1. トップ
  2. マジカル・パンチライン、現体制ラストの“TIF”で夜景をバックに入魂のステージ<TIF2020>

マジカル・パンチライン、現体制ラストの“TIF”で夜景をバックに入魂のステージ<TIF2020>

  • 2020.10.3
  • 141 views
マジカル・パンチラインが10月3日、SKY STAGEでパフォーマンスした
KADOKAWA

マジカル・パンチラインが10月3日、「TOKYO IDOL FESTIVAL オンライン 2020」(10月2日~4日)のSKY STAGEに出演した。

【写真を見る】顔面偏差値高過ぎる!と話題のマジカル・パンチラインがエモいパフォーマンスで魅了

2019年に10周年を迎えた世界最大のアイドルフェスの「TIF」。今回は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、初めてオンラインで開催されている。

マジカル・パンチラインのSKY STAGEは「マジカル・ジャーニー・ツアー」でスタート。キレイな夜景をバックに小山リーナ、浅野杏奈、清水ひまわり、沖口優奈、吉澤悠華、吉田優良里の歌声が空の果てまで広がっていく。

歌い終わった後、リーダー・沖口が「今年もTIFに参加させていただいたんですけども、このSKY STAGEが今年のTIF、現体制6人のマジカル・パンチラインのラストのTIFのステージです。こんなすてきな景色の中でパフォーマンスさせていただけることをうれしく思います」と感謝の気持ちを伝えた。

9月に発表されたが、小山、浅野、清水の3人は11月3日(火)をもって卒業することが決まっている。気付けば、あと1カ月で現体制が終了となる。

「自分たちの心に残るように、そして画面越しに見てくださってる皆さんの心に私たちの姿を刻みつけられるように全力で最後までパフォーマンスさせていただきます」という沖口の言葉通り、ここからの全ての時間が貴重なものとなっていく。

そんな状況の中で歌われた「ひとかけら」の“未来がもっと輝いていく”といったフレーズがいつも以上に心に沁みる。

浅野もいろんな感情がこみ上げてきていたようだったが笑顔で歌い切った。最後は、2019年6月に発売した、この6人体制になって初めてのシングル曲「今日がまだ蒼くても」。この曲の歌詞も今の状況と重ねることでより響いてくる。

3日の午前に行われたSMILE GAEDENでのステージでは、新メンバーオーディションの開催も発表された。残り1カ月となった現体制での活動、そして新しい動きにも注目が集まる。

マジカル・パンチライン[10月3日、SKY STAGE]セットリスト

M1.マジカル・ジャーニー・ツアー

M2.ひとかけら

M3.今日がまだ蒼くても(ザテレビジョン)

元記事で読む
の記事をもっとみる