1. トップ
  2. 「私たちはどうかしている」横浜流星“椿”ラストの笑顔に反響 “その先”を想像させるエンディングが秀逸

「私たちはどうかしている」横浜流星“椿”ラストの笑顔に反響 “その先”を想像させるエンディングが秀逸

  • 2020.10.1
  • 434 views
「私たちはどうかしている」第7話より (C)NTV
KADOKAWA

ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系)の最終話が9月30日に放送された。和菓子屋・光月庵のクールな跡取り息子・高月椿を演じた横浜流星。最終話では、これまで見せてこなかった屈託ない笑顔をのぞかせるシーンがあり、注目を集めた。(以下、ネタバレがあります)

【写真を見る】横浜流星&浜辺美波の笑顔オフショット!!

次々と明らかになった驚くべき真実

金沢の老舗和菓子店・光月庵を舞台に、和菓子職人の七桜(浜辺)と跡取り息子・椿の恋愛模様をサスペンスタッチで描く同作。原作は、安藤なつみによる同名漫画だ。

七桜にとって椿は、かつて母親を殺人事件の容疑者に名指しされた因縁の相手。事件の真相を知るため、七桜は素性を隠して椿のいる高月家へ。嘘の夫婦になろうとしていた。だが、椿の母・今日子(観月ありさ)の妨害もあり、光月庵が火事に見舞われた夜、七桜は高月家を去った。

それから3年。最終回では、七桜と椿が対決した結果、光月庵の後継ぎは椿ではなく、七桜に定められた。また、椿の本当の父親が多喜川(山崎育三郎)の父親だったこと、樹を殺害したのが当時高校生だった多喜川だったことも明かされた。

「俺が帰る場所は一つしかない」

謎だった部分が解き明かされ、サスペンス要素が盛り上がりを見せた最終回。七桜と椿の間の恋愛エピソードもクライマックスを迎えた。

光月庵の当主としての生活をスタートさせた七桜。だが、一つ一つの判断に「光月庵」の看板の重圧がのしかかり、今更ながら七桜は椿の偉大さを思い知らされていた。一方、椿は負傷した目の手術を受けることに。2人は別々の道を歩き出していた。

椿に戻ってきてほしい――。七桜を含め、光月庵の面々からはそんな気配が感じられるが、職人・富岡(岡部たかし)の「ここに戻るってことは、七桜さんの下で働くってことだ。簡単なことじゃないだろ」という一言が、一同を現実に連れ戻す。

それでも思いを断ち切れず、椿のもとへ駆け出した七桜。ラストシーンは、「光月庵に戻ってきて。光月庵には…私には、椿が必要なの」と思いを伝えた七桜を椿が抱きしめ「俺が帰る場所は一つしかない。ずっと俺のそばにいてくれ。七桜、好きだ。お前を愛してる」と応えるシーンだった。キスを交わした後、椿は初めて、心からの屈託ない笑顔を見せた――。

自分は高月家の本当の子どもではないかもしれない。“さくら”が高月家の本当の子どもなのかもしれない。七桜が“さくら”かもしれない…そんな疑念を抱えながらの日々を過ごし、すべての困難を乗り越えた末に初めて見せた笑顔が胸に迫る。視聴者からも「椿さまの見たことない笑顔…!!」「この笑顔が見られてよかった」「最後、いい笑顔で終わってくれて余韻がすごい」といった声が上がる。

跡取り息子として育ってきた椿ではなく、七桜が跡を継いで歩んでいくドラマ版「わたどう」の“その後”の世界。2人手を携えて…とはいえ、古いしきたりや考え方が根強い和菓子業界でのことだから、完全なるハッピーエンドではないのかもしれない。“それでも、どうしても惹かれてしまう”、そんな心境を映した椿のとっておきの笑顔がまぶたに残る最終回となった。

「私たちはどうかしている」は「TVer」で最新話を無料配信しているほか、「Hulu」では全話配信中。(ザテレビジョン)

元記事で読む
の記事をもっとみる