1. トップ
  2. 赤楚衛二×町田啓太、オフでもイチャイチャ目撃され「付き合ってる?」

赤楚衛二×町田啓太、オフでもイチャイチャ目撃され「付き合ってる?」

  • 2020.10.7
  • 1090 views
ドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」のオンライン会見が行われた
(C)豊⽥悠/SQUARE ENIX・「30 歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」製作委員会

赤楚衛二、町田啓太(劇団EXILE)、浅香航大、ゆうたろうが、10月7日に行われたドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(10月8日[木]スタート、毎週木曜深夜1:00-1:30ほか、テレビ東京系ほか)のオンライン会見に出席した。

【写真を見る】赤楚衛二、ご飯粒を付けたまま現場へ…天然エピソードを暴露される

同ドラマは、豊田悠の同名漫画が原作。赤楚演じる、童貞のまま30歳を迎えた会社員・安達が、「触れた人の心が読める魔法」を手に入れたことから巻き起こるラブコメディー。密かに安達に恋する、イケメンで仕事もできる同期・黒沢を町田が、安達の親友で恋愛小説家の柘植を浅香、柘植が思いを寄せる宅配業者の湊にゆうたろうが扮する。

連続ドラマ単独初主演となる赤楚は、ドラマの設定に「びっくりした」と言い、「人生で初めて壁ドンされたんです。なかなか経験できないことが、このドラマでできています。男性に壁ドンされるって、こんなに圧があって、こわいとドキッという気持ちが交じって、こんな感覚なんだって思いました」と明かした。

そして、「笑ったりキュンキュンしたり切なかったりして、見終わった後にあたたかい気持ちになれます。人を思う気持ち、つながる喜びなどを楽しんでいただきたい」と見どころをアピール。

町田は、「すごくあたたかい作品で、その中にコミカルなシーンがあったり、心を打つようなすてきなシーンもあり、登場人物も魅力的」と説明した。

赤楚は、パーフェクトイケメン役の町田を“はまり役”と絶賛。「役のイメージのまま。町田さんは、本当に欠点がなくて、完璧でチャーミングでおもしろい。逆になにができないんだろうっていうくらい。最初は、近寄りがたい人なのかなと思っていたんですけど」と話していると、「事務所がやんちゃそうなイメージがあるでしょ?」と町田。「いや(笑)そういうことではなく…」と赤楚は慌てた様子を見せていた。

そんな困惑する赤楚を、優しい目で見ていた町田は、「赤楚くんはかわいらしさ満載」とべた褒め。「役にぴったりで、ツッコミたくなる。ご飯粒つけたまま現場来て、恥ずかしがっていたり、手を触るシーンで『手冷たいね』って言ったら、顔を赤くしてスタッフさんにカイロをもらいに行ったり」と暴露。

赤楚は「監督にも『わざと?』って聞かれました(笑)。『寝ぐせですか?ついちゃうんです』って言ったら、ご飯粒のことでした」と照れ笑いを浮かべていた。

「町田さんはかっこよくない日がない」「赤楚くんはかわいいシーンいっぱい。走り方までかわいい」と褒め合うラブラブっぷりに、浅香とゆうたろうから「現場でもオンオフ関係なく、ずっとイチャイチャしてる」「付き合ってる?」とツッコまれる二人だった。(ザテレビジョン)

元記事で読む