1. トップ
  2. レシピ
  3. ハロウィンスイートポテトのレシピ!かぼちゃ型に簡単アレンジ

ハロウィンスイートポテトのレシピ!かぼちゃ型に簡単アレンジ

  • 2020.10.6
  • 2660 views

ハロウィンにぴったりのジャック・オー・ランタン型スイートポテトの作り方をご紹介します。さつまいもをレンジで加熱して時間を短縮し、生クリームや砂糖の代わりにアイスを加えるなど、簡単に美味しいスイートポテトを作ることができます。 お子さんと一緒にチョコペンで、目や口を楽しくデコレーションもできちゃいます!おうちハロウィンパーティーにぴったりのスイーツです。

材料 (直径約5センチのもの8個分)

①さつまいも 大きめのもの1本
両端を切り落とし、厚めに皮を剥いて正味300グラムでした。

②かぼちゃの種 8粒
飾りに使います。

③卵黄 1個
つや出し用に1/2個使います。残りの1/2はスイートポテトに混ぜて余らせることなく使います。

④無塩バター 20グラム
有塩バターでもOKです。

⑤アイスクリーム 90グラム
小さいカップアイス1個です。普通サイズでしたら1/2個使います。

⑥チョコレートペン(黒)
かぼちゃに顔を書くのに使います。

⑦塩 2つまみ
有塩バターを使う場合は不要です。

作り方

1. さつまいもをカットし皮をむいて、水にさらす。

まず、さつまいもは繊維の多い両端を切り落としてから、1.5センチ幅にカットします。

色よく仕上げたいので厚めに皮をむき、直径が大きかったので半分にカットしました。
そして5分ほど水にさらします。

2. 電子レンジで加熱する

ざるにあけて、ざっと水気を切ります。

さつまいもについた水分はふき取らずそのままにして、耐熱ボールに入れます。
ふんわりとラップをかけて600Wの電子レンジで、様子を見ながらさつまいもが柔らかくなるまで5分ほど加熱をします。

3. さつまいもをマッシュする

熱いうちに、マッシャーやすりこぎでさつまいも潰していきます。

4. 他の材料を混ぜる

マッシュしたさつまいもにバター、卵黄、アイスクリームを加え混ぜます。アイスクリームは一度に全量を加えるのではなく、固さをみながら加えていくと失敗しません。

おだんご状に丸められる固さになったら、塩を加えて味を整えます。
(有塩バターを使用している場合は塩は不要です。)
味をみて、もう少し甘さが欲しかったら砂糖を加えるなどしてください。大人の方向けに、ここでラム酒を加えて風味付けをするのもおススメです!

5. かぼちゃの形に成形する

8等分して丸く成形します。
 

テーブルナイフの柄の部分を使って、かぼちゃのフォルムになるように筋をつけます。
爪楊枝や竹串なども使ってみましたが、テーブルナイフが使いやすかったです。

筋をつけたら、てっぺんの部分を指で押して軽くへこませます。

6. つや出しの卵を塗ってオーブンで焼く

クッキングシートを敷いた天板に、スイートポテトを乗せます。
1/2個の卵黄は、塗りやすいように小さじ1/2の水でのばして、刷毛でスイートポテトに塗ります。

ヘタに見立てたかぼちゃの種をてっぺんに差し込みます。
180℃に予熱しておいたオーブンで、薄く焼き色がつくまで10分ほど焼きます。

7. チョコペンで顔を描く

スイートポテトが焼きあがったら、冷ましている間に、チョコペンで顔のパーツを作ります。クッキングシートの上にチョコペンで、かぼちゃの鼻と目用に三角を描いて、冷やして固めます。

チョコが固まったらナイフでカットし、三角の形を整えます。
チョコペンを糊代わりにして、かぼちゃ型のスイートポテトに目と鼻をつけます。続いて口をチョコペンで描き、完成です!

作るポイント

かぼちゃのフォルムを作るには、スイートポテト生地の固さが重要なポイントとなります!さつまいもによって水分量が異なりますので、サツマイモを電子レンジで加熱をし、マッシュしたらアイスクリームは一度に加えるのではなく、固さをみながら少しずつ加えましょう!お団子状に丸められる固さに仕上げます。

完成!

ジャック・オー・ランタン型のハロウィンスイートポテトの作り方をご紹介しましたがいかがでしたか?材料にアイスクリームを加えることで、スイートポテトがより簡単に味わい深くなります。火を使わず、混ぜたり、形を作ったりとお子さんもお手伝いができますので、親子で一緒に作っても楽しいですね。かぼちゃ型スイートポテトで、おうちハロウィンパーティーを楽しんでください。

元記事で読む