1. トップ
  2. 恋愛
  3. 結局どっち?結婚までの時間は短い方がいい?長い方がいい?

結局どっち?結婚までの時間は短い方がいい?長い方がいい?

  • 2020.10.13
  • 10752 views

交際中の恋人がいる人も、独身で婚活中の人も悩むのが結婚に至るまでの期間。結婚の意思がお互いにあっても、結婚までの期間は短い方がいいのでしょうか?
それとも長く慎重に相手を見定める時間が必要なのでしょうか? 結婚に至るまで、どのように考えている人が多いのか、まとめました。

結婚期間ってどのくらいが適切?

結婚に至るまでの期間は、どのくらいが適切と言えるのでしょうか? 出会ってすぐに結婚する「交際0日婚」や出会って数ヶ月以内に入籍するスピード婚にびっくりすることもありますよね。
その一方で、学生時代から長く交際して、10年以上もの交際期間を経てゴールインするカップルも。結局のところ、交際期間はどのくらいが妥当と言えるのでしょうか?

(1)短期勝負!出会ってすぐ運命を感じたスピード婚

「マッチングアプリで知り合って、最初のデートで運命的な出会いを感じました。第一印象って裏切らないと思うし、結婚生活も幸せです」(27歳)
「友だちの紹介で出会ってすぐに意気投合。共通の友人がいる安心感から、交際に発展し、将来を考えた話し合いもたくさんしました。お互いに考え方も似ているし、3ヶ月後には入籍していました」(27歳)
出会った瞬間に結婚を意識し始めたカップルも多いよう。運命の糸を信じずにはいられない出会いだったのかもしれません。

(2)出会って半年には入籍を決意

「職場の同僚の開いた合コンで知り合った女性と交際し、半年後にはプロポーズしました。大人になってからの真剣交際は、結婚前提が基本。お互いの価値観など、話し合いを経てお互いに結婚がベストな選択肢だと気づきました」( 25歳)
「大人の交際は、子どもの恋愛と違って結婚がリアルに見えています。この先もずっと一緒にいるために、結婚しようねと自然に約束し、入籍することにしました」(29歳)
濃密なデート時間を過ごして、交際半年後には結婚を確信するカップルも珍しくありません。

(3)学生時代から交際7年で結婚

「学生時代から付き合い始めて、交際7年にして結婚。マンネリ期も乗り越えての結婚なので、長所も短所も受け止めています。喧嘩も少ないし、ココまでしっかりお付き合いしてきてよかったです」( 31歳)
「5年付き合って、後半の4年間は同棲していました。お互いのこともよくわかっているので、結婚生活も安定しています」(27歳)
スピード婚や短期間で結婚を決意した人とは真逆の回答。長く交際するメリットは、強い絆を築いてから結婚できること。安心感のある結婚生活って素敵ですよね。

(4)大人になってからは交際1年が勝負

「学生時代は3年以上付き合っても、結婚するかはわからないと思ってました。でも社会人になってからは、交際1年がピークかなと。一通り季節のイベントは体験できるし、1年もあれば、お互いの考え方や人柄も大体わかります。むしろそれ以上付き合って、結婚に確信が持てないなら、やめる方がいいかも」( 25歳)
数々の恋愛経験や社会人経験を経て、人を見る目が養われているからこそ、結婚に至るまでの期間は1年がピークと言い張る人も。
結婚生活に何を求めているのか、自己分析することも必要かもしれません。

結婚の期間よりも、結婚生活への確信が持てたら

年代や考え方によって、結婚に至るまでの期間は異なります。長すぎても、短すぎても正解というものではありません。相手との結婚生活に確信が持てたら、結婚してもいいタイミングと言えるでしょう。いろんな話し合いや体験を経て、結婚すべきか見定めてくださいね。
(番長みるく/ライター)


元記事で読む