1. トップ
  2. 恋愛
  3. 無駄モテをなくしたい!タイプじゃない人から好かれてしまう4つの理由

無駄モテをなくしたい!タイプじゃない人から好かれてしまう4つの理由

  • 2020.10.6
  • 2891 views

モテるのは嬉しいことでもある反面、タイプじゃない人からも言い寄られてしまうというデメリットもあります。今回はそうした無駄モテを起こして、タイプじゃない人から好かれてしまう4つの理由について説明していきます。

どんな人にも良い顔をしてしまう

どんな人が相手でも、いい顔が出来る人は異性同性関わらず多くの人にモテますが、その反面、変な人にも等しく好かれてしまいます。

特に問題となるのが、普段なら人に避けられるタイプの人にも接してしまうことです。モテない人は自分に珍しく平等に接してくれる人に対して、特別な感情を抱きやすく、しつこくアプローチしてくる事も多いです。

どんな人が相手でも良い顔が出来るのは、人間関係を円滑にしやすいので良い事ですが、モテたくない相手にモテてしまうデメリットとのトレードオフにもなってしまうため、注意が必要になるでしょう。

頼まれると断れない

頼まれごとを断れない性格の人は、無駄モテしやすいと言われています。

これは「頼み事をいつも受け入れてくれるのは、もしかして自分のことが好きだからなのでは?」と考えてしまう男性がいるからです。

当然ながら、人として優しくする事や頼み事をきくことと、恋愛感情はイコールとは限りませんので、もしよく頼み事を聞いてあげている人が馴れ馴れしくしてきた時は、きっぱり本心を伝えておくことが重要です。

普段あまり化粧っ気がない

普段から恋愛にさほど積極的ではなく、お化粧も最小限にとどめているという人ほど実は無駄モテしやすい事実があります。

これは男性にとって、バッチリメイクをしている人は「相応のおしゃれをしないと近寄れない」と感じるためで、相対的にあまり化粧っ気がない人は、心理的にも気楽に近づくことができるからです。

人は接触機会が多い人に好意を懐きやすい傾向があり、化粧っ気がない人に気軽に何度も接触している内に、好きになってしまう事があるようです。

今恋愛をしたい気分ではない

タイプじゃない人から好かれて困るという以前に、もしかして今あなたは恋愛をしたいと思っていないのではないでしょうか?

恋愛をする気分でないのなら、いくら自分のタイプに近い人が現れても「この人は違う」と感じてしまうのは、当然のことです。

この場合は、どんな人にモテても意味がないため、今は恋愛をしたくないというオーラを出す必要があるでしょう。

原因から対策を考えて無駄モテを減らそう

無駄モテしてしまうと、好きでもない人から言い寄られる事でストレスも溜まりますし、断る時に罪悪感もあって、精神衛生上よろしくありません。

男性にはなるべく無駄モテしないように注意を払った接し方で、トラブルを回避できるようにしていきましょう。

元記事で読む