1. トップ
  2. ファッション
  3. 「白黒デニム」だからできる3つの気分転換スタイリングとは?

「白黒デニム」だからできる3つの気分転換スタイリングとは?

  • 2020.10.7
  • 654 views
undefined

デニムと黒白。まとめやすさに頼るのが、自分の好みに沿う気分転換への近道。その相乗効果を味方に「ただふつう」から変わるために、変えるべきアイテムを組み合わせからリストアップ。デニムと白黒。両方の幅を出すアイディアとともに。

スタイリング画像一覧はこちら

+ CONVERSION
「白黒デニムに向く3つの気分転換」
デニム「だから」試したい柄。特徴のある装飾と形「でも」組み合わせることでそれもいい、へ導くデニムの力。色をそぎ落としたモノトーンだからこそ、そんな気分転換もひかえめに映える。

CASE-A
RETRO PRINTED
「なつかしい黒ベースのひかえめ柄」
柄は膨張色の白よりも、黒をベースに細かな白が効いたパターンで悪目立ちを回避。デニムにふさわしいレトロな柄も、レディなムードで品よく仕上げるのが気分。


黒ワントーンに奥行きと品が漂うヴィンテージな柄シャツのリンク
デニムパンツ 23,000円+税/カレンソロジー (カレンソロジー 新宿) ドットパジャマシャツ 59,000円+税/J&M DAVIDSON(J&M DAVIDSON 青山店) ハンチング 7,900円+税/REBECCA(ジャーナル スタンダード 表参道) 眼鏡 19,000円+税/A.D.S.R.(4K) スタッズローファー 56,000円+税/TOGA PULLA(ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店)

CASE-B
DECORATION
「かわいい装飾」・「形で変化」の試しどき
定番の黒スキニーと、生成りがかったストレートの白デニム。それぞれ先のシーズンも見越した使いやすいデニムに組み合わせて「ほどよさ」をつくる、甘さと形を含んだトップスを選抜。

BLACK
is a versatile skinny denim



「品よくハンサム」をかなえるとろみ感とシャープな腕見せ
黒デニムパンツ 13,800円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) ノースリーブトップス 9,800円+税/メゾンスペシャル 黒ミニショルダーバッグ 19,000円+税/MARROW(4K) パンプス 10,900円/Mila Owen(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店) ゆとりある形にやさしい質感をまとわせたノースリーブは、腕を細く見せる広めのアームホール&肩がかかるくらいの長さがベスト。ヒップが隠れるくらいの丈感でフロントのみをタックインすれば、脚長と気になる部分もカバーできて一石二鳥。



ウエストのしぼり1つで白シャツ+デニムに特別感を
黒デニムパンツ 25,000円+税/RE DONE(LE PHIL NEWoMan 新宿店) 白コルセットトップス 33,000円+税/ELIN(クルーズ) 黒スクエアショルダーバッグ 48,000円+税/_Fot(ハルミ ショールーム) スライドローファー 16,000円+税/TODAYFUL(LIFEs 代官山店) 長め丈の白シャツにフロントボタン&ウエストしぼりという、デザインと形の二方向でクラシカルに仕立てたトップス。ウエストをしぼることでややフレアになったすそも、ほっそりとした黒スキニーと好バランス。

WHITE
is a color and a thin silhouette



甘いデザイン+形のセットは短め丈で重さを軽減
白デニムパンツ 24,000円+税/クラネ(クラネデザイン) 黒フリルブラウス 32,000円+税/Sea New York(ブランドニュース) リングハンドルバッグ 50,000円+税/メリー ムー(イエナ ラ ブークル) パンプス 14,500円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) ブラウスはフリルやタック、ボリュームスリーブなど一部分ではなく、いくつかの甘さを組み合わせたものが旬。そのぶん全体をスッキリと見せるべく丈は短めなものを選択するのがベスト。モノトーンを軽快に見せる肌感を、甲浅のパンプスで足元に置いたのもトップスの装飾をいい意味で目立たせない策。



後ろ姿もさまになるデニム。後ろに特徴あるトップスで相乗効果
白デニムパンツ 25,000円+税/ヤング&オルセン フォー アダム エ ロペ(アダム エ ロペ) 黒ハイネックトップス 21,000円+税/ベースレンジ(ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店) ショルダーバッグ 37,000円+税/VASIC(ヴァジックジャパン) ショートブーツ 33,000円+税/MARISA REY(テトラ) 付属のひもでウエストのしぼりぐあいを調整できる、薄手の長そでニットはちょっと寒いときにも重宝。バックデザインも肌見せから一転、肌を隠して印象づける、カシュクール風でデニム姿をエレガントにムードチェンジ。

元記事で読む