1. トップ
  2. 恋愛
  3. レクサス主宰の国際デザインコンペ入賞作品が青山で展示 - 動物の視野を疑似体験できるマスクなど

レクサス主宰の国際デザインコンペ入賞作品が青山で展示 - 動物の視野を疑似体験できるマスクなど

  • 2015.5.15
  • 718 views

レクサス(LEXUS)が主宰する国際デザインコンペティション第三回「LEXUS DESIGN AWARD2015」に入賞したプロトタイプ作品が、2015年5月14日(木)から6月3日(水)までの期間、東京・南青山の「INTERSECT BY LEXUS – TOKYO」にて展示される。

「LEXUS DESIGN AWARD2015」のテーマは、人が生まれもつ“SENSES(五感)”。視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚の五感をあらためて捉え直す事で、そこにさらなる気づきと可能性を見出すねらいだ。

世界72カ国1,171作品の応募の中から見事グランプリを獲得したのは、イタリア人のデザイナーデュオ「Caravan」。彼らは、身に着けることで様々な感覚を高め、研ぎ澄ます衣装・装飾品「Sense-Wear」を制作した。

会場には、このグランプリ作品をはじめ、動物の視野を疑似体験できる「ANIMAL MASKS」、押す力や角度によって書体が変化する「INSTAMP」、自然の天候に応じて変化する繊細な照明「LUZ」などの入賞作品や、「ミラノデザインウィーク2015」で自動車メーカー初の公式アワードを受賞したインスタレーション「LEXUS - A JOURNEY OF THE SENSES」の一部などが展示される。

自身の五感をフルに使って、ユニークな展示作品の数々を体験してみてはいかがだろう。

■「LEXUS DESIGN AWARD」について
豊かな社会をつくり上げるデザインづくりのため、2013年に創設、今回で第三回を迎える。世界を代表する審査員による審査後、クリエイターによるメンターセッションを通じてプロトタイプを制作するというユニークな取り組みを実施。世界に挑戦する若手デザイナーを支援している。

【開催概要】
日程:2015年5月14日(木)〜6月3日(水)
会場:INTERSECT BY LEXUS - TOKYO
住所:東京都港区南青山4-21-26