1. トップ
  2. 唐沢寿明、日本版「24」がついにスタート「見ている人がフィクションの中に自然と入っていける作品に」

唐沢寿明、日本版「24」がついにスタート「見ている人がフィクションの中に自然と入っていける作品に」

  • 2020.10.9
  • 1599 views
オリジナル版の大ファンだったという唐沢寿明
撮影=富田一也

【写真を見る】唐沢寿明、日本版ジャック・バウアーに!

この秋、唐沢寿明が、日本版ジャック・バウアーに。アメリカ連邦機関のテロ対策ユニット、通称CTUの捜査官であるジャック・バウアーが凶悪なテロ事件と戦う姿を描き、世界中で大ヒットした作品の日本初のリメーク版「24 JAPAN」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)が10月9日(金)スタート。実はオリジナル版の大ファンだったという唐沢が、今作でジャックに相当する獅堂現馬を演じる。

「24」の大ファンだった唐沢

「オリジナル版の魅力は、何と言ってもストーリーだと思います。物語に引き込まれて夜も眠れなくなり、何十回も見ているのにまた見たくなる。僕はいまだにそうです。スマホの着信音もCTUの電話の着信音にしていたくらいですから。このオファーが来たとき、バレたらイヤだなと思い、一時期変えましたけど(笑)」

日本版はオリジナル版のシーズン1をベースに、日本初の女性総理誕生の期待が高まる総選挙当日の24時間の出来事を、1話1時間全24話で克明に描写していく。

「本当に1時間の話なのか? と思うぐらい内容が詰まっているので、そこは気にせずやろうと思っています。それより日本は銃社会ではないですから、そういった不自然さを感じさせないように作ることが大切。見ている人がフィクションの中に自然と入っていける作品にしないといけないと思います」

普通の人が巻き込まれていくさまを演じたい

唐沢寿明「ジャック・バウアーの魅力は家族を愛しているところ」
撮影=富田一也

演じる獅堂現馬は、厳格な捜査官であると同時に、妻の六花(木村多江)と一人娘の美有(桜田ひより)を大切にする父親でもある。

「彼の魅力は、人として家族を愛しているところだと思います。ジャック・バウアーのことをコワモテの暴れん坊と捉えている人が多いですけど、オリジナルを見る限り、普通の人だと思うんです。しかし、非常事態に巻き込まれることで、規則や規定を破らなきゃいけないという状況に追い込まれていく。ですから、僕は普通の人が巻き込まれていくさまを演じたいと思っています」

獅堂と共に捜査に当たるCTUのメンバーには、栗山千明や池内博之、村上弘明、佐野史郎など、オリジナル版とマッチした俳優陣が集結。「誰もがハマっている」と唐沢も太鼓判を押すが、中でもイチ押しは…。

「CTUの中で一番目を引くキャラクターは、池内くんだと思います。彼が演じるのは原作のトニー・アルメイダに相当する役なのですが、彼はかなりハマっていると思います。陰湿な感じとかね(笑)」

今作は、獅堂を中心とした捜査パート、仲間由紀恵演じる総理大臣候補パート、そして誘拐される獅堂の家族パートに分かれ、3つの局面が目まぐるしく描かれていく。

「よくすぐに次が見たくなると言いますが、それが連続ドラマの醍醐味(だいごみ)。オリジナル版を見たことのない若い世代の方にもぜひ見ていただいて、連続ドラマは面白いなと思っていただけたらうれしいですね」(ザテレビジョン・取材・文=及川静)

元記事で読む