1. トップ
  2. 恋愛
  3. 社内恋愛ってどうなの?メリットやデメリットについて

社内恋愛ってどうなの?メリットやデメリットについて

  • 2020.10.4
  • 1558 views

身近な出会いとして定番な社内恋愛。確かに気軽に出会うことができますが、メリットだけでなく出メリットもたくさんあります。今回はそんな社内恋愛のメリットとデメリットについて、ご紹介します。

社内恋愛のメリット1.休みが合いやすい

社内恋愛のメリットは、休みを合わせやすいことです。週休2日の会社に勤めている場合は、毎回休みが同じになるため、デートの予定が立てやすいというメリットがあります。シフト制の場合はなかなか合わせにくいことがありますが、会社でいつでも会えるためそこまで気にならないことも。


よく忙しすぎて相手とすれ違いが起きてしまうことがありますが、社内恋愛だとそれがほとんどありません。同じ会社で相手の仕事のことを理解しているからこそ、仕事が理由で破局しにくいというメリットがあります。

社内恋愛のメリット2.相手のことを把握しやすい

社内恋愛は、相手のことを把握しやすいというメリットもあります。社内恋愛であれば、相手の浮気の心配が少なくなります。相手の仕事をある程度把握しているため、仕事が終わってからの行動も把握しやすいです。また、会社の中でも人間関係も良くわかるため、相手の本質を見抜きやすいです。


会社としての立ち回り方と、プライベートな面の両方を知ることができるので、本当に自分にぴったりな人なのか見極めやすいです。結婚を考えた付き合いをしたいなら、尚更相手を理解しやすいです。

社内恋愛のデメリット1.別れたあとが辛い

社内恋愛のデメリットは、別れた後が辛いということです。何があっても顔を合わせなくてはいけないので、とても辛いです。別れ方次第では、仕事をやめたくなるくらい嫌になってしまうこともあります。社内恋愛では仕事も恋愛も両方失う可能性があるということだけは、理解しておくようにしましょう。


また、もし相手がこれから先だれかと付き合ったり、結婚したりしたとすると、すべての情報が入ってくるようになります。別れた後も同じ会社に居続けるには、それなりの覚悟が必要になります。また、好きで好きでしょうがないのに別れた場合は、忘れたくても忘れられない日々を過ごさなくてはいけません。

社内恋愛のデメリット2.結婚後どうするか考える必要がある

社内恋愛出のデメリットは、結婚後のことをしっかり考えなくてはいけないということです。恋愛している間は同じ会社にいても問題ありませんが、会社によっては夫婦で働くことがNGとされているところもあります。


そうなれば、転勤や異動などもあり得るので覚悟する必要があります。また、そういった問題が気になる人にとっては、最悪会社を辞めるという選択をしなくてはいけないこともあります。結婚すること自体はとてもおめでたいことですが、社内恋愛となると仕事も含めて考えなくてはいけません。

まとめ

社内恋愛のメリットとデメリットについてご紹介しました。社内恋愛には良い部分もあれば、悪い部分もあるため、ある程度覚悟が必要になります。仕事と恋愛両方を失ってしまう可能性もあるので、社内恋愛をする時は慎重に進めていくようにしましょう。


(ハウコレ編集部)



元記事で読む