1. トップ
  2. 恋愛
  3. なんとなく気持ちがアガらない…自分で簡単に心を整える3つの方法

なんとなく気持ちがアガらない…自分で簡単に心を整える3つの方法

  • 2020.10.16
  • 6245 views
undefined
出典:シティリビングWeb

新型コロナウイルスによる世の中の生活スタイルが激変し、なんとなく不安になったり落ち込んだりしがちな昨今。今までなら自由にストレス発散ができたけれど、まだ完全に自由とはいえない現状に鬱々(うつうつ)とした気持ちを引きずっている人も少なくないのではないでしょうか。

とはいえ、不安に揺れる心を鎮められるのは、自分自身。そこで、外出やコミュニケーションという形ではなく、家で気持ちを整える方法を紹介します。

●心を頭だけで変えるのは難しい

undefined
出典:シティリビングWeb

心の中の感情は、頭にイメージがありそうで、実はない状態。いくら「元気にならなきゃ」「悪いことは考えないようにしないと」とわかっていても、心は簡単に動いてくれません。

一方、心は体と結びついています。ネガティブな考えをしているときは、行動もなんとなくおっくうになりますよね。つまり逆に考えれば、ポジティブな行動をすることで心にも影響を与えられるということ。

落ちているときこそ、自分を喜ばせるような行動をすることで、心をコントロールすることができるのです。

●落ち込んだときにできる心の回復テク3つ

undefined
出典:シティリビングWeb

では、日ごろから簡単にできる、気持ちを回復させる方法を紹介します。

・心が落ち着く物を常に用意する

どんな人にも「これがあるといい気分になる」「見ると元気が出る」という存在があるはず。例えば、猫の動画、お気に入りのぬいぐるみ、好きな芸能人のサイン、家族にもらったプレゼント、飼っている犬など。気持ちがアガればどんなものでも構いません。

「心を落ち着かせてくれる大事な存在が自分にはある」ということを日ごろから自身で認識し、落ち込んだときに毎回そのアイテムを見たり抱きしめたりすると、だんだんと本当に気持ちが落ち着くようになります。

・スキップをしてみる

落ち込んでいるときにちょっとスキップをしてみると、ちぐはぐな感じはあるものの、少し楽観的になれるような気がしませんか?

スキップはうれしいときや楽しいことがあったときについついしてしまう行動。これをあえて落ち込んでいるときにすることで、心を動かせるのです。

悪いことや気分が落ち込んだときこそ、ちょっとスキップをしてみましょう。もしかしたら、ちょっぴり笑いがこみ上げてくるかもしれません!

・就寝前に自分を称える

普段、自分で自分を褒めてあげられていますか? 仕事や家事、育児で忙しいと、なかなかできないかもしれません。ですが、自分ががんばっていることを一番知っているのはあなた自身であり、最も自分を褒めることができるのもあなたです。

毎日ベッドに入ったら、眠りにつく前に自分に拍手をしてあげましょう。できれば「今日も頑張ったね。お疲れ様」と自分に声をかけてあげると、「言葉」として形骸化されるため、より心に届きやすくなります。

習慣にすると、眠る前に心を穏やかにすることができるでしょう。

undefined
出典:シティリビングWeb

具体的に頭でイメージできる物や言葉、行動を変えれば、心を動かすことができます。自分の気持ちをコントロールできると、周囲にもいい影響を与えられるはず。結果的にすべての好循環をもたらすきっかけになるかもしれません。

「今日はちょっと気持ちが落ちているな」「なんとなく憂鬱…」と感じていたら、まずは少しずつでいいので行動してみませんか。

プロフィール/関由佳

自身の離婚・死別経験から幅広い女性の生き方を提案する恋愛コラムニスト。筆跡心理学アナリスト、心理カウンセラー、カラーセラピストを習得し、コラムや小説などを執筆中。筆跡心理学セミナーや履歴書鑑定も。ブログ「ライター関由佳の紫日記」:http://rinnenote.blog.fc2.com/

元記事で読む