1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【章魚】これなんと読む?正解はあのうねうねした海の生き物!

【章魚】これなんと読む?正解はあのうねうねした海の生き物!

  • 2020.10.11
  • 25066 views
undefined

今回の難読漢字シリーズは、「章魚」です! 今回も簡単に読めませんが、うねうねしているのが特徴で、多くの人が知っているあの海の生き物を指す漢字です。 さっそく、「章魚」の読み方や正体をチェックしていきましょう!

(1)「章魚」の読み方

「章魚」の読み方は、「タコ」です。 そう、吸盤が足にたくさんついて、体をうねうねさせるあの魚介類です。 たこ焼きやタコのお刺身などさまざまな料理があるので、食べたことがある人も多いのではないでしょうか。

(2)「章魚」の意味

ここでは、「章魚」の意味をあらためておさらいしておきましょう。 「章魚」とは、頭足網八腕目の軟体動物の総称です。 丸い頭状の部分が胴体で、そこに吸盤がある8本の腕が付き、腕の付け根に口があります。 マダコやイイダコ、ミズダコなどの種類はすべて、「章魚」と呼びます。

(3)「章魚」の語源

章魚の語源については「たこ」の「た=手」「こ=接続語」で、「手が多い」様子にちなんでいると言われていたり、タコの吸盤によって物に凝り付く様子から「手凝(たこ)」という意味になったりなど、所説あると言われています。 語源を想像しながら、「章魚」の意味について理解を深めるのもおもしろいですね。

(4)「章魚」の別の書き方

章魚は、「蛸」という書き方もあります。 飲食店やスーパーなどの街中では「蛸」の表記を見かける頻度が多く、こちらの漢字なら読める人もいるのではないでしょうか。 その分、「章魚」という漢字が出てくると、読めなくて戸惑うのかもしれませんね。 この機会に、「章魚」「蛸」の両方の漢字表記を覚えておきましょう!


「章魚」の読み方を知れば、「ああ、あのタコね!」とスッと受け入れられた人も多いはずです。 これで「章魚」と書かれていても、難なく読めますね。 街中で章魚に遭遇する機会があれば、ぜひ今回のマメ知識を披露してみてくださいね。 (liBae編集部)

元記事で読む