1. トップ
  2. 恋愛
  3. う~ん、現実的!「結婚に対する不安」ランキング1位はなんとアレ!

う~ん、現実的!「結婚に対する不安」ランキング1位はなんとアレ!

  • 2015.5.15
  • 23139 views

「愛するパートナーと結婚をしてかわいい子どもたちに囲まれて幸せな家庭を築きたい♪ そんな甘い夢を抱いてした結婚なのに、いつの間にかそんな思いはどこへやら……」という話をよく聞きますが、実際はどうなの?

全国の既婚男女に調査した結果、7割以上の男女がなにかしらの不満を抱えていることが判明。さらに2割近くは「結婚は人生の墓場」と思っていることもわかったのです。

これから結婚を考えている人にとっては知りたくない事実!? でも一方で半数近くは「なんだかんだ言っても結婚してよかった」と感じ、幸せな生活を送っているみたい。つまり過度な期待をせずに結婚をするのが幸せをつかむコツなのかも!?

では早速、既婚者のリアルな結婚のホンネを見てみましょう!!

株式会社マーシュが全国に住む女性16歳以上、男性18歳以上の既婚男女(どちらも初婚)を対象にアンケートを実施(サンプル数=400)したところ、結婚前に「結婚することに対して不安があった」という人は、男性が64.5%、女性が85.0%と判明。特に女性は新婚生活を夢見る結婚前でさえ9割近い人がなにかしらの不安を抱いていることがわかりました。

 

◆結婚に対する不安ランキング◆

<男性>

1位 不安はなかった35.5%

2位 時間の制約(自由な時間が減る) 22.0%

3位 自分の収入21.0%

4位 お金の制約(自由なお金が減る) 19.0%

5位 価値観18.0%

※6位以降は「貯金・資産」「親戚づきあい」「ともに生活すること」など。

<女性>

1位 親戚づきあい42.5%

2位 貯金・資金31.0%

3位 家事28.5%

4位 ともに生活すること 28.0%

5位 相手の収入25.5%

※6位以降「価値観」「相手の性格」「自分の仕事」「お金の制約」など。

 

ランキングを見てみると、やはり女性の方が圧倒的に悩みが多く、人間関係、経済面、生活面など生活をしていくうえでの将来への不安項目がたくさんあることがわかりました。

一方男性は、結婚後の生活への不安よりも、いままでの生活が崩れることへの不安が多いことが判明。結婚生活を楽観的に考えている人が多いことがわかります。

そのせいもあってか、マリッジブルーの経験者は男性が9.5%だったのに対し、女性は28.5%と3倍近い結果に。結婚前であっても女性はとても現実的なんですね。

ここまで見てくると、結婚生活に憧れを抱けなくなってしまいそうですが、実は不安や不満があってもやっぱり結婚してよかったと感じている人は多いという事実も。結婚してよかったことランキングを見てみると、男女ともに「一生を共に過ごすパートナーができた」が1位に。女性は特に「子どもができた」ことへのよろこびも大きいようです。

 

◆結婚してよかったことランキング◆

<男性>

1位 一生を共に過ごすパートナーができた58.5%

2位 家に帰って誰かがいる/帰ってくる人がいる 53.0%

3位 子どもができた45.5%

4位 両親を安心させることができた35.0%

5位 自立できた19.0%

<女性>

1位 一生を共に過ごすパートナーができた70.5%

2位 子どもができた57.0%

3位 両親を安心させることができた54.5%

4位 家に帰って誰かがいる/帰ってくる人がいる 49.0%

5位 結婚の焦りがなくなった40.5%

 

自由気ままな独身生活を満喫していても、大好きなパートナーがいても、毎日生活をしていればなにかしら不安や不満は出てくるもの。そう考えると、その不安や不満を共有できる相手がいるだけでも、結婚生活はいいものなのかもしれませんね。

というわけで、結論。なんだかんだ言っても「結婚はいいものだ!」(希望をこめて!)(いしかわちえ)

情報提供元:株式会社マーシュ