1. トップ
  2. 芦田愛菜、“勘違い”を告白「一緒に生活してみたら思ってたよりもかわいくて」

芦田愛菜、“勘違い”を告白「一緒に生活してみたら思ってたよりもかわいくて」

  • 2020.10.9
  • 2061 views
芦田愛菜が映画「星の子」の公開初日舞台あいさつに登場した
KADOKAWA

10月9日、映画「星の子」の初日舞台あいさつが東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、芦田愛菜、永瀬正敏、大森立嗣監督が登壇した。

【写真を見る】清川あさみからプレゼントされた原画に大興奮の芦田愛菜

同作は、芥川賞作家・今村夏子の同名小説を映像化したもの。父親と母親に愛されて育ったちひろ(芦田)だが、その両親は幼少期にちひろの病気を治した“あやしい宗教”を深く信じていた。

中学3年になったちひろは、一目ぼれした新任の先生に夜の公園で奇妙な義式をする両親を見られてしまう。そして彼女の心を揺さぶる事件が起こる。芦田が6年ぶりに実写映画で主演を務めることも大きな話題となっている。

本イベントが全国10都市19会場で生中継されているということで、司会者から「地元の言葉であいさつをお願いします」と振られ、兵庫出身の芦田は「本当に今日は天気も悪いのに映画館に来てくださってめっちゃうれしいです! 今日は楽しんでってやぁ!」と少し恥ずかしそうな表情であいさつ。

宮崎出身の永瀬は「いやいや、九州と言っても僕の所はちょっと特殊で宮崎弁とも鹿児島弁とも違う変な言葉なんですけど…」と渋りながらも、「皆さん今日はありがとうございます。どうか楽しんでってくんや。この映画をどうか広めっください。はい、どうも(笑)」とあいさつして照れ笑い。

芦田が「今日、無事に皆さんにこの映画がお届けできたことがうれしいです。いつもとは違って、中継で、この映画を見たいと思ってくださってるたくさんの方と一緒に初日を迎えられたというのもうれしいです」と初日を迎えた気持ちを伝えると、永瀬も「全国に中継していただけるのは初めての経験です。本当はみんなで全国に行きたかったんですけどね。でも、うれしいです」と喜びを表現した。

あやしい宗教を信じる親を持つ少女という難しい役柄だが、「監督は『こういうふうにしてほしい』と具体的には言わない方で、シーンやちひろについてお話しさせていただきながら、ちひろになるための“課題”というか“ヒント”を頂いてたような感覚でした。その、監督と一緒にちひろという女の子を作っていく感覚がすごく楽しかったです」と、大森監督と一緒に役づくりをしていったことを明かした。

そして、「宗教や両親のことで『周りからどんなふうに見られてるんだろう?』『私って変なのかな?』って悩むこともあれば、学校では話せる友達がいて、友達に悩みを相談できたり。ちひろの心の揺れ、多面的な部分は表現したいと思っていましたし、そういう繊細な心の揺れや葛藤は一人のシーンにこそ表れるものなのかなって思ったので、ふと一人になった時に決意だったり、悲しみ、悩みだったり、ちひろの本音の部分が見せられたらいいなと思って演じました」と、ちひろを演じる上で気を付けていたことも語った。

芦田「かわいくていとおしいです(笑)」

映画の内容にちなんで「ずっと信じていたのに間違いだったこと、勘違いだったこと」を発表することに。

芦田は「猫の可愛さ」とフリップに記し、「飼う前も猫ってかわいいなって思ってたんですけど、一緒に生活してみたら思ってたよりもかわいくて、毎日癒やされていて、家に帰ると、リビングのドアにガラスの隙間みたいなのがあるんですけど、立ってのぞいて『ニャー』って迎えてくれたり、寂しがりみたいで、みんながいる所にいつもいてくれたり。膝の上にこそ乗ってくれないんですけど(笑)、近くにいてくれたりして、かわいくていとおしいです(笑)」とその理由を明かした。

永瀬は「ナオス」。「ある映画でアドリブで『これ、直しといて』って言ったんですよ。その人は素直に取ってくれて、監督も分かってくれたんですけど、録音部さんだけ首をひねっていて『直すってどういうことですか?』って。俺の住んでる所では『仕舞っておいて』ってことを『直しといて』って言うんです。それを(標準語だと)勘違いしてましたね」と方言での思い込みエピソードを語った。

大森監督は「家族のほうかい」。「俺ん家、家族が崩壊気味だったんですよ。ずっと家族って崩壊するもんだと思って育ってきたんですけど、最近、家族みんな仲良しになってしまって、今はそうじゃないんだって思ってます」と理由を答えた。それを聞いた永瀬は「僕はお父さん(麿赤兒)にも弟さん(大森南朋)にもお世話になってるので」と苦笑い。

その後、本作のタイトルアートを手掛けたアーティスト・清川あさみが登場し、芦田にタイトルアートの原画をサプライズでプレゼントした。

原画を受け取った芦田は「すごい! 写真で見せていただく機会があったんですけど、すごい作品に引き込まれましたし、刺繍(ししゅう)っていう繊細なものがちひろの繊細な心にリンクしたような気がしたんですけど、実物を見せていただいて圧倒しました。大事に飾らせていただきます。ありがとうございます!」と満面の笑みを浮かべた。

最後は、永瀬が「芦田さんのお芝居はすごいので、ぜひそれを堪能していただければと思います。すごい好きなシーンがあるんですけど、それは内緒にしておきます。明日も(映画館に)来てください(笑)」と会場を和ませ、芦田が「私はこの映画を通して『信じるとは何か?』というものを深く考えたんですけど、結論というのはきっと皆さんそれぞれ違っていていいものなんじゃないかなって思っているので、この映画を見た後、皆さんにとって『信じるって何だろう?』とか『信じたいと思える大切な人は誰なんだろう?』とか考えるきっかけになったらうれしいです」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。(ザテレビジョン・取材・文・撮影=田中隆信)

元記事で読む