1. トップ
  2. ファッション
  3. ベースマーク 2021年春夏コレクション - 結んで編む、フレッシュな躍動

ベースマーク 2021年春夏コレクション - 結んで編む、フレッシュな躍動

  • 2020.10.16
  • 552 views

ベースマーク 2021年春夏コレクション - 結んで編む、フレッシュな躍動

ベースマーク(BASE MARK)は、2021年春夏コレクションを2020年10月15日(木)にデジタル形式にて発表した。

undefined
www.fashion-press.net

「編む・結ぶ」をテーマに

明るい陽の光が差し込む悴田梨園にて撮影された今季のコレクション。日本で古くから和装や儀式に用いられ、幸せが宿るとも言われる「結び」から着想を得て、「編む・結ぶ」にフォーカスしたデザインを展開した。イエローやベージュなど明るいカラーをメインに構成したコレクション全体からは、優しくリラクシングなムードが漂っている。

例えば、トレンチコートの袖口にはリボンをぎゅっと結び、分量感のある袖をたくし上げるようにして着用。所々にイエローのコードを交差させたレースアップのディテールをあしらい、アクセントを効かせている。足元には、甲の部分に編み目のできるデザインのレースアップサンダルをセット。プリミティブさとフレッシュさ、両方の雰囲気を兼ね備えたデザインが印象的だ。尚、サンダルの展開はベースマークにとって今季が初となる。

動きをもたらす“結び目”

また、シャツの裾やパンツのウエスト、ジャケットのショルダーなど様々なパーツに結び目の装飾を施すことで、ウェアの造形に変化や動きを持たせているのが印象的だ。柔らかな白のワンピースは、布地を寄せ集めるようにして結び目を作ることで不均一なドレープが生まれ、躍動感のある佇まいに仕上げている。

非対称のパターンメイキング

非対称的なパターンメイキングも特徴的。布地の直線的な形を生かし巻き付けたようなスカートや、角張った裾のアウトラインのキャミソールなどが目に留まる。淡いグリーンのセットアップは、袖口や裾の一部、身頃にスリットを入れたデザインによって布地の生き生きとした動きを生み出し、歩を進める度に揺れ動く様子が余韻を残していく。

編み目の延長にある“菱形模様”

グラフィカルな菱形模様は、編み目の延長線上にあるモチーフとして落とし込まれた。ワンピースやカットソーは、生地をバイアスに取って仕立てることでアシンメトリーなフォルムに視覚的効果をプラスする。半袖ニットやニットポロの背面や袖には、カットを施すことで透かし模様の菱形モチーフがあしらわれている。

元記事で読む