1. トップ
  2. グルメ
  3. 愛らしい小鳥の姿に癒される「ことりカフェ吉祥寺」

愛らしい小鳥の姿に癒される「ことりカフェ吉祥寺」

  • 2015.5.15
  • 15181 views

東京・吉祥寺にある「ことりカフェ吉祥寺」は、文鳥やインコと触れあえる動物カフェです。かわいらしい動きや鳴き声を思う存分楽しみましょう。

緑豊かな井の頭公園近くにあります

「ことりカフェ吉祥寺」はJR吉祥寺駅から徒歩15分、井の頭公園の先にある「三鷹の森ジブリ美術館」の目の前にあります。徒歩以外なら、吉祥寺駅南口や三鷹駅南口からそれぞれ出ているバスを利用しましょう。

オーナーである川部さんの「小鳥のかわいらしさをもっと知ってほしい」という思いからはじまった「ことりカフェ」。表参道の1号店に続き、吉祥寺は2号店としてオープンしました。

小鳥たちがすぐ目の前で遊ぶ姿を眺めましょう

お店に入ると白・桜文鳥、オカメ・ビセイ・サザナミインコと、約20羽ほどの様々な種類の小鳥がお出迎えしてくれます。小鳥はガラスで仕切られた部屋の中にいて、木のブランコをゆらしたり、ごはんを食べたり。自由に遊び回る愛嬌のある仕草を至近距離で見ることができます。

黄色のビセイインコの「ノンちゃん」はおっとり、オカメインコの「テトちゃん」は元気いっぱいなど、小鳥それぞれの性格のちがいがわかるのも楽しみのひとつです。

席は先着順で、鳥の近くが空いた場合は順次移ることができます。混雑時は1時間制なので難しい場合もありますが、少し待っていれば小鳥を近くで見ることができるかもしれません。

小鳥モチーフのスイーツもキュートです

カフェでオーダーできる鳥かごに入った小鳥をモチーフにしたケーキ(864円)は、「オカメインコ」、「三鷹の森モンブラン」、「白文鳥ムース」の3種類。鳥をモチーフにした作品を作るアートユニット・torinotorioのラテアート”トリラッテ”とコラボした「ティラミス」(864円)も人気です。カップがかわいいドリンク(864円)にはかわいらしいクッキー付き。スイーツはすべて吉祥寺にある人気パティスリー「ジュンホンマ」で作られているそう。

また、ごはんでインコをかたどった「いんこカレー」(1080円)も、日によって限定で味わえます。

小鳥モチーフの雑貨を記念のおみやげに

販売スペースでは、小鳥モチーフのクッション(1944円)やメモ帳(410円)、店内で使われているカップ(918円)などを買うことができます。小鳥好きならぜひチェックしてみてくださいね。