1. トップ
  2. ドランクドラゴン冠番組150回突破!今後の野望を聞く

ドランクドラゴン冠番組150回突破!今後の野望を聞く

  • 2020.10.1
  • 1071 views
「ドランクドラゴンのバカ売れ研究所! 」より、ドランクドラゴン、大原実咲季
撮影=永田正雄

【写真を見る】「ドランクドラゴンのバカ売れ研究所! 」のセットに置かれているフィギュア。ここをこうこうこう

BS12 トゥエルビで放送中の「明日のヒット商品を探せ! ドランクドラゴンのバカ売れ研究所!」。冠番組が放送150回に到達したドランクドラゴン・鈴木拓(すずき・たく)、塚地武雅(つかじ・むが)にインタビューした。

2014年に放送を開始した「ドランクドラゴンのバカ売れ研究所!」は、今後バカ売れ(ヒット)する可能性のある商品・サービスの特徴やスペックに鋭く迫り、 独自のユニークな実験で分析していくバラエティー。これまで300点近くを紹介している。

ヒット商品を探す研究所を設定、この研究所の鈴木所長と塚地副所長に対して、提供企業自身がセールスポイントを紹介するスタイル。研究所の秘書は、大原実咲季が務めている。

「ドランクドラゴンのバカ売れ研究所! 」より、ドランクドラゴン、大原実咲季
撮影=永田正雄

企業の方々をサポートするのは、本田兄妹(本田あやの・ひでゆき)、ねば〜る君、納豆お兄さん、岡野陽一、アナクロニスティック(長谷川巧貴、ホビー)、いかちゃんという芸人やキャラクターたち。彼らは、一風変わった実験やストレートに体を張ることを通じて商品・サービスの実力を可視化する。

時には鈴木所長・塚地副所長も商品を体験。実感と吟味によって「バカ売れ候補」認定・非認定を判断するという形式を取る。

同番組は、2020年9月、150回に到達。この10月からは放送時間が毎週土曜昼4:00‐4:30の放送に変わることになった。

そこで、新作収録直後のドランクドラゴンにインタビューを敢行。冠番組のスタートから6年・150回に到達した思いや、番組で今後チャレンジしたいことなど野望を聞いた。

「ドランクドラゴンのバカ売れ研究所! 」より、ドランクドラゴン
撮影=永田正雄
「ドランクドラゴンのバカ売れ研究所! 」より、ドランクドラゴン
撮影=永田正雄

――9月に番組は150回を迎えました。まずはその感想を聞かせてください。

塚地:この秋に7年目に入るという。今、そんな番組、なかなかないですよね。

鈴木:ね! たいていは短い期間で終わってしまうじゃないですか。長くやらせてもらえてるのはありがたいし、毎回楽しいもんね。これだけ自由にやらせてもらえる番組もないですし。登場する商品に対し、批判的なことを言っているときは、普通どっちかが止めなきゃいけないのに、自由に思ったことをしゃべってる。

それが150回。あまり大々的にそれを言わないのもこの番組っぽいなと思います。最後にちょろっと、(150回でも)番組の頭では何もなかったからね。

塚地:そうね。

鈴木:エンドトークで「7年目です」とか、「150回目だったんです」とかちょろっと。だったら本編でもうちょっと言えばよかったのに(笑)。

塚地:ふわっとしたことは言ってるけど、実は記念すべき回だったんだ、みたいな。

鈴木:でもありがたいことですよね。ずっと自由にやらせてもらって。意外と商品について辛らつなことを言っているんですけど、あまり社長さんが怒らないよね、今まで一度もない。

塚地:みんなニコニコして聞いてくださるから、楽しい雰囲気でやれてる。ただ、こういう系の番組としては、たぶん正しくない(笑)。正しくないやり方でやってるんですよ。「帰ってください」とか、そんなの絶対ダメなやつですよ。

鈴木:「また噓つきましたね」とかね。

塚地:他の同種の番組ではあまり見られないスタイルですよね。ひと味違うことをやってる。それに対して企業の方が笑ってくださって、みんな楽しんで「面白かったです」と言って帰っていかれる。

鈴木:商品の実力や企業の方の言葉に疑惑の目を向けるような発言も、面白がってくださるんですよね。

塚地:我々的にも、よその番組にコンビで呼ばれるとちょっと立ち位置が違うんですけど。

鈴木:そうそうそう。

塚地:冠番組でもありますし、一番自分らの素が出ている番組だと思います。

「ドランクドラゴンのバカ売れ研究所! 」収録の様子
KADOKAWA

――他の商品を扱う番組との差別化は意識されますか?

鈴木:そうですね。やたらめったらほめるってことはしないようにしてきたのは確実だよね。

塚地:まぁ、嘘をつかないようにしているところはありますかね。我々芸人がやっちゃうと、嘘か本当か分かんなくなっちゃうから。

商品を紹介するだけの番組ではなく、スタッフさんがちゃんとバラエティーに落とし込んでくださってるから、ちゃんとお笑いの番組になってると思います。用意してくれるVTRもやっぱり面白いし、アシスタントも芸人が多いので、面白いことをちゃんとしたバラエティーとしてやってる自負はありますね。

鈴木:もしかしたら企業の方は「もうちょっとこうしてくれよ!」と思ってるかもしれませんけどね。やってるうちに俺も塚っちゃんもどんどんズレてって、楽しんじゃうところがあるから。

塚地:でも、一度別のある商品紹介番組に出たことがある人が番組に来たことがあって、こっちのほうが笑顔が多かったんです。我々も楽しんでいるし、あんまり決め決めで進めるよりは、ちょっと崩されたほうが素で楽しめる、みたいなところもあるんじゃないのかな。

――いろんな商品が登場した中、記憶に残るものを教えてください。

鈴木:番組に登場する商品は本当にすごいんですよ、本当に! 潜在能力を引き出してパワーアップ!みたいなことが実際に起こっちゃう。こっちだって初め「またこんな噓みたいなもの持ってきたな」と思うんですけど、試すうちに「なんだこれ!」って驚きに変わる。だから、いーっぱいありますよ。

塚地:うん、いっぱいある。

鈴木:番組で知った商品を探しに行ったこともあるし、スタッフさんにあらためて教えてもらったり、よくあります。

塚地:俺は、ソーラーパネルのリュック。普通にサイトで買いました。

鈴木:昔、トリュフのスプレーっていうのが出てきたんですけど、めっっちゃうまかったんですよ。どんなものでもトリュフの香りと味に変えちゃうスプレー。いろんなところで探しましたし、ディレクターさんにも「どこに売ってますか?」って聞いて。俺がそう言いだしたのが放送からずいぶん後だったので「もう売ってないですね」って言われて(笑)。

ドランクドラゴン・塚地のお気に入り「キャリー サカサ」。たくさんプレゼントしたとか.
KADOKAWA

塚地:キャリーサカサっていう、さかさまに開く傘。それも梅雨時期にいろんな人にプレゼントしましたよ。面白がってくれるし。

鈴木:めっちゃすごいよ、あの傘。

塚地:持ってるだけで「何ですかその傘?」って言われるから。じゃあこの傘誰かにプレゼントしたら面白がって喜んでくれるだろうと、いろいろプレゼントしましたね。

ドランクドラゴン・鈴木も愛用の「リフレッシューズ」
KADOKAWA

鈴木:今も使ってるんですけど、リフレッシューズっていう靴の乾燥機。靴の臭みが一切無くなるんですよ。俺すげえ足臭いんですよ。

――(笑)

鈴木:アホほど臭くて子どもにも嫌がられるくらい。使いだしてから臭くなくなって。生活が本当に変わったんですよ。

塚地:テングリル(TENGRILL)っていう、グリル。

鈴木:ああ、ミント色の。

塚地:別番組(「アメトーーク!」)でちょっと紹介したらすげぇ問い合わせがあったらしい。

鈴木:ちょっと待って。別番組で紹介して、問い合わせがそっちのほうにいっちゃったらだめだろ!

塚地:おうち時間に「肉焼いて食べてます」って語るところで映っただけなんですよ。見た人が「それ何!」ってなって、「塚地が使ってるグリルは何なんだ」って問い合わせが半端なかったらしいです。

鈴木:ホントに生活が変わりましたよね。

塚地:スタッフさんが、実にユニークな商品を見つけてくださる。我々のテンションが上がるようなものをね。ウイットに富んでいるものとか、自分が持ってるだけで食いつかれる商品も多い。これはすごいことだと思うんですよね。

鈴木:ホントすごい。時代の移り変わりとか、科学の進歩を、この番組やってると感じます。

塚地:モデルルームみたいなところに「バカ売れ」で紹介した商品全部を配置したらすごいいい部屋になるよな。

鈴木:そう! だと思いますよ。

「ドランクドラゴンのバカ売れ研究所! 」は、2020年10月より毎週土曜昼4:00~放送
KADOKAWA

―—研究員への思いも少し伺えますか。

鈴木:みんなかわいいですしね。長年やってるのもあって、売れてほしいですけど。唯一この番組でダメなのは研究員だと思いますよ(笑)。

塚地:バカ売れしてくれないですしね。

鈴木:そうそう。かわいいんですけどね。ちょっとしたきっかけで、トン!と行かないかな~なんて思ってるんですけど。そこは商品のほうが数十倍すごい。

塚地:でも事務所の後輩たちと絡む機会なんてそうないから、この番組があることでいろんな個性を知れる。なおかつ本人たちもバラエティー番組に対する姿勢を学んでる。ライブだけじゃ分からない部分とかもね。

鈴木:テレビの現場をね。

塚地:ここで経験を積んで、いざ他の番組に出るときに「こういうときはこうしたほうがいいんだな」みたいなのが生きてきたら、いいなとは思うんですけどね。

――アドバイスを収録後になさることは?

塚地:あ、全然しません。

鈴木:打ち上げのときとかは、「どうしたらいいですか?」って俺んとこ通り過ぎて、全員塚っちゃんとこ行きますけどね。「なんだこいつら、俺に聞かねえのか?」って(笑)。でも具体的に俺らからどうしろああしろは言わないですね

塚地:逆にむしろスベったところをイジるって感じだから。

鈴木:はい、ネチネチと。

塚地:「あそこスベってたな」「やめてくださいよ!」みたいなので学んでいってくれれば、っていう感じもあったり。

鈴木:この番組だけじゃないかな~。塚っちゃんて、「悪塚地」ってのがあるんですよ。で、他の番組じゃもう、フリもしっかりこなして、ちゃんとボケて、それでオトす、みたいな、塚っちゃんのパーソナルの部分はそんなに悪い感じは出てないんですよ。この番組だけですよ、意地悪な塚っちゃんが見られるのは。

塚地:自由にさせてもらえるから。他の番組に出るときはポジションが決められていることが多い。ここはもう、自由にさせてもらってるんで。

鈴木:だから、珍しいんじゃないですかね。

――最後に、今後のことを。商品プロデュースなど、野望は抱かれていますか?

鈴木:確かに、研究所で今までのノウハウを集めたらね。

塚地:確かに。

鈴木:研究所で今までやってきたことから、これとこれとこれを組み合わせて出来るわ、っていうのあるね。

塚地:よくあるのはデザイン考えてその商品を…みたいなのあるじゃん。じゃなくて、ホントに商品を一から考えられるくらい。

鈴木:ツテもあるし。

鈴木:毎回番組で、「もっとこうしませんか?」みたいなことを言ってる。

塚地:たくさん言ってるんですよ! 提示されたアイデアに対して、もっとこうしたほうがいいですよみたいなのは、ボケ気味に言うんだけど、「いいですね!」という顔をされることが多い。

鈴木:我々、無償で言っちゃってるんでね。

塚地:そう考えると、たぶんたくさんあるんですけど、いかんせん収録では、言うことしか考えてないから。

鈴木:ただノリとして言っちゃってて。ボケて受けりゃいいかなと思ってるので。傘に電磁波を付けて傘が浮きながらグルグル回るようなのとか。何の意味もねえや(笑)

「ドランクドラゴンのバカ売れ研究所! 」より、ドランクドラゴン
撮影=永田正雄

――開発するなら、その種類は?

塚地:食品系とか、開発出来たらいいですねえ。調味料とか。バカ売れナントカで、「バカ売れラーメン」とか、「ばかうけ」みたいなのを。

鈴木:いやあるわ! そういうせんべいあるよ!

塚地:「バカ売れ」って名前にしてさ、味変わらずに。

鈴木:そのままの味で?

塚地:なんかそういう引っかけ方をしてできたらね。

鈴木:いいですよね。今度皆で工場に行って、商品ができる過程を見ていくみたいなのも楽しいでしょうし。地方へ皆で行って…ただ旅行がしたいだけだけど(笑)。

塚地:名産みたいなのを味わって、それをヒントに。

鈴木:これだ!っつって。

塚地:全国各地を回るコーナーを作ってね。一年を通して、最終的に何か商品を作る。

鈴木:面白いね。せんべい工場に行って、バカ売れせんべいをね(笑)。

塚地:カレーなら、バカ売れカレー。確かに、食品だと広がるし、見てもらってる人も「あ、ちょっとそれ食べてみようかな」みたいに思うと、ホンワカするじゃないですか。見てくださっている方に、ある種プレゼントみたいなことができたら。

鈴木:そうね、恩返しできるように。見る人に楽しんでもらえるような企画ができれば一番いいですね。

【写真を見る】「ドランクドラゴンのバカ売れ研究所! 」のセットに置かれているフィギュア。ここをこうこうこう
撮影=永田正雄

10月3日放送内容

3日の「バカ売れ候補」には、「中華クリスピーチキンシーズニング」が登場。多くの家庭で使われる「ガラスープ」「四川豆板醤」を販売する企業の商品。それだけにドランクドラゴンの期待値も上がる。

唐辛子は、香りが良く辛味の少ない品種を使用しており、見た目ほどは辛くないという。また、フライドオニオン等の使用でサクサクの食感が持ち味という品を、チキンとしゃぶしゃぶのタレにたっぷり加えて試食する。

「ドランクドラゴンのバカ売れ研究所! 」10月3日(土)放送より
KADOKAWA

2つ目は温度によって固さが変わる万能スポンジ「Scrub Daddy(スクラブダディー)」。特殊素材で固さの変化を実現。研磨剤が入っていないので、テフロン加工やステンレス製の鍋の汚れもゴシゴシ洗うことができる。水切れがよく、スポンジ自体の汚れも落ちやすく、清潔さを保てることも売りという。

「そんなスポンジあるわけない!」と疑うドランクドラゴン。実験では驚きの結果が出る。

「ドランクドラゴンのバカ売れ研究所! 」10月3日(土)放送より
KADOKAWA

(ザテレビジョン)

元記事で読む
の記事をもっとみる