1. トップ
  2. 上白石萌音、トロールズ ミュージック★パワー」舞台挨拶でラップに挑戦 仲里依紗はアフレコエピソードを披露

上白石萌音、トロールズ ミュージック★パワー」舞台挨拶でラップに挑戦 仲里依紗はアフレコエピソードを披露

  • 2020.10.3
  • 1224 views
ミュージカルアニメ映画「トロールズ ミュージック★パワー」の公開記念舞台挨拶に、日本語吹き替えを演じた上白石萌音やウエンツ瑛士、仲里依紗、木村昴らが登壇した
A UNIVERSAL PICTURE(C)2020 DREAMWORKS ANIMATION LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

上白石萌音が主人公の日本語吹き替えを演じるミュージカルアニメ映画「トロールズ」の第2弾「トロールズ ミュージック★パワー」が10月2日より全国公開。翌日3日に上白石のほか、ウエンツ瑛士や仲里依紗、木村昴らが舞台挨拶に登壇した。

【写真を見る】真っ赤なドレスで登壇。「心から楽しんでいただければ幸いです」と映画をアピールした上白石萌音

冒頭、上白石は「完成披露の舞台挨拶は無観客で行われましたが、このご時世ですし、お客さんの顔を見て挨拶をするのが久々で、またこういう感情になれてすごくうれしいです」と挨拶。

続いて、ウエンツは「皆さんと直接お会いできる機会ができて、こんなにうれしいことはないです。皆さんは(コロナ対策で)今も声を出せない状況ですけど、眼力が伝わってきます。こんなに眼力の強いお客さんは初めてです」と感謝の言葉を。

また、仲は「スクリーンはカラフルで朝から目がピカピカして、テンションが高くて、1日元気に過ごせると思います。皆さんと楽しい時間を過ごしたいです」と言い、木村は「なかなか皆さんとお会いする機会がなかったので、うれしい気持ちでいっぱいです。午前中ではありますが、今日はハイテンション、バイブスぶち上げ満タンでいきます!」と元気いっぱいに語った。

それぞれの役どころで難しかった点を尋ねられると、上白石は「基本的にポピーはすごくテンションが高くて、普段の自分とのテンションとのギャップがあったので、そこを超えていくのが大変でした。それから、歌の中でフェイクに初めて挑戦したんですが、想像以上に難しかったです。木村さんのようにテンションの高い外国人のボイストレーニングの先生が(笑)、レコーディングの日も立ち会ってくださって『イケイケ萌音、ゴーゴー!』と応援してくださり、なんとかレコーディングができました」と聞かせた。

ウエンツは「歌もチャレンジでしたが、ブランチのように自分の好きな相手を思っているからこその気持ちを伝えるのって難しい。『もう少しこうしたほうがいいよ』って言って、何か思われたら嫌だし、嫌われたくないし、難しいじゃないですか。自分が伝えたいことと同じ思いを、相手に受け取ってもらう難しさや大切さを、ブランチを通じて勉強させていただきました」と明かした。

仲は「やっぱり歌ですね。私はカラオケもあまり行かないし、行ったとしても聞く専門なんです。自分から歌うことはあまりないんですけど、バーブは私も大好きなロックのキャラクターだったので頑張りました」と回答。

すると、上白石が「(仲の歌は)最高でした、本当に最高だったんです!」と絶賛。仲は「萌音ちゃん、すごい褒めてくれるんですよ!」と照れながら「仲里依紗として歌うのは恥ずかしいですけど、バーブになりきっていたので、歌えました。アフレコの時もロックTシャツを着ていって、たたずまいをバーブに寄せていきました(笑)」とエピソードを聞かせた。

木村は「これまでに演じた中でも、パパの髪からポンっと産まれるキャラクターはなかなかないので。僕自身もキューティクルを多めに、トリートメントは欠かさず行いましたね」と言って会場の笑いを誘いつつも「こういう映画はリアリティというよりも想像力がかき立てられるファンタジーなので、私生活のときの感情よりも何倍も表現豊かにやったほうがいいのかなと、ご機嫌に楽しく、いつもの10倍ぐらいのテンションで挑みました」とまじめな表情で語った。

ウエンツ瑛士×木村昴のラップ対決を観客の拍手で審査

大のラップ好きの木村は、劇中でも生まれた瞬間から渋い低音ラップをキメる新キャラクターのタイニー・ダイヤモンド役を演じたが「ラップを上手にやるために必要なことは、たった一つです。バ・イ・ブ・スだぜ! ラップってハートだから、恥ずかしいなとか、これやったらどう思われるかなとか、そういうのは気にしない! 心の底からのバイブスで!」とラップのコツを披露。

劇中で披露されている”タイニーラップ”をウエンツが観客の前で挑戦することになり「タイニーラップ大好きなんですよ、めちゃくちゃかっこいいじゃないですか! まあ僕もラッパーみたいなもんですし、ラップ留学行ってましたから。ロンドンでは韻を踏んでしかいなかったですよ。僕の人生はラップで包まれています」とジョークを飛ばす。

「じゃあ、ラップバトルやりましょうよ!」と木村に挑発されたウエンツは「もし僕が勝ったら『おはスタ』のMCいただきますよ(笑)。僕が負けたら『SUBA ROOTS』めっちゃ買って、みんなに配ります!」と応戦。観客を審査員にして、二人のラップバトルがスタートした。

木村は見事なラップで会場を沸かし、続けて「そんじゃ、次はウエンツ瑛士! かませー!」とバトンを渡すと、ウエンツも負けじとノリノリのラップを披露。だが、観客の拍手の大きさでジャッジすると、ウエンツが「聞き間違いのないくらい、俺が少なかったですね(笑)」という圧倒的な結果で敗北を喫した。

すると、ウエンツから「やるか、やるか? 萌音ちゃんもラップ、好きだよね?」と無茶振りされ、上白石もラップを披露することに。いつものキュートな上白石の雰囲気を打ち壊すノリノリのタイニーラップに、会場からはこの日一番の拍手が沸き起こった。

木村も思わず「かっこよかった! これは優勝ですよね!」、仲も「振り切り方が素晴らしかったです!」と言い、ウエンツは「『おはスタ』のMC、(上白石に)決まっちゃったよ!(笑)」と笑わせた。そんな共演者たちからの絶賛の言葉に、上白石は「振り切ることの大切さは、ポピーから教わりました!」と照れくさげ。

最後に、上白石は「日々、色々なことが起こる中で、耳をふさぎたくなるようなこともありますが、そういうときでも音楽が体に入ってくると、ちょっとだけ前向きになれたり、元気になれたりすることがあると思います。今この時に、この映画が公開されて、皆さんの元に届くことに特別な思いを抱いています。この映画を観ることで少しでも嫌なことを忘れて、心から楽しんでいただければ幸いです」と映画をアピール。

ウエンツも「声を上げて笑うことができない状況でしたが、笑顔は届いていたので、きっと心の中では楽しんでくれたんだなと思っています。素敵な時間を作っていただき、ありがとうございました。無事に公開されたので、僕も映画館に観に行きます」と語って、イベントを締めくくった。

「トロールズ ミュージック★パワー」STORY

歌って踊ってハグして、毎日ハッピーに暮らすポップ村のトロールたち。ある日、女王ポピーのもとに、ハードロック族の女王バーブからの手紙が届く。

ポピーたちは、この世界に別の音楽を楽しむ仲間たちがいることを知って大興奮!テクノ、クラシック、カントリー、ファンク、そしてロック。そこは個性豊かな村が集まる1つの王国だったのだ。

期待を胸に旅に出るポピーたち。でもそれは、全ての音楽を奪い、王国をロックで支配しようとするバーブの罠だった。

世界中のハッピーを取り戻すため、ゆかいな仲間たちの壮大なアドベンチャーが始まる。(ザテレビジョン)

元記事で読む