1. トップ
  2. ファッション
  3. 【イヤリングをハンドメイド】初心者でも簡単作成講座!必要なパーツやアイデアも

【イヤリングをハンドメイド】初心者でも簡単作成講座!必要なパーツやアイデアも

  • 2020.10.13
  • 1114 views

Instagramなどを見るとハンドメイドでイヤリングを作っている人って意外と多いですよね。作ってみたいと思いつつも、「不器用だし」「そもそも作り方が分からない」とチャレンジしそびれてる方も多いのでは?この記事では、初心者でも必ず作れる簡単イヤリングの作成方法をご紹介します。

ハンドメイドイヤリングに必要なアイテム

イヤリングを作ろうと思っても、いざ何を用意すればいいのかわかりませんよね。まずはハンドメイドアクセサリー作りに欠かせない道具とパーツをご紹介します。

平ヤットコ

平ヤットコは金具を曲げたり固定する時に使う道具です。2つ用意すれば金具を安定させて曲げたり固定したりできます。ラジオペンチでも代用できますが、表面がギザギザしているので安定感がなかったりパーツを潰してしまうこともあるので注意が必要です。

丸ヤットコ

丸ヤットコは、平ヤットコと違い先端部分が丸くなっています。後で紹介するTピンや9ピンの先を丸くしてパーツを繋げる部分を作るのに使います。他にも、ワイヤーアートを自分で作るために使うこともあります。

ニッパー

ニッパーは、ワイヤーやあとで紹介するTピンや9ピンを切るために使います。ハサミでは切りにくい太めのワイヤーもニッパーなら簡単に切れます。
 

イヤリング金具

耳につけるイヤリング金具は様々な種類があります。自分が作りたいイヤリングにはどの金具が合っているかチェックしましょう。

バネ式

重さに耐えられて、調節が可能なバネ式。100均でも手に入り、初心者におすすめです。イヤリング 金具に丸カンがついていて、ここにパーツをつけます。金具自体にチャームやビジューがついたものなどもありますよ。

クリップ式

クリップ式は耳にパチッと挟むだけのタイプです。ワンポイントなどシンプルなイヤリングを作りたい時は金具が目立たないクリップ式がおすすめです。耳が痛くならないように金具にシリコンかゴムの部品がついているものもあります。

ノンホールピアス

ノンホールピアスは金具の中で一番目立たないタイプです。樹脂タイプもあり、ピアスをつけているような見た目になります。ただし、耳に挟み込むだけなのであまり重いイヤリングには適しません。

丸カン

丸カンは主にイヤリング金具とパーツを繋げるために使われます。円状になった針金に1箇所空いた部分があり、ここをヤットコで曲げて空間を大きくし、金具とパーツを入れて繋げます。

他にもパーツ同士を繋げたり、チェーンのように繋げてパーツとして使用するなど、工夫次第で色々な使い方ができます。 丸カンはイヤリング 作り以外にも重宝するので、様々な大きさの丸カンセットを購入しておくと便利ですよ。

Tピン・9ピン

Tピンと9ピンはビーズやパールなどを通すために使われるパーツです。自分が作りたいビーズなどのパーツの大きさに合わせた長さや大きさのピンを購入しましょう。

Tピン

Tピンは針金の先端にパーツが付いたピンです。ビーズなどを通した時に一番下になるパーツを留めるために使われます。Tピンの基本的なかたちは先端部分には円盤型の金属が付いてるものですが、他にも球体の金属や星などの形もあります。

9ピン

ピンは針金の先端に丸いカンが作られているパーツです。ビーズなどを通した後に、反対側にも丸ヤットコでカンを作れば、他のパーツと繋げられます。

意外と忘れがち!パーツや金具を保管するケース

手芸店などで金具やパーツを購入する場合、必要分よりも多い量で販売されています。余った金具やパーツはまた作る時に分かりやすいようにそれぞれケースに保存するのをおススメします。

私が使っているのは100均で購入したプラスチック製のアクセサリーケースです。1つで沢山のパーツを種類ごとに保管できて便利ですよ。

他にもアクセサリーパーツをインテリアとして飾るのに、セリアで購入したアクセサリーケースとミニ瓶を使っています。

ビーズをつかったハンドメイドイヤリング

ウッドビーズを使った大ぶりパーツのイヤリングは、秋冬のファッションに合わせるとおしゃれに決まります。100均で揃えたビーズ、道具やパーツ使用しているで初心者の方には特に、気軽に試していただけます。工程も、針金やワイヤーに通すだけで簡単です。

undefined
出典 zozo.jp

宝石のようにキラキラしたビジューのイヤリングは、ファッションのアクセントとして取り入れやすいアイテムの一つ。一見作るのが難しそうですが、専用のイヤリング金具を使えば簡単に作れます。

パールをつかったハンドメイドイヤリング

大ぶりパールを使った華やかイヤリング。パール1つで存在感があり、一緒に使うパーツ次第でキュートになったり高見えしたりアレンジ自由自在です。アーティフィシャルフラワーと揺れるコットンパールの組み合わせは大人っぽくて素敵ですよね。
このイヤリングは9ピンやチェーンを使うので、紹介した平ヤットコや丸ヤットコを使って完成させることができます。

100均で購入したパールを使ったイヤリングです。他のパーツも全て100均で揃えています。パールの色はピンクやブラック、素材はコットン仕様のものなど多種揃っており、100均素材だけでも十分素敵なイヤリングが作れちゃいます。

ボタンをつかったハンドメイドイヤリング

くるみボタンを使った、落ち着いた雰囲気のあるイヤリングです。100均の作成キットでくるみボタンも自分でハンドメイドすれば、世界に1つだけのイヤリングができちゃいます。

同じくるみボタンを使ったイヤリングですが、レザーやビニールといった素材に変えると一気に大人感が増します。特に、オリーブ色のレザー素材で作れば秋冬に似合う、スマートな装いのイヤリングになりますね。

もっと簡単に作りたい人には、ボタンとアクセサリーパーツを繋げるだけの簡単イヤリングです。素材は全て100均で揃うので、コスパ的にもおすすめします。

夏は浴衣のシーンなど和装にぴったりな、ちりめん素材を使ったくるみボタンイヤリングです。ちりめんは手芸店だけでなく100均でも購入できますので、ご自身の浴衣や着物に似合うイヤリングを作ってみてはいかがでしょうか。

リボンモチーフのハンドメイドイヤリング

リボンと星のモチーフを使用した、女性らしいかわいいイヤリングです。素材や色を変えてあげることで、甘辛など簡単にアレンジできます。大人らしいスマートな雰囲気を出したい場合は、黒いリボンやレース、チュール素材がおすすめです。
秋から冬にかけてはレザーやベロア素材のリボンや紐を使って季節感を出してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ハンドメイドでイヤリングを作ってみたい方向けに、道具やパーツ、そして作成アイデアをご紹介しました。Webooでは沢山のイヤリング作成方法やアクセサリーの作り方を紹介しています。ここで紹介した記事以外も「イヤリング」検索し、ぜひ自分だけのイヤリング作ってみて下さい。

元記事で読む