1. トップ
  2. 須田亜香里、SKE48の12周年に向けてこっそりしたことを告白 熊崎晴香は色気をアピール?

須田亜香里、SKE48の12周年に向けてこっそりしたことを告白 熊崎晴香は色気をアピール?

  • 2020.10.4
  • 216 views
「SKE48 12th Anniversary Fes 2020 ~12公演一挙披露祭~」は「会いたかった」公演からスタート
(C)2020 Zest,Inc.

【写真を見る】ゴリラ役でサプライズ(?)登場した青木詩織

10月3日から3日間にわたって開催されるSKE48の12周年記念配信イベント「SKE48 12th Anniversary Fes 2020 ~12公演一挙披露祭~」の初日が、Aichi Sky Expoで開催され、「会いたかった」「0start(リスタート)」「パジャマドライブ」「PARTYが始まるよ」「制服の芽」の5公演が上演された。

同イベントは、10月5日(月)に劇場デビュー12周年を迎えるSKE48が、その年数にちなんで過去に行った12公演を3日間計30時間以上をかけて披露するという企画。

「会いたかった」公演の様子
(C)2020 Zest,Inc.

先陣を切った「会いたかった」には、SKE48キャプテン・斉藤真木子、江籠裕奈、上村亜柚香の先輩メンバー3人と、9期と10期の研究生13人が登場。若手メンバー中心らしくフレッシュなパフォーマンスを披露した一方で、3曲目の「会いたかった」では斉藤が早くも“SKEあるある”の靴飛ばし。

高々と舞い上がった靴は長い滞空時間を経てステージに落下し、普段公演を行っている劇場とは違うホール会場の大きさを、思わぬ形で実感することとなった。

「0start」公演の様子
(C)2020 Zest,Inc.

続く「0start」はチームKIIのメンバーを中心に、チームEの相川暖花、浅井裕華、井田玲音名、倉島杏実、研究生の竹内ななみが参加。元々チームKIIが行っていた同セットリストで、浅井、相川、竹内の「残念少女」、井田、倉島の「ハートの独占権」という、レアな組み合わせでのユニットが披露された。

「パジャマドライブ」公演の様子
(C)2020 Zest,Inc.

3公演目は、2012年3月の千秋楽以来となる「パジャマドライブ」。同公演最後のオリジナルメンバー・都築里佳をはじめ、劇場でのパフォーマンスに定評があるメンバー11人と、今年2月に正規メンバーに昇格した9期生から5人が出演。「2人乗りの自転車」や「ワッショイSKE!」などは一体感を出しながらエネルギッシュに踊り、対照的に「Two years later」や「命の使い道」では陰のある表現も見せた。

「PARTYが始まるよ」公演の様子
(C)2020 Zest,Inc.

その後、同日に開催された「TOKYO IDOL FESTIVAL オンライン 2020」(2日目)にAichi Sky Expoから出演すると、4公演目は“7D2”こと7期生とドラフト2期生を中心としたメンバーによる「PARTYが始まるよ」。

5年前に研究生公演として行っていたセットリストを今回上演するうえで、“フレッシュ”をテーマに挙げた彼女たちは、それぞれが5年間積み上げてきたものに“元気”や“全力”を上乗せして“6年目のフレッシュさ”を舞台上で見事に体現。

アンコールでは、菅原茉椰が「こうして懐かしい気持ちがしたり、推しメンの姿が見られたりするのは、皆さんがたくさん応援してくださって、SKE48がこんなにも長く活動できているからだと思います。皆さんと一緒にもっとSKE48を愛せるように頑張って行きたいと思いますので、これからのSKE48を見逃さずにたくさん愛してくださるとうれしいです」と、しっかりとしたコメントを残して、パフォーマンス以外の面でも成長した様子をうかがわせた。

「制服の芽」公演の様子
(C)2020 Zest,Inc.

そして、初日の最後を飾ったのは「制服の芽」。SKE48の楽曲の中でも人気の高い、1曲目の「恋を語る詩人になれなくて」を須田亜香里センターでパワフルにパフォーマンスすると、ステージ上はさらにヒートアップ。

ユニットパートでは、「枯葉のステーション」を佐藤佳穂が儚さと芯の強さを併せ持った声で歌い上げるなど、バラエティー豊かな楽曲の数々を披露すると、ステージ上の16人は最後の楽曲「手紙のこと」を感情豊かに、丁寧にメッセージを伝えるように歌い、初日を締めくくった。

また、初日終了後には「制服の芽」に出演した須田、熊崎晴香、松本慈子の囲み取材も行われた。

(写真左から)松本慈子、熊崎晴香、須田亜香里
(C)2020 Zest,Inc.

須田亜香里、熊崎晴香、松本慈子 囲み取材

――初日を終えた感想を教えてください。

須田亜香里:SKE48が12周年を迎えるということで、3日連続でこんなに大きな会場を使ってライブができるというのは、本当にファンの方がいなきゃ絶対無理だと思うので、私たちに期待してくれている方がこんなにもいるんだということを感じました。

懐かしい曲をどんどんやっていくということで、今日私が出演したのは「制服の芽」だけだったんですけど、舞台裏で曲を聞いていてもやっぱり懐かしくて。当時のことも思い浮かぶけど、今のメンバーを見てると「やっぱり今のSKEも好きだな」って実感できる、SKEがもっと好きになった1日でした。1日目、楽しかったです。

松本慈子:私も結構「制服の芽」公演は出させてもらっていて、中学3年生のときに出させてもらっていたのが、今は大学3年生になって、周りを見たら今までは先輩しかいなかったのに後輩ばっかりになっていて、「自分も先輩になったんだな」っていうことを感じました。

“オリメン”に近い亜香里さんだったり、(熊崎の方を見て)6期生さんだったり、先輩たちと一緒に出られるこの時間に少しでもいろんなものを盗んで、それをまた後輩に受け継いでいけるように頑張らなきゃとも感じました。

熊崎晴香:今回、久しぶりに16人で踊れて(※現在、SKE48劇場での公演は、新型コロナウイルス対策のため6人での無観客公演)、(抽選に当たった)皆さんが会場にいてくださる、そして配信で見てくださっている皆さんがいて、「overture」に(企画で事前募集した)ファンの方の声が入っていたりもして、改めて公演ってすごくすてきだな、またできてうれしいなって思いました。

私は「制服の芽」がこの3日間の1公演目だったんですけど、すごく楽しくて、メンバーと目が合うとみんなキラキラ笑顔だったので、ファンの皆さんにもそのパワーが、画面の向こうにいる方にも伝わっているといいなと思います。

――新型コロナウイルスの影響で通常の活動がなかなかできない中で、これまでのSKE48の周年イベントの中でも大きなステージになりましたが、これに関してはどう思いますか?

須田:お客さんを入れないでこんな大きな場所でやるっていうのはどういうことなんだろうとも思ったし、すごくプレッシャーはあったんですよね。普通にコンサートをするだけでも、こんな大きな場所でするっていうのは簡単なことではないと思うので。応援してくださるファンの方々が、配信だとしても見てくれる方が確かにいるっていうことは一つ自信になりましたね。

あとは、16人以上でステージに立つということがずっとSKE48劇場でもできなかったので、ちゃんと距離を取りながら、思いっ切りパフォーマンスを16人以上でするっていうのが久々過ぎて、さっきくまちゃん(熊崎)が言ったように、目が合うたびにすごく楽しくて。大きい会場でやらせてもらうからこそだなって思いました。

メンバーが多いから集まるだけで“密”になってしまうというのが、このグループの弱点ではあったんですけど、その弱点もメンバーみんなが集まって、みんなのファンの方が見てくれるからこそ、この規模が実現したんだなとうれしく思っています。

松本:今までだったら劇場で周年を迎えていたんですけど、今回は大きなステージでやったので、ここでしかできない演出がたくさんありました。

出はけが全然違ったり、ステージを降りた前のスペースを使ったり、今までにできない演出がたくさんあったので、12周年でこんなことしちゃったら「来年はどうなっちゃうんだろう?」って怖くなっちゃうんですけど(笑)。

でも、どんどん前年を超えていけるSKEであってほしいなって思いました。

熊崎:今まで周年イベントでSKE48劇場を出たことは1回あったと思うんですけど、(当時在籍していたのが)私たち6期生までなのか、後輩は周年で劇場を飛び出したことが今までにないので、そのぶん「どうなるのかな?」っていうワクワクもすごくありました。

広いぶん、私たちのパフォーマンスももっと大きく、配信でも全力のパフォーマンスがもっと伝わるように一生懸命みんなで頑張ったので、それが届いていたらいいなと思います。

「制服の芽」公演の様子
(C)2020 Zest,Inc.

――今回が初めての「制服の芽」公演だったメンバーもいると思いますが、その人たちに伝えたかったことはありましたか?

須田:私は「伝わってたな」ってことが意外と多くて。今まではどうやったら先輩からのことを受け継げるだろうかとか、昔の演目を後輩たちとやるというのは、もどかしさや自分の無力さを実感することが多かったんですよ。

だけど、今回は「今のSKE、すごくSKEっぽいぞ」というか、この演目って“全力感”とかのSKEらしさが一番強い演目だと思うんです。リハーサルの段階から「SKEらしさって、ちゃんと伝わっていたんだな」っていうワクワク感がすごかったので、私が後輩に「もっとこうしようね」とか言うことはあんまりなかったかな。

配信だから「いつもより3割元気にテンション高めにやった方が画面の向こうに伝わるよ」とか、そういうテクニック的なニュアンスは伝えたりしたけど、それ以外はむしろ私の方が後輩を頼っていた部分も多かったですね。

リハーサルにあまり出られなかったりしたので、後輩をすごく頼りっ放しでした。すごくみんな頼もしかったです。

松本:同じですね。リバイバル公演は今まで何回かやってきたんですけど、先輩たちの方が「やってやるぞ!」という気持ちが強くて、なかなか先輩と後輩の気持ちが重なることって難しくて。

でも、今回に関しては全員が初めから同じ気持ちでどんどん高め合っていて、先輩後輩関係なく切磋琢磨していたので、すごく良い雰囲気だったんじゃないかなって思います。

熊崎:今回は12公演もやるということで“振り入れ”がなくて、自分たちで映像を見て振りを覚えてくるっていう感じだったんですよ。

だから、余計に後輩の子たちが私たち先輩に「ここの振りってどうなんですか? どういう気持ちでやればいいですか?」って積極的に聞いてくれたおかげで、コミュニケーションが取れて、より絆が深まったなって感じることができました。

だからこそ、今回“SKEらしさ”が、みんなで気持ちを一つにして出せていたんじゃないかなって思います。

――アーカイブ配信も行われるということで、今日の公演の皆さんの見どころを教えてください。

須田:私はほぼ11年前に着ていた衣装を今回も着ていまして。私、11年前とウエストが変わってないんですよ、体重は増えたんですけど(笑)。おしりに付いたみたいで、アンコールの衣装だけハマらなかったので、当時の別のメンバーのズボンを借りています。

それ以外は全部自分の衣装なんですけど、実際、露出度の高い衣装が多い公演で、それはAKB48グループの公演でも珍しい方だと思いますし、結構プレッシャーでもあったので、今回の公演のためにこっそり2kg減らして、エステにも行きました(笑)。

でも、おなかにお肉が乗っていたら何とも言えないので、チェックしつつ、良いところだけ見てもらえたらと思います(笑)。

熊崎:バッチリ見ておきます(笑)。

松本:私は「仲間の歌」で、カメラマンさんがみんな映るように今までにないカメラワークで撮ってくださったりしたことと、あと個人的に、この曲の大サビはメンバーの誰か1人が先導して、昔で言えば中西優香さんとかがやられていたんですけど、初めてかな?ってレベルでやらせていただきました。

まさか自分がやるとは入った当時思ってもいなかったので、めちゃくちゃ緊張したんですけど、気持ちが伝わっていたらうれしいなって思います。

熊崎:私は研究生のときに「制服の芽」公演をやらせていただいていて、映像を見て「初心に返らなきゃな」っていう気持ちになって今回やらせていただいたんですけど、今回は配信がメインということなので、表情にも注目していただきたいなって思います。

「思い出以上」というユニット曲を、研究生のときも同じセンターでやらせていただいたんですけど、あのときはまだ幼かったから大人の色気はあまり出ていなかったんです。

でも、今回はアップで映るときは表情も頑張ってみたので、そこはチェックしていただけたらうれしいです。色気が出てますように!(笑)

――では最後に、名古屋という地でSKE48というアイドルグループが続いた原動力は何だと思いますか?

須田:ファンの方だと思います。名古屋って一度好きになったものをすごく深く愛するっていう県民性があるなっていうのはすごく思っていて。

“総選挙”で毎年SKE48からランクインする率が他の姉妹グループと比べて高いって思われていたっていうのも、やっぱりファンの方の応援のおかげだったりもしたので。深く愛してくれる方が本当に多いので、それが原動力で、事実なのかなって感じはしますね。(ザテレビジョン)

元記事で読む