1. トップ
  2. 曽田陵介らが「キュンです」!! 緊張MAX審査とのギャップが楽しいメディア独占オフショット<オレイス日記#3日目>

曽田陵介らが「キュンです」!! 緊張MAX審査とのギャップが楽しいメディア独占オフショット<オレイス日記#3日目>

  • 2020.10.7
  • 291 views
休憩中:さわやかな笑顔の(左から)谷津、清水田
(C)AbemaTV,Inc.

【写真を見る】相馬(左)と曽田のイケメンコンビによる「キュンです!」

19人の若手俳優が主役の座を懸けた戦いを繰り広げる合宿形式のオーディションバトル「主役の椅子はオレの椅子」(毎週水曜夜10:00-、ABEMA SPECIAL)。今回はすっかり打ち解けた合宿3日目の様子を、メンバーが毎晩綴っている日記の内容とメディア独占オフショット満載でお届け!

自主練風景:しっかり自分自身を追い込んで本番へ!

自主練風景:最年少チームの中三川(奥)、ライブ経験もある最年長・久保もそれぞれ真剣に練習
(C)AbemaTV,Inc.

3日目は、限界までロングトーンで「あ・え・い・う・え・お・あ・お」と声を出す“発声審査”と、課題曲・自由曲からなる“歌唱審査”が行われた。

特に歌は、得意な者と苦手な者に分かれがちな審査項目。中にはライブ活動をしている候補生も…。日記にも「歌に関して自信はあるほうだ。僕は歌が大好きだ」(谷津翼)といった前向きな言葉から「歌の審査。苦手意識がとてもあった」(志茂星哉)といった声まで、率直なコメントが並んだ。

自主練風景:歌には苦手意識があるという志茂。小林玲雄と意見交換しながら真剣な表情で練習に打ち込んだ
(C)AbemaTV,Inc.

「香水」(瑛人)を課題曲に、特別講師・カサノボー晃先生から指導を受けた後はそれぞれ自主練の時間。始まるまでは「自信ない」(曽田陵介)、「怖いなぁ」(河島樹来)と怖気づいていた面々もしっかり自分を追い込み、徹底的に歌唱スキルをブラッシュアップして本番に臨んだ。自主練に打ち込む真剣な表情は、青春そのもの!

休憩中:厳しい審査、でも合間にはちらほら笑顔も

休憩中:笑顔を見せる(左から)森田、中塚
(C)AbemaTV,Inc.

合宿も3日目に入り、すっかり打ち解けたメンバーたち。厳しいオーディションが続くが、状況に慣れて心にも余裕が生まれてきたのか、合間には笑顔やピースサインが見られるようになってきた。

2日目までの総合順位が最下位の三浦海里・飛葉大樹も、カメラが向けられると明るい表情に。

休憩中:2日目、体力審査で悔しい思いをした飛葉だが、3日目は切り替えて笑顔でスタート!
(C)AbemaTV,Inc.

飛葉は、兄のように慕う西原健太と談笑。最年少コンビでルームメイトでもある清水田龍&中三川歳輝はオーディションの休憩中も隣同士で座り、なにやら楽しそうにおしゃべりを楽しんでいた。

休憩中:ルームメイトで最年少バディの清水田と中三川は休憩中も一緒
(C)AbemaTV,Inc.
オフの顔:曽田(左)&清水田の「キュンです!」
(C)AbemaTV,Inc.

オフの顔:合宿所では思い思いにリフレッシュ

オーディションが行われる廃校と合宿所の間は少し距離があり、メンバーたちは朝夕バスで移動する。その距離が切り替えの役にも立っている様子。開放的なテラスや広い庭のある合宿所では、候補生たちの笑顔が弾けた。

相馬理は夕方、河島と2人で仲良く写真を撮り合い。歌唱審査でトップ3に入る成績を収めた園村将司は、ほっとした表情をカメラに向けた。

オフの顔:3日目の課題をすべて終え、ほっとした表情の園村
(C)AbemaTV,Inc.

夕食の時間は、人差し指と親指を交差させ“指ハート”を作ってカメラ目線を決める「キュンです!」が大はやり。SNSをきっかけに今夏流行した「キュンです」ポーズで写真を撮り合い、楽しんだ。

【写真を見る】相馬(左)と曽田のイケメンコンビによる「キュンです!」
(C)AbemaTV,Inc.

夕食後は一日を振り返って反省するのが候補生たちの日課。それぞれのコテージに戻り、振り返り動画を撮影したり日記を書いたりするのだが、最年長でひとりだけ1人部屋の久保雅樹は、夜な夜なほかのお部屋を訪問中。

この日は高橋祐理&松井遥己のお部屋へ。突然現れた久保を高橋&松井は「キュンです!」と迎え、「遊びに来てくれてありがとう」と歓待した。そんな2人の歓迎ぶりに久保も「俺、嬉しいわ」とニコニコ。

「着々と終わりが近づくとともに焦りが強くなってきました」と打ち明ける高橋に、久保が「そうなのよ。1日1日の濃さが違うよね」、松井も「こんなに濃い一週間を過ごすのは初めてかもしれない」と、疲れもにじませた3人。最後は久保が「まぁ、また明日から頑張っていきましょう!キュンです!」と元気よくお部屋訪問を締めくくった。

オフの顔:最年長・久保の“お部屋訪問”。高橋&松井は歓迎!
(C)AbemaTV,Inc.

「主役の椅子はオレの椅子」は、オリジナルドラマやバラエティ作品を手掛けるABEMAと、「テニスの王子様」をはじめ2.5次元ミュージカルを手がけるネルケプランニングが初めてタッグを組んで取り組む俳優育成オーディションバトル。

「ABEMAビデオ」で配信中の「エピソード3 最初の脱落者。涙、残酷な選択」で3日目の模様を見ることができる。

※高橋祐理の「高」は「はしご高」、「祐」は旧字が正式

「主役の椅子はオレの椅子」
(C)AbemaTV,Inc.

(ザテレビジョン)

元記事で読む