1. トップ
  2. 両胸を同時に失なった46歳ディレクターが自らのカメラに収め伝える“乳がん”

両胸を同時に失なった46歳ディレクターが自らのカメラに収め伝える“乳がん”

  • 2020.10.3
  • 4192 views
医師から告知を受ける阿久津友紀ディレクター
(C)テレビ朝日

10月3日(土)の「テレメンタリー2020」(毎週土曜深夜4:30-5:00[日曜朝4:30-5:00]、テレビ朝日、※系列各局で放送)は、テレメンタリー4月クール優秀作品の「おっぱい2つとってみた~46歳両側乳がん~」(4月5日放送)をアンコール放送する。

【写真を見る】両胸に入れるはずだった人工乳房

日本人女性の11人に一人がかかるといわれる乳がん。今回、制作を担当した北海道テレビ放送では、乳がん検診の啓発活動「ピンクリボン運動」を、15年にわたり応援してきた。そんな中、その活動の先頭に立ってきた阿久津友紀ディレクターの両側の胸から乳がんが見付かる。

阿久津ディレクターの乳がんは、日本人女性の9人に一人が罹患するピークといわれる46歳の夏に見付かり、今回のように両胸から同時に見つかるのは、乳がん全体のほんの数%といわれている。

病院、手術の方法、その後の治療法など、彼女が患者となって分かったのは、選択することの多さ。治療によっては仕事などもできなくなる可能性もあった。

一気に両胸を失う不安に襲われる中、現実を受け止め、腹をくくった手術。しかし、再建を考えて病院を選んだにも関わらず、手術前日にその人工乳房が使用不可能になってしまう事態に。

そして、3時間以上にもわたった手術、その後の入院生活や、そこでの患者との出会いなど、一度患者になったら味わうであろう9カ月を自らのカメラに収める。

がん=死ではなく、早期発見と正しい治療が命を救うこと、またがんと生きていくための数々の壁について、社会の理解を深め助けとなるように阿久津ディレクターの実体験を紹介する。

制作は北海道テレビ放送、担当プロデューサー・山田佳晴、担当ディレクター・阿久津友紀。ナレーターは、阿久津ディレクター本人が務める。(ザテレビジョン)

元記事で読む