1. トップ
  2. NGT48、HOT STAGEで「焼き芋のように」“熱々な”パフォーマンス!<TIF2020>

NGT48、HOT STAGEで「焼き芋のように」“熱々な”パフォーマンス!<TIF2020>

  • 2020.10.2
  • 718 views
NGT48が10月2日の「TOKYO IDOL FESTIVAL オンライン 2020」HOT STAGEに出演した
KADOKAWA

NGT48が10月2日、「TOKYO IDOL FESTIVAL オンライン 2020」(10月2日~4日)のHOT STAGEに出演した。

【写真を見る】ピンクの衣装を着たメンバーが優しさと笑顔に満ちたパフォーマンスを披露!

2019年に10周年を迎えた世界最大のアイドルフェスの「TIF」。今回は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、初めてオンラインで開催されている。

NGT48の出演メンバーは、荻野由佳、小熊倫実、角ゆりあ、清司麗菜、中井りか、奈良未遥、西潟茉莉奈、西村菜那子、本間日陽、安藤千伽奈、小越春花、川越紗彩、小見山沙空、富永夢有、藤崎未夢、古舘葵の16人。

「overture(NGT48ver.)」が流れた後、ピンクの衣装を着たメンバーたちが登場し、NGT48初のオリジナル曲で、“原点”とも言える「MAXとき315号」でライブがスタートした。歌詞のメッセージ通り、優しさと笑顔に満ちたパフォーマンスを披露。

1曲歌い終わり、本間が「今年も『TIF』さんに出演させていただいて本当に本当にうれしいです! 今日は精いっぱいパフォーマンスしていきたいと思います」と言い、西潟が「暑い夏は終わってしまったんですけど、HOT STAGEということで焼き芋のように熱々なステージをお届けできたらいいなと思います」と、それぞれ意気込みを語った。

他に、小熊が前日に間違った時間をツイートして告知してしまったことを謝り、小越がTIF出演の緊張感を“はるかワールド”全開の独特な表現で伝えようとして、メンバーから「どうした?(笑)」とツッコまれるほほ笑ましい場面も。

怒涛のシングル曲連発

ここからは中井がセンターの「青春時計」、荻野センターの「世界はどこまで青空なのか?」、本間センターの「春はどこから来るのか?」、荻野センターの「世界の人へ」とシングル曲を4曲連続で聴かせた。笑顔も多く、メンバーたちもステージを楽しんでいる様子がうかがえた。

続いては、最新シングル「シャーベットピンク」のカップリング曲「絶望の後で」。

先ほどまでとは打って変わって、メンバーたちも真剣な表情に。その力強いパフォーマンスに、思わず引き込まれていく。

最後は、藤崎が曲振りをして、自身がセンターを務める最新シングル「シャーベットピンク」を歌い、およそ30分のステージが終了。

「MAXとき315号」に始まり、シングル曲を時系列に並べたセットリストは、NGT48のこれまでを振り返る内容であるとともに、新曲に込めた思いからは未来へつながるストーリーも感じさせた。

NGT48[10月2日、HOT STAGE]セットリスト

M1.Maxとき315号

M2.青春時計

M3.世界はどこまで青空なのか?

M4.春はどこから来るのか?

M5.世界の人へ

M6.絶望の後で

M7.シャーベットピンク(ザテレビジョン・取材・文=田中隆信)

元記事で読む