1. トップ
  2. 偉大なるバンド・ゴダイゴの魅力をタケカワユキヒデ、浅野孝已、スティーヴ・フォックスの仕事で語る

偉大なるバンド・ゴダイゴの魅力をタケカワユキヒデ、浅野孝已、スティーヴ・フォックスの仕事で語る

  • 2020.10.2
  • 5118 views
「ザ・カセットテープ・ミュージック」10月4日(日)放送は「ゴダイゴスペシャル」
(C)BS12 トゥエルビ

【写真を見る】マキタスポーツとスージー鈴木がゴダイゴの魅力を微細にわたり分析

10月4日(日)の「ザ・カセットテープ・ミュージック」(毎週日曜夜9:00 BS12 トゥエルビ)は久しぶりのアーティスト特集。1970年代を中心に数々のヒットを飛ばした実力派バンド・ゴダイゴに注目する特別版「ゴダイゴスペシャル」を放送する。

この日は、夜7:00からのBS12日曜アニメ劇場での劇場版「銀河鉄道999」放送の影響もあり、番組は夜9:22にスタート。これに乗じるように「銀河鉄道999」のテーマ曲を歌い、大ヒットさせたゴダイゴを特集し、マキタスポーツとスージー鈴木が名バンドの魅力を語り尽くす。

カセットガールは、2019年3月31日放送の「大阪出張スペシャル」において、通天閣の展望台でゴダイゴ「ガンダーラ」を聴いて「いい曲~」とほろりと口にしたうめ子こと河村唯が務める。

【写真を見る】マキタスポーツとスージー鈴木がゴダイゴの魅力を微細にわたり分析
(C)BS12 トゥエルビ

「春の名曲フェア〜スージーの春〜」(2018年3月2日放送)で「君は薔薇より美しい」(作曲・編曲:ミッキー吉野)、「アレンジャーズ インフィニティ・ウォー」(2020年2月9日放送)で「ビューティフル・ネーム」(編曲・ミッキー吉野)を取り上げ、キーボード担当でリーダーのミッキー吉野のことをさんざん語ってきたスージー鈴木。今回はボーカル・タケカワユキヒデに焦点を当て、作曲者としてタケカワの凝りに凝った楽曲制作を「濃厚に」語る。

「銀河鉄道999」のコード進行やメロディー展開に始まり、アニメ「ニルスのふしぎな旅」のテーマ曲や、アグネス・チャンと共作した洋楽的な楽曲まで、微に入り細をうがって追究していく。マキタスポーツも楽曲にまつわる豆知識を披露する。

一方、マキタスポーツは「この番組で何回かこすった曲を、自信をもって送ります」と言い切って「必聴ゴダイゴ」をセレクト。

つい先日の放送でも推薦した「ガンダーラ」のイントロの魅力をギター・浅野孝已によるアルペジオに注目して語り、「この曲を聴くとギターとか弾きたくなっちゃうよね」(2019年6月9日放送)で取り上げた「Monkey Magic」は、スティーヴ・フォックスが奏でたベースラインをあらためて評価する。そして前回以上に楽曲の構成について分析的に語っていく。

マキタスポーツ・河村唯・スージー鈴木
(C)BS12 トゥエルビ

(ザテレビジョン)

元記事で読む