1. トップ
  2. ファッション
  3. ヌメロ ヴェントゥーノ 2021年春夏ウィメンズコレクション - マスキュリンとフェミニンの融合

ヌメロ ヴェントゥーノ 2021年春夏ウィメンズコレクション - マスキュリンとフェミニンの融合

  • 2020.10.13
  • 275 views

ヌメロ ヴェントゥーノ 2021年春夏ウィメンズコレクション - マスキュリンとフェミニンの融合

ヌメロ ヴェントゥーノ(N21)の2021年春夏ウィメンズコレクションが発表された。

undefined
www.fashion-press.net

マスキュリンとフェミニンの融合

メンズ&ウィメンズの合同ショー形式で発表されたヌメロ ヴェントゥーノの最新コレクションでは、これまでも追及してきたフェミニンとマスキュリンの融合をより進化させたクリエーションを展開。

女性モデルたちが纏ったのは、オーバーサイジングなダブルブレストのジャケットや、透け感のあるシフォンスリップドレスだ。コレクションの中で、男性的なシルエットのアウターと女性のセンシュアルな魅力を引き出すドレスが入り交じり、男性性・女性性を超えた美しさが垣間見える。

軽やかなフェザーのディテール

シーズンテーマは、「LANGUAGE」。クリエイティブディレクターのアレッサンドロ・デラクアは、女性も男性も“共通の言語”として着用することができるウェアを目指した。

今シーズン、ウィメンズ&メンズウェアの“共通の言語”とも言えるのが、柔らかなムードを運んでくるフェザーのディテールだろう。スカートの裾やトップスのショルダーにあしわられたそれは、モデルが歩くたびに揺れ動いているかのようで、軽やかな空気感を漂わせる。

メタリックパーツでエッジィに

一方で、コレクションにハードな印象をもたらしているのが、安全ピンやスナップボタンなどのメタリックパーツ。これらをニットトップスやブラトップ、セットアップなどに、デコラティブに刺繍することで、エッジを効かせた。

ソフトなフェザーとハードなメタルパーツ、一見すると相容れない2つの要素を掛け合わせ、化学反応を楽しむ様子は、マスキュリンとフェミニンの融合を試みるアプローチと同じようにも映る。

チェック柄がシグネチャー

カラーはホワイトやベージュ、ライトグレーなど優し気なニュートラルカラーがベース。そこにパープル、イエローなどで鮮やかなアクセントカラーを加えている。チェック柄は今季のシグネチャーともいえるパターンで、ロングコートやショートジャケット、シャツ、ドレスなどあらゆるアイテムに落とし込んだ。

元記事で読む
の記事をもっとみる