1. トップ
  2. おでかけ
  3. 長澤まさみ、秋山菜津子、阿部サダヲが演じる女の友情。

長澤まさみ、秋山菜津子、阿部サダヲが演じる女の友情。

  • 2020.10.16
  • 1003 views

松尾スズキの新作は、女の友情にフォーカス。

『フリムンシスターズ』

メインビジュアルのイラストは注目のクリエイター、米山舞による。この躍動感! 劇場の生の舞台の迫力を思い出させてくれるよう。

Bunkamuraシアターコクーン芸術監督・松尾スズキの、就任後初の書き下ろしとなる作品だ。松尾にとっては『キレイ―神様と待ち合わせした女―』以来20年ぶりの新作ミュージカルでもあり、コロナ禍の閉塞感を打ち破るパワフルな舞台が期待される。

フリムンとは、“気がふれる”とか“狂ったような”といった、“バカ”を意味する沖縄の方言。物語は、故郷・沖縄での過去を捨てて東京の西新宿に暮らす女・ちひろがかつての大女優・みつ子と出会い、その親友でゲイのヒデヨシや、新宿二丁目界隈の強烈な個性の人々を巻き込んで展開される。そこで描かれるのは、長澤まさみ、秋山菜津子、阿部サダヲらが演じる3人の女同士(!?)の友情だ。歌と踊り、さらにさまざまなお楽しみも満載となれば、松尾節が炸裂する極上のエンターテインメントになること間違いなし!

『フリムンシスターズ』Bunkamuraシアターコクーン(東京・渋谷)日程:10/24〜11/23全席指定S席¥12,000、A席¥9,000、コクーンシート¥5,500●問い合わせ先:Bunkamuratel:03-3477-3244※11/28〜12/6大阪公演ありwww.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/20_furimun※新型コロナウイルス感染症の影響により、舞台開催時期が変更となる場合があります。最新の情報は各HPをご確認ください。

*「フィガロジャポン」2020年11月号より抜粋

元記事で読む