1. トップ
  2. レシピ
  3. 【ハロウィンアイシングクッキーのレシピ】簡単な作り方&デコレーションアイデア

【ハロウィンアイシングクッキーのレシピ】簡単な作り方&デコレーションアイデア

  • 2020.10.8
  • 1190 views

もうすぐハロウィン!ハロウィンクッキーの作り方を紹介します。アイシングをしようとするとコストがかかるのですが、今回は100均のアイテムを活用してリーズナブルに、沢山の種類のハロウィンクッキーをつくりました。わが子もとても喜んでくれました。手軽にできるので、ぜひ作ってみてください。

もうすぐハロウィン!今回はハロウィンパーティーの飾りにしてもおすすめな、アイシングクッキーの作り方を紹介します。
アイシングクッキーはやってみたいけれど、デコレーションとか難しそうという人にもおすすめです。道具は全部100均で揃えられる簡単レシピです。
100円ちょっとで数種類のアイシングクッキーを作ることができます。アイシングはやり始めると意外にハマちゃう方も多いので、おうち時間にぜひ試してみてください!

材料(30個分)

クッキーの材料

薄力粉                     110グラム
砂糖                     30グラム
塩                     少々
卵   17グラム
バター     50グラム


アイシングの材料


粉糖(100均) 80グラム
粉末食用色素(100均) 赤、青、黄
アラザン(100均)    1袋
ジュエリーシュガー(100均) 1袋
レモン汁なければ水でもOK   適量

ハロウィンアイシングクッキーの作り方(30分程度)

クッキーの作り方

室温に戻したバターを泡だて器でまぜ、砂糖(三温糖)を入れます。

しっかりまぜたら、解きほぐした卵を2、3回に分けて入れ泡だて器でませます。

しっかりまぜたら薄力粉をふるい入れます。

へらで切るようにまぜます。このとき生地をこねないように注意します。

薄力粉がしっかり馴染んだら、生地をラップに包むかポリ袋に入れて冷蔵庫で2~3時間寝かせます。

生地を2時間寝かせた状態です。

次にクッキー型を使って、生地に型を抜いていきます。今回は100均セリアのハロウィンクッキー型を使用しました。クッキー生地が付かないように打ち粉をふるい、クッキー生地を5ミリ程の厚さに伸ばして型抜きをします。

オーブンをあらかじめ180℃で予熱させ、10分程焼けばクッキーの完成です。

アイシングの作り方とデコレーション(15分)

粉糖1袋をふるい入れます。卵白を入れて泡だて器でよく混ぜます。

粉糖と卵白が馴染んできたら、アイシングの完成です。粉末食用色素で使用する色を作っていきます。

使いたい粉末食用色素を皿にだし、水を加えて色素を溶かしアイシングを作っていきます。今回は、赤、青、黄3色溶かしていきます。

アイシングを丁度良い硬さになるように調節します。硬くなってしまった場合は水を1、2滴加え、調整して下さい。スプーンですくうとゆっくり垂れるくらいの硬さにすると、きれいにデコレーションできます。

かぼちゃ型のクッキーは、カボチャ本体とヘタの部分で色を変えてアイシングをのせます。顔と口をかいて完成です。

おばけ型のクッキーは白いアイシングを全体にのせ、下全体にジュエリーシュガーをのせます。こちらも顔を書いて完成です。

コウモリ型のクッキーは、青と赤のアイシングを混ぜてつくった暗めの紫でアイシングをのせていきます。コウモリの目として、アラザンをのせ完成です。

帽子型クッキーにも紫のアイシングをのせ、アラザンで帽子のラインをデコレーションして完成です。

アイシングが乾燥したら、アイシングクッキーの完成です。
お友達へのプレゼントとして、配る用に袋詰めにしてみました。シンプルな袋でも十分ハロウィンのかわいい雰囲気が伝わってくるので、満足されること間違いありません!

アイシングクッキーを作るポイント

粉末食用色素の色味を調節する

今回は粉末食用色素を使ってデコレーションしていきます。粉末タイプの色素は水に溶かしてから使用します。絵の具を使うときのように、色素の粉をお皿に出して丁度良い濃さに薄めてからアイシングと混ぜていきます。色を混ぜで新しい色を作るときも、お皿で色味を確認し手丁度良い濃さで使用すると色味を調節することができます。

箸を使って細かい部分をデコレーション

クッキーの周りの細かい部分や、お化けの顔などはお箸を使用して作業します。
例として星形のクッキーにきれいにアイシングをのせるには、中心から外側に向かって矢印のようにお箸を動かすときれいにのせることができます。
同じように、おばけの顔も箸の先にアイシングをのせて絵具で筆を滑らすようにすると、うまく顔を描くことができます。

元記事で読む