1. トップ
  2. おでかけ
  3. 1泊2日のホテルステイで何もしない贅沢を【スキマトリップ】

1泊2日のホテルステイで何もしない贅沢を【スキマトリップ】

  • 2020.10.9
  • 18570 views

GOTOトラベルが遂に東京在住の方や行き先が東京でも適用になりました! 「さて、どこに行こう?」と考えたとき、私がご提案したいのが「いつもと違う旅」。今は以前と違う環境だからこそ、着いたらすぐ観光!というバタバタ旅ではなく、キャンペーンを利用し、いいホテルで何もしない贅沢を堪能するのはいかがでしょうか?GOTOトラベルが始まる前に楽しんだ、素敵ホテルステイを例にご紹介します!

行き先は奄美大島。あえて、何もしない日をつくる

ワーケーションを体験しに、ワーケーションを推進している奄美大島に行ったとき、私には泊まってみたいホテルがありました。それはThe SCENE。全室オーシャンビューで、ビーチまで15秒。ホテルステイがひとつの景色となるような滞在を提案しています。

奄美大島で「何もしないホテルステイ」を叶えるための私的必要条件は以下の4つ。1. 美味しい料理2. キレイなビーチ3. 部屋の景色が素敵4. 星空観賞できる!

部屋の景色が素敵、という部分は、ワーケーションで奄美に来ているからこそ、仕事をしない日をより充実したものにしたかったから。景色には特にこだわりました。

このホテルは、どのお部屋もオーシャンビュー! お庭にあるハートの形の池も可愛らしく、夜にはライトアップまで。ぼ~っとコーヒーを飲みながら、外を見るだけでも楽しめます。いいホテルなので、1部屋1泊¥32,000からとお値段は張りますが、だからこそ、外に行かず、何もしない時間を満喫するのもアリ。そして、日常をリセットします。ホテル代までキャンペーンでサポートしてくれる今だからできる贅沢です!

何もしないからこそ、周辺の飲食環境をチェック!

何もしないホテルステイを行うために確認しないといけないのは、周辺の飲食環境。何もしない=美味しいお店にわざわざ出向かないということ。コンビニはあるのか、美味しい食事はホテルで楽しめるのか?を確認しましょう。

私が行ったThe SCENEは、奄美大島最南端のビーチが広がる場所。コンビニはもちろん、スーパーも車で20分ほどいかないと無いので、あらかじめお部屋で飲みたいお酒やお菓子は買い出してから向かいました。

また今回、ここへ泊まった決め手のひとつがお食事。奄美の地元食材を使用したこだわりの料理を提供していると知り、おこもりでも安心して美味しい食事が楽しめる!と思ったから。めずらしい奄美の野菜をサラダで楽しめたり、満足♪ 満足♪

移動しないからこそ、アクティビティも重視して!

今回のテーマは「バタバタしないホテルステイ」。場所が観光地から車で1時間ほど離れている場所にあったので、本当に一度行ったらそこでゆっくりするしかない。でも何もないのは飽きてしまいますよね。だからこそホテルの中で楽しめるアクティビティがあるかどうかも重視しましょう。私が泊まったThe SCENEの場合は、目の前がビーチ! 奄美大島でも随一の海ガメが見られる!?というクチコミがあったので、水着のまま部屋からGOできるのが最高でした。

さらにこちらでは無料でヨガ教室を行っており、海の音を聞きながらヨガを満喫。これはなかなかできない格別の時間となりました。他にもスパや奄美唯一の温泉などがありました。このように、ホテルで何が体験できるかというのも贅沢ステイでは重要な要素です。

どうやったら星が見えるのか?立地も大事!

せっかく離島に来たら、見たいのは星空。しかし、リゾートホテルだと灯りが強く、意外と見えないことも。少し暗めの場所に行くのに、車を走らせるとその間までお酒が飲めない・・・うーむ。ジレンマだ。でも、ホテルによっては星空を売りにしているところもあるのです!私が泊まったThe SCENEの場合、屋上に星空を見上げられる円形ベッドが! ここならお酒と一緒にお食事を楽しんだ後でも星空鑑賞ができます。私が行ったときは、結果的には曇りで星は見られませんでしたが、ぼんやり空を見上げながら、風を感じ、ベッドでごろん。日々の忙しさを忘れられる至福の時間でした。今、記事を書きながら、時を戻して欲しいと願うばかりです。

それではホテルステイで"何もしない"旅の、重要な要素を振り返り!

★あえて何もしないために「眺めの良い部屋」を選ぶ。バタバタ観光ではなく、部屋をゆっくり楽しもう。そのために、ずっと見ていたい景色に囲まれたホテルをチョイス! 贅沢ホテルステイを楽しみましょう。

★ホテル周辺の飲食環境を調べるバタバタ旅をしないために、ホテル周辺でごはんを済ませられるのか? その食事は美味しいのか?を徹底的に調べてから行くと満足度がUP!

★満足できるアクティビティはある?ヨガ教室や周辺の自然などで十分に楽しめるかをチェック! スパも大事な要素です。

★朝から夜遅くまでホテルステイを楽しめるか?ずっと部屋にいてもつまらない! でも外には出たくない。そのホテルらしい24時間の過ごし方をイメージできるかも、ゆっくりホテルステイをするうえで大事。チェックインスタート時間からチェックアウトギリギリまでいたい!というホテルステイも、普段ではなかなかできない体験になるはず。GOTOキャンペーンを使って、皆さんも国内スキマトリップしてみませんか?

写真・文/もろたけいこ

元記事で読む