1. トップ
  2. ファッション
  3. ミュージカル映画『ジェイミー!』ウエスト・エンドのヒット作、ドラァグ・クイーンに憧れる高校生の生き様

ミュージカル映画『ジェイミー!』ウエスト・エンドのヒット作、ドラァグ・クイーンに憧れる高校生の生き様

  • 2020.10.12
  • 625 views

ミュージカル映画『ジェイミー!』ウエスト・エンドのヒット作、ドラァグ・クイーンに憧れる高校生の生き様

人気ミュージカル『エブリバディズ・トーキング・アバウト・ジェイミー(Everybody's Talking About Jamie)』が映画化。ミュージカル映画『ジェイミー!』として2021年に日本公開される。

undefined
www.fashion-press.net

ウエスト・エンドの大ヒットミュージカルが映画化

『エブリバディズ・トーキング・アバウト・ジェイミー』は、2017年11月、イギリスのシェフィールドで初演されて以降、絶賛の声を受けてウエスト・エンドでの上演がスタートし、3年以上経った今もなお、上演され続ける大ヒットミュージカル。「オペラ座の怪人」、「ミス・サイゴン」、「キャッツ」に続く、ウエスト・エンド発祥の新たな代表作として愛されている。

2018年には、英国で最も権威のある演劇賞と言われるローレンス・オリヴィエ賞の5部門にノミネート、ワッツ・オン・ステージ・アワードでは3部門の受賞を果たすなど、演劇界における様々な賞に輝いた。

ドラァグ・クイーンに憧れる高校生の“自分らしく生きる姿”を描く

物語は、BBCが制作した、ドキュメンタリー「Jamie:Drag Queen at 16」からインスパイアを受けた実話がベース。主人公のドラァグ・クイーンに憧れる16歳の高校生、ジェイミー・ニューが、母親から真っ赤なヒールをプレゼントされた事を機に、高校のプロムにドラァグ・クイーンとして出席する夢を抱く。

しかし、学校や教師からは猛反対。父親との確執や教師からの心無い言葉など、多くの困難が待ち受けるが、そんな中でもジェイミーは、ありのままの自分を愛し、自分らしく生きようとする。自分らしくあろうとするジェイミーの姿に勇気と感動をもらえる、感動的なポップ・ミュージカルとなっている。

舞台版で演出を務めたジョナサン・バターレルが監督

主人公のジェイミーは、5000人のオーディションから選ばれたマックス・ハーウッドが演じる。本作で本格的なデビューを飾る彼のパフォーマンスは必見だ。また、舞台版で演出を務めたジョナサン・バターレルが、映画版でメガホンをとる。

【詳細】
『ジェイミー!』
監督:ジョナサン・バターレル
脚本:トム・マクレー
出演:マックス・ハーウッド、サラ・ランカシャー、リチャード・E・グラント
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
© 2020 20th Century Studios. All rights reserved.

元記事で読む