1. トップ
  2. ファッション
  3. マット・ボマーが『荒野の七人』のリメイク版『The Magnificent Seven』に出演!

マット・ボマーが『荒野の七人』のリメイク版『The Magnificent Seven』に出演!

  • 2015.5.15
  • 1091 views

日本映画の名作『七人の侍』の西部劇版映画として1960年に米国で公開された『荒野の七人』の新しいリメイク版映画『The Magnificent Seven』に、マット・ボマー(『ホワイトカラー』)が出演することが決定した。

undefined

【関連記事】マット・ボマー、テイラー・キッチュ、マーク・ラファロが迫真の演技で迫る!1980年代のHIV/エイズ問題を描いた『The Normal Heart』

米The Hollywood Reporterによると、アントワーン・フークワ監督(『イコライザー』)が手掛けるリメイク版『The Magnificent Seven』には、マット以外にも、デンゼル・ワシントン(『イコライザー』)、クリス・プラット(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』)、イーサン・ホーク(『6才のボクが、大人になるまで。』)、ヴィンセント・ドノフリオ(『LAW & ORDER クリミナル・インテント』)、ワグネル・モウラ(『エリジウム』)、ジェイソン・モモア(『ゲーム・オブ・スローンズ』)、そしてヘイリー・ベネット(『イコライザー』)など、豪華な俳優たちの出演がすでに決定している。

リメイク版は、ヘイリー演じる女性が、悪徳な泥棒男爵に率いられる乱暴な無法者たちから町を守るため、さまざまなルーツや特技を持つ早撃ちガンマンたちを雇うことからストーリーが始まる。 マットが演じる役はヘイリーの夫で、盗賊グループに立ち向かおうとする男性とのことだ。

マットは『ノーマル・ハート』にてエイズ患者フェリックス役を熱演して、本年度ゴールデン・グローブ賞助演男優賞を受賞、米国で今秋放送予定の『アメリカン・ホラー・ストーリー』の最新シリーズ『American Horror Story: Hotel』ではレディー・ガガと共演、そして米国では7月1日に劇場公開予定の映画『マジック・マイク』の続編『Magic Mike XXL』にも出演している。(海外ドラマNAVI)

Photo:マット・ボマー
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net