1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「いい結婚相手」に簡単に巡りあう方法【ひとみしょうの男子学入門】

「いい結婚相手」に簡単に巡りあう方法【ひとみしょうの男子学入門】

  • 2020.10.1
  • 3035 views

数々のWEBメディアで恋愛コラムを執筆し、恋に悩める女性たちを救済してきた恋愛マイスター・ひとみしょう。長年の経験から培った独自の恋愛論で男心を解説します! 出会い、交際、別れ、結婚…などにまつわる“男の本音”をこっそり教えましょう。

■恋愛マイスター・ひとみしょうの男子学入門106

いい結婚相手に巡りあいたいと思うなら、自分自身がいわゆるいい女でいなくてはならない……そのために自分に欠けているものはなんだろう……といった感じで「自分に欠けているもの」を数えて、それを埋めていく人がいますね。

でも、そんな努力をするより、もっと簡単にいい結婚相手に巡りあう方法があります。今回はそのことについてお話します。

■いい結婚相手に簡単に巡りあう方法

いい結婚相手に簡単に巡りあう方法、それは「わたしはいい結婚相手に巡りあう」と信じることです。信じるというのは、今信じるということ。今「わたしはいい結婚相手に巡りあえる!」と信じるということです。

対照的に、自分に欠けているものを見つける行為は、過去の自分との対話を要求してきます。たとえば、わたしは昔からダメ男を好きになる傾向がある……わたしの何がダメ男を引き寄せてしまうのだろうか、などと考えますね。つまり、過去の自分を掘り返す作業が、足りないものを探す作業だということです。

■いい結婚相手に巡りあえない人の問題点

過去のことは済んだことです。その済んだこととおなじ何かが未来に起こることはありません。なぜなら、あなた自身も、あなたのまわりにいる人も、時も、時代の雰囲気も、すべてのことは変化したから。

あなたが過去と思っているものはすべて変化したのです。どこかに消えてしまった。そして今残されているものは今という時だけです。

ということは、あなたの心も、「過去のダメな自分」や「過去に恋愛がうまくいかなかった自分」から解き放ってあげて、まっさらな今に馴染ませる必要があります。それが「自分を愛すること」ことであり、「心地よく生きること」です。

つねにいい結婚相手に巡りあえない人は、これがとても苦手な人です。言っていることがむずかしいと感じるかもしれないので、以下に、もう少し簡単に述べますね。

■引き寄せの法則のからくり

引き寄せの法則ってありますね。今「いいこと」をイメージしたら、未来はそのとおりになる。今ネガティブな言葉を発したら、未来はネガティブになる――これが、一般に引き寄せの法則と言われていることの大原則です。

だから、感謝しましょうと、引き寄せの法則は言います。たとえば、世界中で2400万部以上売れたと言われている『ザ・シークレット』は、ほとんど全編にわたって「感謝しましょう」と言っています(というか、それしか言っていません)。

なぜ感謝すると、「いいもの」を引き寄せることができるのでしょうか?答えは、今感謝するとは、今信じることだから、です。

わたしはいい結婚相手に巡りあえます。ありがとうございます――こう言いつつ、宇宙に感謝しましょうと引き寄せの法則は言います。それは、いい結婚相手に巡りあえると今信じるのと同義です。

つまり、引き寄せの法則とは、過去の済んだことから心を解き放って、「今」に集中しようぜ、そしたらいいことが起きるから!ということなんですね。

■過去なんてものはじつは存在しない

大切なのは過去ではなく今です。今いい結婚相手に巡りあえると信じることで、心が少しずつ過去から解放されるのです。心が過去から解放されると「まっさらな今」を「自由に」生きることができます。

なぜなのかはわからないけど、でも昔から、哲学の世界においても、宗教の世界においても、「信じることは今を生きること」とされているのです。

さらに、それらをもとにしている(こともある)現代の自己啓発においては、先に書いた『ザ・シークレット』のように、これまた「信じることは今を生きること」と、同じことを言っているのです。

今、「わたしはいい結婚相手に巡りあえる」と信じることです。今、「わたしは結婚できる」と信じることです。

――いい結婚相手に巡りあえないかもしれないと不安に思っている人は、不安に思う瞬間ごとに、自分で不安を招き寄せているのです。その瞬間はつねに今であり、過去などというものは存在しません。

キルケゴールという哲学者はこう言います。つまり、過去なんてものは、あなたの思い込みとは裏腹に、じつは存在しないのです。今、ネガティブな未来を信じるのか、ポジティブな未来を信じるのかは、あなたが自由に選ぶことができます。で、あれば、明るい未来を信じたほうがなにかとハッピーだよね?

こうキルケゴールは言っているのです。今回は、哲学を援用しましたが、哲学って意外と簡単かつ役に立つことを言っているでしょ?

ライタープロフィール
ひとみ しょう
作家/『ひとみしょうの“女たちへ!”』(ココロニプロロ)『今夜はちょっと、恋の話をしよう』(ハウコレ)『ひとみしょうのお悩み解決』『ひとみしょうの余談ですみません』(共にGrapps)ほか好評連載中。コラムの受賞歴多数(すべて小学館『Menjoy!』編集部より)。恋愛&不妊治療をテーマとした中編小説『鈴虫』好評発売中(Amazon独占販売)。
Twitter:@hitomi_sho

元記事で読む