1. トップ
  2. ファッション
  3. わかりやすい図案付き!アイロンビーズディズニープリンセスの作り方

わかりやすい図案付き!アイロンビーズディズニープリンセスの作り方

  • 2020.10.9
  • 5502 views

アイロンビーズで作るディズニープリンセスの5つのキャラクター図案をご紹介します。一見、全身アイロンビーズで作るのは難しそうですが、かわいくふっくらさせてコンパクトな図案になっているので分かりやすく簡単に作ることができます。 5つ揃えると色鮮やかで見た目もかわいく、キーホルダーにしてお子さんの鞄につければ自慢できること間違いなしです!

材料

ダイソー / ミニアイロンビーズ

今回使用したのは、ダイソーのミニアイロンビーズです。
1袋約2000粒入っており、カラーは


オレンジ
薄ピンク
濃ピンク
ラベンダー
薄水色
水色

黄色
黄緑
肌色
茶色
グレー



の計15色もあります。
通常のアイロンビーズより小さいサイズなので、細かい部分も再現することができます。
専用のプレートも一緒に販売されているので、準備も手間いらずです。

図案つき!ディズニープリンセス5選

それではアイロンビーズで作るディズニープリンセスの作り方をご紹介します。図案付きなので、初めてアイロンビーズに挑戦する方でも簡単に作ることができますよ。

シンデレラ(シンデレラ)

使用ビーズ

黒:2個
濃ピンク:2個
黄色:31個
肌色:33個
水色:69個
薄水色:78個


プリンセスと言えばコレ!という代表的なキャラクターである「シンデレラ」。お城の舞踏会に行くために、妖精ののおばあさんに魔法をかけてもらったブルーのドレスを2色のアイロンビーズで再現しました。

白雪姫(白雪姫)

使用ビーズ

濃ピンク:2個
白:6個
薄水色:8個
赤:15個
青:16個
黒:31個
肌色:48個
黄色:113個


2作目は継母である女王が作った毒リンゴを食べてしまった「白雪姫」。髪の毛の赤いリボンやパフスリーブ袖のドレスがかわいいですよね。

アリエル(リトルマーメイド)

使用ビーズ

黄色:2個
黒:2個
濃ピンク:2個
ラベンダー:7個
薄水色:22個
黄緑:51個
肌色:65個
赤:66個


3作目は映画「リトルマーメイド」に登場する人魚姫「アリエル」です。赤い髪の毛と緑の尾ひれが特徴的ですよね。幼稚園のお友達にも人気が高いキャラクターです。

ベル(美女と野獣)

使用ビーズ

黒:2個
濃ピンク:2個
オレンジ:24個
肌色:39個
茶色:47個
黄色:123個


4作目は映画「美女と野獣」に登場する読書大好きな村娘「ベル」です。黄色のドレスは、野獣と心を通わせた後に催した2人だけの舞踏会でベルが身に着けたドレスです。

ラプンツェル(塔の上のラプンツェル)

使用ビーズ

黒:2個
濃ピンク:7個
肌色:38個
薄ピンク:40個
黄色:56個
ラベンダー:104個


最後は映画「塔の上のラプンツェル」で誘拐されて18年間塔のに閉じ込められていたお姫様「ラプンツェル」です。この長い髪の毛が特徴的ですよね。髪の毛を飾っているビーズの色は、お好きな色に変更してアレンジするのもおすすめです。

作るときの注意点は?

手の先や細くなっているところはしっかりアイロンをかける

首や手の先、尾ひれの先など細くなっている部分は、折れたり外れたりして壊れやすい部分なので、他の部分よりしっかり長めにアイロンを当てるようにしましょう。

表面がとけるまでアイロンシートやプレートをはがさない

アイロンを高温で当てるとビーズが溶けすぎるし、低すぎると接着不足で壊れてしまいます。ビーズの高さによって早く溶ける部分と時間がかかる部分とが出てくるので、焦らずゆっくりアイロンをかけ、すべてのビーズがアイロンシートにつくまでプレートから外さないようにしましょう。

いろいろアレンジ!金具をつけてストラップに変身

アイロンビーズに目打ちなどで穴をあけ、Cカンを通しそこに細いゴム紐を通すと簡単にキーホルダーに変身します。親子お揃いでカバンにつけるのもかわいいですよね。

まとめ

いかがでしたか?

今回紹介したキャラクターは

シンデレラ
白雪姫
アリエル
ベル
ラプンツェル

の5種類でした。

最近プリンセスに興味を持ちだした年少長女は図案を描いている最中から楽しみに待っていて、完成に大喜びして順番に並べて眺めていました。
これらの作品はタテ約6cm×ヨコ約4cmとコンパクトサイズなので、カバンにつけても邪魔になりません。ミニサイズのアイロンビーズは小さいお子さんでは扱いづらいですが、年長さんくらいになると上手に作れる子もいます。
我が家の年長長男は小さいサイズはつかみにくかったようですが、お友達の年長の女の子は黙々と作業していました。アイロンを使用しますので、ヤケドには十分注意してください。ぜひ、お子さんと協力してアイロンビーズ作りを楽しんでみてください。

元記事で読む