1. トップ
  2. <CRAYONS>12月にメンバー全員グループからの卒業を発表

<CRAYONS>12月にメンバー全員グループからの卒業を発表

  • 2020.10.3
  • 2278 views
定期公演を行ったアイドルグループCRAYONS
「CRAYONS定期公演~蘇生~」より

【写真を見る】ファンの声援に応えるCRAYONSのメンバー

4人組のアイドルグループ「CRAYONS(クレヨンズ)」が、9月27日にライブハウス「大塚Deepa」にて「CRAYONS定期公演~蘇生~」の有人&ストリーミングライブを開催。会場には、抽選によって選ばれた幸運なファンが駆け付け、リアルライブを楽しんだ。

オープニングはもちろん、定期公演1周年を機に導入された新SEによる、超絶カッコいいダンスパフォーマンスだ。

1曲目の「Shiny Dream」から意外さを演出し、(MCを挟んで)以後「We are CRAYONS」「スタートラインズ」「夏恋」「逡巡のエモーション」、そして「Brand New Dream」と畳みかけるような構成には、今日のライブはこれまでとは違うぞという、ある種の覚悟が。

4人のコーラスの切れ味(We are―)、中村千紗のソロイントロ(スタートラインズ)などに、その意気込みが充分に表れていたように感じた。

大盛り上がりゾーンへ

「CRAYONS定期公演~蘇生~」より
KADOKAWA

続くセカンドブロックは、今年1月のワンマン以来となる、ソロコーナーだ。恵比原愛莉は「Clone」を情熱的に歌唱し、小林千耶美は旋律が刺激的な「自己啓発的シャングリラ」を存分に歌い切り、中村はプリンセス感を醸し出しながら「あなたのお姫様」を披露。

最近はTV番組へ出演するなど活動も好調な奥野未悠は、愛らしさを前面に出した「すき。」を愛嬌(あいきょう)たっぷりに聞かせてくれた。

サードブロックも、冒頭に続く大盛り上がりゾーンという構成。「Vault!」で勝ち上げ、「びょんびょんBeyond!」でピークを作り、最新曲「決戦前夜」で会場との一体感を醸成。かと思いきや、中村の歌声も美しい「片想い」で、しっとりと締めていた。

重要なお知らせ

「CRAYONS定期公演~蘇生~」より
KADOKAWA

すると、ここでお知らせMCへ。内容はCRAYONSの今後についてであり、具体的には、10月中にライブ活動を終了し、12月に改めてCRAYONS主催のライブを開き、それをもってメンバー4人がグループを卒業する、というもの。

グループそのものは継続し、時期は未定ながら新メンバーによる“新生CRAYONS”が発足するということだ。

また、現在発表されているライブは、10月11日(日)の対バン出演、10月18日(日)の小林&恵比原の生誕、そして10月31日(土)の定期公演の3本限りであり、ファンには見逃せないものとなるだろう。

卒業発表をした中村は「ライブは心のよりどころでした」、奥野は加入からちょうど1年というタイミングでの卒業発表に「大変なこともあったけど、(メンバーに)入ってくれてありがとうと言われて、すごくうれしかった」。

小林は「約6年のアイドル人生は、楽しい時間でした」、そして恵比原は「応援してくれる人たちのおかげで、こんなに長くアイドルを続けることができました。違う道に進むことになりますが、(この決定を)応援してほしい」と、それぞれコメントしていた。

最後は、夕暮れ色に染まったステージで、しっとりとしたメロディーの「君と」を披露して終了した。

「CRAYONS定期公演~蘇生~」より
KADOKAWA

(ザテレビジョン)

元記事で読む