼塚らが捜査に踏み入ることが気に食わず、啓太郎とも捜査方針を巡って対立する。そんな中、バイクを盗んだのは、令和になり多発した“改元詐欺”に関わる詐欺グループであることが発覚する。

※認知票(刑法犯認知情報票):被害届を受理した警察署が作成し、警視庁に送信する書類 (ザテレビジョン)

元記事で読む