1. トップ
  2. ファッション
  3. エムエム6 メゾン マルジェラ 2015-16年秋冬コレクション - 身体的かつ心理的なシェルター

エムエム6 メゾン マルジェラ 2015-16年秋冬コレクション - 身体的かつ心理的なシェルター

  • 2015.5.16
  • 1362 views

エムエム6 メゾン マルジェラ(MM6 Maison Margiela,MM⑥)の2015-16年秋冬コレクションが発表された。

今シーズンのテーマは「シェルタリング・テクスチャー」。身体的にも心理的にも、自分と周りの世界を区切ってくれる洋服のあり方に注目し、アンダーウェアとアウターウェアのレイヤードによってあらゆる表現を提示した。

紳士服のスピリットをベースにストリートウェアを再解釈したワードローブ。テーラリング技術を心地よさや実用性といった面で遺憾なく発揮し、ウェアラブルでありながらユニークなスタイルを提案した。

様々な加工が施されたファブリックが目立った本コレクション。ケーブルニットに使用された、下地が透けて見えるほどシアーな素材や、厚手のボイルドニットレースなど、カテゴリーやシーズンに縛られない、自由な発想がガーメントの表情を豊かにしている。

また、一般的にはインナーで用いられる素材を用いて、コートやバイカージャケットなどのアウターをデザイン。素材が持つ独特の光沢が非日常を日常の中に感じるきっかけのような役割を果たしているように感じる。

シルエットでは、膝下まで伸びた袖のニットや、大ぶりに着こなされたアウター、ジッパーが巧みに使用されたワンピースが印象的。チャンキーニットのブラトップも、下着ではなくアウトサイドのアイテムとして取り入れられている。ボリューム感やレイヤリングでこれらの遊びを自然に落とし込むところが、コンテンポラリーでスマートな装いを引き出す要因だろう。

ブラックやホワイト、グレーといったパレットに、ネオンイエローやレッドで変化を演出。アクセサリーでも、ネオンヘアーのイヤリングやロンググローブなどでコーディネートの幅をもたらしていた。