1. トップ
  2. ダイエット
  3. 垂れたら二度と戻らない!?ヒップが垂れるNG習慣4つ

垂れたら二度と戻らない!?ヒップが垂れるNG習慣4つ

  • 2015.5.14
  • 3862 views

キュッと上がった丸いヒップは、女性らしい魅力的なラインですよね。実は、ヒップは加齢とともに3段階のステップをひとつずつ進み、一度垂れてしまうと前のステップには戻らないそう。株式会社ワコールによると、20代の54%が弛みがない「ステップ0」の美しいお尻だけど、30代ではステップ0は27%だけで、50%がステップ1でヒップ下部がたわんだ状態になってしまっているのだとか。ヒップが垂れる原因は日常生活の「姿勢」や「ハイヒール」「お尻の肉を揺らす」などのちょっとしたNG習慣なので、少し見直すだけでヒップラインはキープできそうです。

■ヒップが垂れるNG習慣4つ

(1)背もたれに寄りかかる

欧米人に比べて元々日本人の骨盤は後傾しています。浅く座って深く背もたれに寄りかかると骨盤が更に後傾し、お尻の筋肉も更に垂れてしまいます。

(2)脚を組む、あぐらをかく

股関節が広がって骨盤が歪み、お尻のお肉のつき方が悪くなるため、ヒップが巨大化してしまいます。

(3)高いハイヒール

歩く時に太もも全面の筋肉に負荷がかかり、お尻の筋肉を使わないため垂れる原因に。

(4)ヒップを揺らす

バスト同様、お尻のお肉も揺らすと垂れてしまいます。

■ヒップラインをキープするポイント

歪んだ姿勢は骨盤の歪みに繋がり、姿勢が悪いとお尻だけでなく脂肪が変なところについてしまいます。背筋を伸ばして歩くほか、座り方にも気をつけましょう。

また、高いヒールを履くなど、膝を曲げたまま歩いていると太ももの全面しか使われず、お尻の筋肉が弛む原因に。歩く時は膝裏を伸ばすように心がけると、お尻の筋肉が使われているのを実感できますよ。

バストも揺らすと垂れますが、お尻も同様です。運動をする、脂肪がよくついている人はガードルで固定することで垂れるのを防ぎ、服を着た時もラインが綺麗に見えてお薦めです。

ヒップラインが下がると、脚も短く見えてしまい残念なことだらけです。気を抜きがちな後ろ姿も生活習慣を見直して、キレイをキープしていきましょう。

(坂本 雅代)