1. トップ
  2. メイク
  3. 一度は試してみる価値あり! まつ毛美容液の偉大なるパワー【解説編】

一度は試してみる価値あり! まつ毛美容液の偉大なるパワー【解説編】

  • 2015.5.16
  • 3164 views

まつ毛エクステやつけまつ毛など、今多くの女性はまつ毛にオシャレを取り入れています。しかし、飾るだけではまつ毛が弱り、抜けてしまったり生えてこなくなったり…。最悪の場合、まぶたの炎症を起こすケースもあるんです。しっかりまつ毛をケアして、良好な状態を保つことが大事です。

まつ毛のケアといえば、やはり「まつ毛美容液」。しかし、目のごく近い部分に塗布する美容液ということもあり、使用を躊躇する方もいらっしゃるようです。そこで今回は、使用の後押しになるような、まつ毛美容液のあれこれを紹介します。

■まずは自分のまつ毛をもっと知ろう

最初はご自分のまつ毛のこと、状態について知りましょう。まつ毛は、目をふたするように覆うまぶたに生える体毛です。まぶた、まつ毛ともに、物体や刺激から目を守る役割がありますが、まつ毛は特に埃や風などに目が強く刺激されることを防いでいます。

前述のとおりまつ毛も立派な体毛ですから、髪の毛などと同様に、生え代わりのサイクル「毛周期」があります。一般的には3~5か月といわれており、2~6年といわれる髪の毛と比べるとかなり早いペースで生え変わっています。

また、毛根が浅い位置にあることも特徴です。たとえば髪の毛や約4mmの深さに毛根がありますが、まつげは半分の約2mm。抜けてもあまり痛みを感じないことを考えると納得ですよね。サイクルも早く浅い位置に生えている抜けやすい体毛ということですから、かなりデリケートなことがわかります。

このデリケートなまつ毛に、マスカラ、つけまつ毛、エクステなどを接着成分で貼り付け、そしてはぎとっているのが、現在のあなたの状態です。

■まつ毛美容液はまつ毛にどうアプローチするもの?

まつ毛美容液は端的にいうと「まつ毛に栄養を与えるもの」です。今あるまつ毛とこれから生えてくるまつ毛に栄養を与えることで、短い毛周期の間、少しでも長く丈夫な状態でまぶたのうえに留まらせ、多くまつ毛がある状態を維持するのです(毛周期のサイクルを早める成分を利用して、成長を促すことで長さを生み出す美容液もあります)。

育毛とは少し違った目的を持っていることがご理解いただけるかと思います。過去、まだまつ毛美容液の市場が発展途上だった時代は、使い方が詳しくレクチャーされていなかったこともあり、かゆみやまぶたのはれ、色素沈着、逆さまつ毛になってしまうというトラブルがありました。

しかし、昨今はしっかり改善がなされいて、万が一目に入っても支障がない成分が使われているのはもちろん、栄養の成分や浸透性も進化しています。中には、完全オーガニックの成分ばかりを使った商品もあるんです。

まつ毛を長く留まらせて多くある状態を維持できるのなら、と興味を持たれた方、次の【実践編】では、実際に使う上での注意点や、気になるその効果について筆者の感想もお伝えしていきます! どうぞ、お楽しみに!

(田中 愛)