1. トップ
  2. 横浜流星、映画「きみの瞳が問いかけている」の新場面写真が到着!

横浜流星、映画「きみの瞳が問いかけている」の新場面写真が到着!

  • 2020.10.14
  • 500 views
「きみの瞳(め)が問いかけている」新場面写真が公開された
(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C)2020 Gaga Corporation / AMUSE,Inc. / Lawson Entertainment,Inc.

吉高由里子と横浜流星W主演映画「きみの瞳が問いかけている」(10月23日[金]全国公開)より、横浜の新場面写真が公開された。本作は、不慮の事故で視力と家族を失った明香里(吉高)と、罪を犯しキックボクサーとしての未来を絶たれた塁(横浜)の愛を描いた物語。映画「フォルトゥナの瞳」「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」などで知られる三木孝浩監督がメガホンをとる。

【写真を見る】明香里(吉高由里子)と出会い柔らかな笑顔を見せるようになった塁(横浜流星)

今回解禁となった場面写真は、明香里に出会う前と後で対照的な塁の表情が写し出された2枚。暗闇の人生を歩んでいる最中の、どこか遠くを見つめ、切なさが宿る表情。そして、明香里と出会った後、光が差し込んだような柔らかな笑顔を見せる塁が切り取られている。

三木監督は「横浜君の魅力のひとつに、表情の豊かさがあります。内に秘めたものがあるキャラクターを演じられる彼だからこそ、あのラストにたどり着けたと思っています。自分の内側の感情を揺らして芝居をするのが、彼の大きな魅力のひとつですね」とキャスティングの理由を語った。

横浜が演じる塁は、挫折や絶望に幾度も飲まれながらも、明香里の愛によって救われていく役柄だが、内に秘めた思いを言葉ではなく表情で語る横浜の演技力がこの物語の切ないラストシーンをより感動的なものにしている。

声にもこだわりをみせた横浜流星

横浜は「目のみえない明香里に、声でおじさんだと勘違いされるので、少し低く、でもわざとらしくならないように、いいさじ加減を狙いました。自分の普段の声とは違うので、最初は違和感があったのですが、塁として生きていくうちに慣れていきました。話し方はぶっきらぼうでも、優しさがにじみ出るというのが大事だと思っていましたので、温かみがあるような声の出し方というのは意識していたかもしれないです」とコメントした。(ザテレビジョン)

元記事で読む