1. トップ
  2. ダイエット
  3. あなたのお腹はポッコリ? プヨプヨ? タイプ別のお腹痩せポイント

あなたのお腹はポッコリ? プヨプヨ? タイプ別のお腹痩せポイント

  • 2015.5.15
  • 32911 views

誰でも引き締まってキレイな筋の通ったお腹に憧れますよね。しかし現実は、エクササイズや食事の管理ができていなければ、お腹を引き締めるのは難しいのが現状。また、たとえダイエットを頑張ってもポッコリお腹が解消されなかったり、いつまでもプヨプヨでつまめるお肉があるとなると、ダイエットに張り合いが出てきませんよね。キレイなお腹を手に入れるために、タイプ別のお腹痩せポイントを抑えておきましょう。

女性に多いお腹の脂肪

身体が脂肪を付けるのは、身体を守るためでもあります。そのため、脂肪をすべて悪者にするのはよくありません。程よく残しておくことで、女性らしい体型を維持できます。特に女性は卵巣や子宮があるため、腹部に脂肪を溜めこみやすいのが特徴です。男性よりもプヨプヨお肉が付きやすいのも納得ですよね。

しかし、それ以外でも女性は脂肪が付きやすい原因があります。元々筋力が男性よりも少ないので、お腹に脂肪が付きやすいため、日常的に食べ過ぎなどを気を付けていないと、必要以上の余分な脂肪が付きやすくなります。いくら必要な脂肪でも、多すぎてしまえばおしゃれを楽しめなくなってしまいますよね。

お腹の脂肪の付き方には、それぞれタイプ別があるので、自分がどれに当てはまるのか確認してみましょう。

ガッツリつまめる脂肪

お腹の周りに脂肪が付いているプヨプヨタイプの人は、皮下脂肪が多すぎるのが原因です。食事で脂肪分の多いものや炭水化物などの食べ過ぎで、脂肪を溜めこみやすくなっているかも。常に一日の食べる量が多すぎて、摂取カロリーが消費カロリーよりも多い場合、皮下脂肪がついてきてしまいます。この場合は、自分の基礎代謝い合わせた食事内容を見直す必要があります。身長や体重、一日の運動消費量を比較して、食べている量が多くならないように気を付けましょう。また、皮下脂肪のような脂肪は有酸素運動などで消費しやすくなります。呼吸を整えた軽い運動を取り入れるだけでも、脂肪燃焼に効果がありますよ。

お腹の下がやけに大きい

下腹のポッコリが気になる人は、お腹の筋肉が足りていないことが原因です。この場合便秘などの症状も出やすいので、しっかりと下腹の腹筋を鍛えてあげましょう。お腹の下の方がポッコリとしてしまうのは、腸に不要物が溜まっているだけではなく、筋力が無いせいで内臓を支えられずにいるため、腸が下に押しつぶされてしまっている可能性が。下腹の筋力をアップさせることで、内臓を上に押し上げて腸にスペースを与えてあげることができます。

また、日本人は腸が長いので便秘になりやすく、腹筋力を付けてあげないといけません。さらに、腹筋が弱いままだと胃下垂になり食べ物の消化吸収が上手に行かず、余計に脂肪を溜めこみやすい状態になるので、腹筋を鍛えてあげましょう。

お腹だけ大きいのはなぜ?

痩せ型なのにお腹だけ大きく、悩んでいる人もいるのでは? このようなタイプの人も、ポッコリお腹の人と同じように腹筋力が無いからかもしれません。そのため、内臓脂肪が溜りやすく、お腹だけ大きく膨らんでしまいます。それ以外にも、腹筋力が無いせいで姿勢も悪くなり、お腹がつぶれてしまうことでどんどんお腹を大きくさせてしまいます。

脂肪を溜めこまないようにするためにも、筋力をアップさせて基礎代謝を上げ、さらに腹筋を付けて内臓脂肪をなくしていきましょう。