1. トップ
  2. 『パラサイト 半地下の家族』WOWOWで独占初放送!ポン・ジュノ監督作も特集

『パラサイト 半地下の家族』WOWOWで独占初放送!ポン・ジュノ監督作も特集

  • 2020.10.16
  • 603 views

アカデミー賞作品賞とカンヌ国際映画祭パルムドールのW受賞という快挙を達成したポン・ジュノ監督の『パラサイト半地下の家族』(19)。同作が11月7日(土)にWOWOWで独占初放送されることが決定。あわせて監督の過去作の一挙放送も行われることがわかった。

【写真を見る】『パラサイト』の家族たちがマスク着用!感染症対策を促す新ビジュアル

世界を席巻した『パラサイト 半地下の家族』をWOWOWで放送! [c]2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
世界を席巻した『パラサイト 半地下の家族』をWOWOWで放送! [c]2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

第92回アカデミー賞で非英語映画初となる作品賞など4部門に輝き、第72回カンヌ国際映画祭でパルムドールを制した本作。半地下にある家で暮らす全員失業中の4人家族が、ひょんなことから高台で暮らす裕福な家族に出入りするようになり、この2つの家族の出会いが想像を絶する物語を生みだしていく。予測不可能な展開や、普遍的なテーマである“格差”に迫り話題を集めた快作だが、今回は監督が本作の公開前に完成させた『パラサイト 半地下の家族[モノクロ版]』(20)も放送される。

放送を記念し、監督の過去作品の特集が決定。放送作品は『パラサイト 半地下の家族』と『パラサイト 半地下の家族[モノクロ版]』、監督の長編映画デビュー作『ほえる犬は噛まない』(03)、サスペンス映画として評判を呼んだ『殺人の追憶』(04)のほか、『グエムル 漢江の怪物』(06)や『母なる証明』(09)、『スノーピアサー』(14)、フランス、日本、ドイツ、韓国合作による3本からなるオムニバスのうち監督が手掛けた『TOKYO!』(08)の計8本となる。また「#WOWOW同時鑑賞会」も開催されるので、放送にあわせてハッシュタグつきツイートをして作品を盛り上げることもできる。

この機会に、独特の世界観を放つポン・ジュノ監督作品を堪能してみてはいかがだろうか。

文/咲田真菜

元記事で読む