1. トップ
  2. グルメ
  3. 恥ずかしがらないで向き合おう、女子の性欲に関するトリビアいろいろ

恥ずかしがらないで向き合おう、女子の性欲に関するトリビアいろいろ

  • 2015.5.14
  • 1432 views

セックスについて彼とオープンに話すことに抵抗感を覚えたり、ポルノなんていやらしいだけ……なんて思っていたりしませんか。でも正直に認めましょう、女子にだって性欲はあるものだし、それ自体悪いことでもなんでもないはずです。男性の場合と違って、それほど単純なものではないし、個人差だって大きいかもしれませんが、私たちはもっと自分の性についてもっと自由に考え、語り合っていいのではないでしょうか。そこで今回は、女子の性欲に関するトリビアについて集めてみました。

女子の性欲のピークは32歳!

同い年カップルでセックスのニーズがうまくかみ合わないというお悩みのある人は、じつは性欲のピークにも男女差があるということを知っておくといいかもしれません。一般的に、男性の性欲のピークは18歳、女性は32歳と言われており、その差はなんと10年以上も……。20代でまだ自分のセックスに満足できないという女子も、ちょっと安心しましょう。これからアラサー世代にかけて性欲も高まり、好奇心や意欲ももっと出てくるはずです。

催淫効果のある食べ物なんてじつは存在しない

“Hな気分になれる食べ物”、牡蠣などがその代表のように言われていますが、じつはあまり根拠のある説ではありません。とはいえ、ちょっといいレストランで、リラックスしながら食事をするのは精神的にもムードを高めるうえで効果的。なお直接的ではないにしろ、血行を良くすることで性欲を高める働きのある食べ物があります。それは、

・鮭

・ストロベリーやブルーベリー

・アスパラガス

・豆類

これらの食材は抗酸化物質が豊富で、心臓の健康を守る役割もあります。

妊娠中こそ性欲の高まる女性は多い

妊娠中はセックスをタブー視してしまう人も多いのですが、じつはこの時期こそ性欲も大いに高まりやすいのです。それは血液中のテストステロン(男性ホルモン)が増え、性欲に結びつくというもの。また精神的にも、すでに妊娠しているため、女性も予期せぬ妊娠を心配せず、純粋にセックスそのものを楽しめるからという説もあります。いずれにせよ、お腹で赤ちゃんを大切に育てている時期に、パートナーとたくさん仲良くしておくことは赤ちゃんのためにも良いことと言えるでしょう。

お酒は性欲をかえって妨げてしまう

よくドラマなどで「酔った勢いで……」なんて展開がありますが、実際にはお酒の飲み過ぎは、かえって神経システムに抑制をかけてしまうので性欲をかえって妨げる結果となってしまいます。とはいえ、お酒を飲まないと不安になってしまうという場合は、あくまで少量(ワインでも2杯くらい)にとどめておくのがベスト。記憶がなくなるまで暴飲するのではなく、ほろ酔い程度でいることがいいセックスをするためのコツとも考えられます。ちなみに血の流れを滞らせてしまうような行為(例:喫煙)は、すべて性欲にとってはネガティブな影響を与えるということを覚えておきましょう。

▽ 参考記事(海外サイト): 8 Things to Know About Your Sex Drive(http://www.marieclaire.com/sex-love/a13975/what-to-know-about-you-libido/)