1. トップ
  2. レシピ
  3. 紅茶を飲めば「ときめき体質」に!?肌にも嬉しい飲み方3つ

紅茶を飲めば「ときめき体質」に!?肌にも嬉しい飲み方3つ

  • 2015.5.14
  • 2914 views

紅茶を飲むと心身ともにリラックスできるような気がしますが、最近、紅茶を飲むことで「ときめき体質」になりやすいという実験結果が証明されたんだとか。そこで今日は、ときめきだけじゃない、肌にも嬉しい紅茶の飲み方をご紹介。「茶葉をきちんと選ぶこと」「食べ過ぎた後には紅茶」「豆乳ミルクティーにしたい場合はチャイ風に」の3つがポイントですよ!

■紅茶によってときめき感が最大約30%アップ!

キリンビバレッジ株式会社の調査によると、紅茶は異性に対するときめき感を強く誘発するという結果が明らかになりました。水を飲んだ時を基準とすると、紅茶の香りを嗅いだ際は約30%、紅茶を飲んだ際は約11%、総合的には約23%ときめき感性変動率が増加。最近「ときめきが足りない」という時には、積極的に紅茶を飲むのがおすすめです。

■肌におすすめの紅茶の飲み方3つ

(1)砂糖を入れなくていいように、甘みを楽しめる茶葉を選ぼう

ベルガモットの香りをつけたアールグレイを筆頭に、紅茶にはフレーバーティーが数多く存在します。フレーバーティーは花びらや果物、チョコレートやキャラメルなどの香料で香りや甘みを付加させているため、お砂糖を入れずとも十分に甘みを楽しむことができます。甘みのある紅茶が好きだけれど、お砂糖をなるべく控えたいという場合は、自然の甘さを感じられる茶葉を選ぶのがおすすめ。

(2)脂質や糖質を摂りすぎたと感じたら迷わず紅茶を

アサヒ飲料株式会社の研究で、紅茶ポリフェノールには、肥満抑制および糖代謝改善効果があることが確認されました。特に、紅茶飲料の濁り防止に用いられる加工技術である「タンナーゼ処理」を施している紅茶ほど高い効果が得られることから、脂質や糖質を摂りすぎたと感じたら、すかさずコンビニでペットボトル飲料を購入してみては? もちろん、美容のためにも無糖タイプを選ぶことをお忘れなく。

(3)豆乳ミルクティーにする場合はミルクパンで煮出そう

牛乳の代わりに豆乳を入れてミルクティーにすると、どうしても豆乳の風味が強くなりがちに。おいしく飲むためにも、豆乳でミルクティーにする場合は、一度しっかりと煮出しましょう。ミルクパンで茶葉を煮出すことで、紅茶と豆乳とのバランスが良くなり、まるで本格的なロイヤルミルクティーのように仕上がりますよ。

普段はコーヒー派という方も、肌のためにも、ときめきのためにも、紅茶を飲んでみてはいかが?

(前田紀至子)