1. トップ
  2. インテリア
  3. かけがえのない時間を過ごしたい方に♡心地よいインテリアのつくりかた

かけがえのない時間を過ごしたい方に♡心地よいインテリアのつくりかた

  • 2020.10.8
  • 27467 views

心地よいインテリアを作って、おうち時間を満喫しませんか?

日々の暮らしの基盤となるおうちは、いるだけでリラックスできるように整えておきたいものですよね。そこで今回は、心地よいインテリアづくりのヒントをご紹介します。

おしゃれな暮らしを楽しむインスタグラマーさんたちの実例とともにお届けしますので、ぜひチェックしてみて下さい。

暮らしを素敵にする心地よいインテリアづくりのヒント

さりげなくグリーンを飾る

みずみずしいグリーンは、それだけでお部屋の雰囲気を良くしてくれるもの。自由な形に伸びていくその姿に、元気をもらえることもありますよね。

観葉植物などを飾ったり、実例のように枝ものを飾ったりとお好みでディスプレイしてみて下さい。

グリーンはフェイクでも◎

グリーンを飾りたいけれど、日当たりやお手入れの手間が気になる……という方におすすめなのはフェイクグリーン。

こちらのインスタグラマーさんは、「いなざうるす屋」さんの「のっぽ柱サボテン」というフェイクグリーンを活用しています。

華やかなコーナーでときめくお部屋にする

お部屋に1カ所は、華やかで綺麗なコーナーを作っておきたいもの。そこに立つたび、きっと心もウキウキするでしょう。

こちらの実例では、綺麗なお花でミラーをデコレーション。鏡に顔を写すたび、自然と笑顔になれそうです。

家電にはカバーを掛ける

どこか無機質な印象を与えるうえ、ホコリも気になる家電にはカバーを掛けるのがおすすめです。

インテリアになじむ色やデザインのカバーなら、よりスッキリとしますよ。

1番心地よいところに「特等席」を作る

おうちの中で、1番居心地の良い場所はどこにありますか?心地よい場所にはお気に入りの椅子を置いて、ぜひくつろぎ場として使ってみてください。

移動しやすいクッションやラグでコーナー作りをするのもおすすめです。

あちこちに椅子を準備しておく

家事や育児の合間にちょっと腰掛けられる椅子は、あちこちに準備しておきたいもの。

こまめな休憩ができれば、暮らしへのモチベーションも上がっていくでしょう。バッグや小物類の一時置き場としても使えて一石二鳥です。

薄手のファブリックで軽やかにまとめる

カーテンやベッドリネンは、なるべく薄手のものを選ぶとインテリアが軽やかにまとまります。お洗濯をしてもすぐに乾くので、お手入れをしやすいのもポイントです。

明るいカラーのものなら、より開放感のある落ち着いたインテリアになります。

収納アイテムは見た目にもこだわる

ついつい価格や取扱いやすさだけを優先してそろえてしまう収納グッズですが、見た目にもこだわると暮らしの満足度が高くなります。

おしゃれな収納グッズだとお片付けのモチベーションも上がるので、お部屋も自然と綺麗になりますよ。

収納スペースにはゆとりを持つ

アレコレ詰め込みたくなってしまう収納スペースですが、出し入れがしづらい上、モノが増えたときにははみ出てしまいがちですよね。

こちらの実例のようにゆとりのある収納を心がければ、気持ちにも余裕が生まれるかもしれません。

水回りは清潔感を重視する

汚れがたまりやすい水回りは、清潔感を重視したコーディネートが肝心です。

あえて汚れが目立つホワイトカラーをメインに使うほか、ディスプレイも控えめにすると掃除の習慣もつきそうですね。

子どもにとっても心地よいインテリアを作る

心地よいインテリアを作るなら、リビングなどの共用部分だけではなくキッズルームにもこだわりたいものです。

実例のように天蓋で覆ったコーナーを作れば、秘密基地感覚で居心地良く過ごしてくれそうです。

掃除道具はすぐに手に取れるようにする

心地よいお部屋に欠かせない掃除ですが、面倒になってしまうこともありますよね。

そんなときは「ちょい掃除」ができる掃除道具を出しっ放しにしておくと、気づいたときにササッと綺麗にできます。

見た目のよいものならインテリアのポイントにもなってくれそうですね。

好きなものはとことん飾る

見るたび元気がもらえそうなものや、手に取るたび幸せ気分を感じられるものはディスプレイに活用するのがおすすめ。

小さなスペースでも良いので「自分だけの場所」を確保して飾ってみると、暮らしがもっと楽しくなりそうです。

ナチュラルなものを大切にする

木で作られたナチュラルなデザインの日用品は、見ているだけでほっこりとするもの。

実例のようなオープン収納でも、サマになります。物を買うときは、自然の色味や形を活かした物を選ぶのがおすすめです。

実用的な場所ほど好みに整える

洗濯物を干す場所など、実用的な場所にこそこだわると暮らしはぐんと心地よくなります。こちらの実例では、ウッドデッキをDIY。

木のぬくもりたっぷりのデッキがあれば、洗濯物を干すのも楽しくなりそうですね。

心地よいお部屋を作ろう♡

心地よいお部屋を作ることができるヒントをご紹介しました!いるだけで心が安らぐお部屋を作れば、何気ない日常はもっと素敵なものになるはず。暮らしを楽しみたいというときには、ぜひインテリアにも目を向けてみて下さい♪

元記事で読む