1. トップ
  2. 恋愛
  3. 揺らぐ世界に対して「美」ができることは何か|ポーラが探求し続ける"社会貢献"とは

揺らぐ世界に対して「美」ができることは何か|ポーラが探求し続ける"社会貢献"とは

  • 2020.10.1
  • 736 views

「これからの時代に目指すのは、誰もが「美しく生きる」ことができる社会。一人ひとりがもっと自分らしく社会と繋がり、生きることをもっと楽しみ、豊かで彩り溢れる時間を感じる生き方が美しい、とポーラは考えています」と語るのは代表取締役社長の及川美紀氏だ。

これまで“当たり前”とされてきた様々な価値観が揺らいでいる現在。その理想の実現に向けて、ビジネスの成長と持続可能な社会実現の両立を目指す新たな「サスティナビリティ方針」を発表したポーラの取り組みについて、コミュニケーション戦略部 PR企画チームの岡本ゆりかさんにお話を伺った。

ーー「ポーラ」ならではの化粧品と環境という視点からの取り組みについて教えてください。

今年6月にポーラは創業100周年を迎える2029年に向け、誰もが「美しく生きる」ことができる社会を目指すための「新サスティナビリティ方針」を打ち出しました。これは、2029年までのSDGsの目標数値を社会・経済・環境に分類し、それぞれにゴールを定め、循環させることで人の可能性を広げ、多様な価値観を尊重し、誰もが活躍できる社会を創造していくことを目標にしたものです。また、ポーラは消費者への「新たな価値提供の実現」と「環境に配慮したサービス」の両立をテーマに掲げ、すでに2019年7月から個肌対応ブランド「APEX」における完全デジタル化を実現しています。

具体的に言うと、個肌対応ブランド『APEX』の肌分析サービスは、これまで独自の肌チェッカーとカウンセリングシートを用い、お客さまの情報を取得してその分析結果をアドバイスシートにより返却していました。ですが、今回の肌分析の完全デジタル化で環境負荷の低減にもつながりました。これを皮切りに、大幅な紙・プラスティックの削減や、長年実施している主力商品のリフィル化や従来の紙パンフレットのデジタル化、そして森林認証紙やフェアトレード香料の使用、さらにマイクロビーズ対応など「お客さまの嬉しい」と「地球にやさしい」の両立に取り組んでいます。

ポーラ
ポーラを代表するブランドである「APEX」では、パッケージのリフィル化(左)と、紙が主流だったパンフレットをデジタル化(右)し、貴重な資源の削減に繋がった。

一方で化粧品とは、使用感や見た目だけでなく、“使い終わった後の心地良さ”まで追求するものと考えています。そのためのパッケージ面においても、ブランド最高峰の「B.A」シリーズは、業界に先駆け、高級スキンケア分野ではいち早くリフィル(付け替え容器)の販売などに取り組むなど、「デザインと環境対応の両立」を実現しています。また、商品のリニューアル時には、順次再生しやすい容器設計に切り替えるなど、継続的な環境負荷低減にも取り組んでいます。そのため9月にリニューアル発売する新「B.A」シリーズも、WEBパンフレットへ切り替えを行っております。

また昨今海洋汚染/食物連鎖への影響が懸念されているマイクロプラスティックに関しても、一部のスクラブ剤などに含まれるプラスティック微粒子を(使用時の感触などに影響することなく)天然由来素材に処方変更して環境負荷低減に取り組んでいます。

さらに企業努力として、働き方改革と連動したオフィス環境での負荷低減にも取り組んでいます。残業や休日出勤抑制による電力量削減はもとより、ペーパーレス化による業務効率アップや、保管スペースの有効活用などを進めています。また、ごみの分別を進め、リサイクル率を高める取り組みも各事業所で実施しています。

ーー昨今は世界的に“ジェンダーフリー”など、これまでの社会で“壁”とされてきたものが解消される方向に動いています。ブランドとして、他にはないユニークな社会的な取り組みはありますか?

ポーラは“人”を大事にする企業であり、そのためのSDGsを大きく掲げています。その中には、ジェンダー、年齢、地域格差等々様々な“壁”を解消し、ダイバーシティを推進するための取り組みも含まれています。例えば、現在「ポーラ」の女性役員の割合は全社員の40%で、うち管理職は30%です。意欲と能力があれば、ジェンダーや年齢、障害の有無や国籍に関係なく個人の能力を十分に発揮できるよう、ライフスタイルの変化に合わせた働き方や環境づくりに取り組んできました。一方で地域活性化の取り組みとして「秋田美人」(秋田県)「博多美人」(福岡県北九州市)といった「美」にこだわりを持つ都道府県と連携を締結し、地域活性化や課題の解決に取り組んでいます。この点はポーラならではのユニークな取り組みと言えるでしょう。

ーー「美」といえば、新体操「フェアリー ジャパン POLA」のビューティーを手がけるオフィシャルサポーターでもありますが、ビューティーとスポーツに対してどのようなヴィジョンをお持ちですか?

ポーラ フェアリージャパン
すらりとした完璧なプロポーションに、豊かな演技力で定評のある杉本早裕吏選手(写真左)がキャプテンを務める「フェアリー ジャパン POLA」。リオオリンピック日本代表として堂々8位に入賞した彼女を筆頭に、美しいスタイルと見事な表現力で世界を魅了する新体操日本ナショナル選抜団体チーム(写真右)が次のオリンピックで狙うのは、もちろん金メダルだ。

まずポーラのヴィジョンは、「輝く女性の生き方を応援し、美しく豊かな社会づくりに貢献できる企業を目指す」というものです。その企業活動の一環として、夢に向かって頑張る女性たちをサポートしていきたいという思いから、2007年8月より新体操ナショナル選抜団体チーム「フェアリー ジャパン POLA」オフィシャルパートナーとしてビューティーサポート活動を行なっています。2014年8月からは、そのサポート活動を日本代表選手“個人”にまで広げました。

ポーラ フェアリージャパン
精度の高い正確な演技をこなす優れた身体能力や柔軟性とともに、表情やスタイルを含めたトータルな美のアーティスティックインプレッションも加点対象となる新体操。そんな彼女たちの世界に誇る「日本の美」を輝かせるのが、ポーラ美容コーチの河野伶佳さんだ。彼女の指導のもと、各選手徐々に個性と美しさが輝き出してゆく。

ポーラが創業当初から一貫して大切にしてきたのは「一人ひとりに向き合ったパーソナルなサービス」です。そしてこの活動は、ポーラが長年培ってきた美容の知識とスキンケア&メークの技術、そして個々に向き合ったパーソナルなサービスの経験があればこそ実現したものです。ポーラならではのこの強みを、芸術性が求められる新体操選手たちが世界の舞台で美しく輝くため、ひいては「美しく生きる」社会の実現のために活かしていきます。

「環境への取り組み」には、様々なアプローチがある。地球環境への取り組みはもちろん、「地方創生」が叫ばれるずっと以前から、地域社会との共創など「社会」と言う環境変革のため「美」で取り組んできたのがポーラだ。昨今特に地方で進む高齢化や人口減少にも、ポーラの「ビューティーディレクター」たちが自身が生活する地域の課題に寄り添い、女性と子供のための職業体験イベント「初めてのお仕事プログラム」などの活動を通じて、活性化のための様々な取り組みを行っている。さらにがんと共に生きることに向き合った「がん共生プログラム」や子育てとキャリアの両立支援など、ポーラが取り組んできたものは、“今”の社会で私たちが「美しく生きる」ために最も必要としているものばかりだ。真摯なものづくりの姿勢、先進の技術、そして社会の一歩先を見る確かな目と、単なる化粧品会社の枠を超えた幅広い活動には、目を見張らざるを得ない。ポーラが創業100周年を迎える2029年には、きっと誰もが美しく活躍できる時代になっていることだろう。

ヨガやスポーツを楽しむ男性・女性に、ポーラからのおすすめ

ポーラBA
B.A ライト セレクター SPF50+・PA++++ 45g ¥12,100(税込)/ポーラ 問い合わせ先:0120-117111

ポイントメークは別として、ヨガやスポーツで汗をかくことや、昨今のコロナウイルスの影響で運動中でもマスク着用が義務となっている以上、ベースメークはなるべく色移りのない肌に負担のかからないものを、と誰もが思うはず。そんな時におすすめしたいのが「太陽とともに、生きていく」というポジティヴなメッセージでおなじみの日中用クリーム・日焼け止めのベストセラーのB.A ライト セレクターだ。「美容成分たっぷりで肌を美しく演出すると同時に、肌を育む赤色光は積極的に通してスキンケアしつつ、肌に悪影響を与える近赤外線や紫外線は国内最高値でカット。ヨガスタジオやジムなどの室内でも、赤色光も紫外線も容赦なく入り込みます。屋外の太陽の下でも、どちらのシーンでもお使いいただきたい製品です」(岡本さん)

ポーラBA
B.A ウォッシュ 100g ¥11,000(税込)/ポーラ 問い合わせ先:0120-117111

朝は穏やかに自分自身を整え、新しい1日に向け開放的な気持ちへいざなうように。夜は1日頑張った自分をいつくしみ、高揚から充足へと気持ちをシフトさせる時間へ。

「ヨガを楽しまれる方は、朝の活動の開始のヨガや、夜のお休み前の瞑想と一緒に行うヨガなど、様々かと思います。B.A ウォッシュは肌に吸いつくような高弾力な濃密泡でしっとりとやわらかな肌に洗い上げるみずみずしくすっきりとした香り立ちで穏やかに整う香りねっとり泡が、泡マスクのような濃密な厚みで肌を包み毛穴(角層)の汚れまでからめとります」。新B.Aシリーズはスキンケアステップの一つひとつに意味を見出し、ケアの時間を自分をいつくしむ時間へと昇華させるために、シプレフローラル調をベースにアイテム毎に移ろい重なっていく香り「シプレフローラルアレンジメント」を採用している。「肩の力を抜いて姿勢を整える、みずみずしくすっきりとした香り立ちで穏やかに整う香りは、まさに男女ともにおすすめです」。

ライター/横山正美
ビューティエディター/ライター/翻訳。「流行通信」の美容編集を経てフリーに。外資系化粧品会社の翻訳を手がける傍ら、「VOGUE JAPAN」やデジタルメディア「VOGUE CHANGE」等でビューティー記事や海外セレブリティの社会問題への取り組みに関するインタビュー記事等を執筆中。

元記事で読む