1. トップ
  2. 劇団ひとり、ウイカ、DJ松永がスルーできない人を“任意同行”!「番組のスターを見つけたい」

劇団ひとり、ウイカ、DJ松永がスルーできない人を“任意同行”!「番組のスターを見つけたい」

  • 2020.10.1
  • 1256 views
「『任意同行』願えますか?」でMCを務める劇団ひとり、ファーストサマーウイカ、DJ松永が取材に応じた
(C)YTV

【写真を見る】アンケートから「スルーできない人」を妄想全開でプロファイリングする劇団ひとりら

10月1日(木)からスタートする新バラエティー番組「『任意同行』願えますか?」(毎週木曜夜11:59-0:54、日本テレビ系)。今回、MCを務める劇団ひとり、ファーストサマーウイカ、Creepy Nuts・DJ松永に取材を行い、見どころや意気込みを語ってもらった。

同番組は、2020年3月に放送されて話題になった特番のレギュラー化。「面白そう! でも実態はよく分からない」という人々を対象に集めたアンケートから、MC3人が回答者の人物像を妄想全開でプロファイリングしていく。

そして、その中から「スルーできない」と思った人を自らキャスティングし、スタジオに“任意同行”。言葉巧みな3人が言いたい放題ぶった切りながら、その人の実態に迫っていく“人間ドキュメントバラエティー”だ。

ひとりさんがいれば何でも成立するなって思う

MCを務める劇団ひとり
(C)YTV

――まず、番組の見どころと意気込みを教えてください。

劇団ひとり(以下、ひとり):普段接することのない職業の方々と深い話ができるので、僕らも会話を楽しんでいます。視聴者の方もきっと喜んでくれる内容になっていると思います。

ファーストサマーウイカ(以下、ウイカ):変わった職業の方から趣向…例えば年下彼氏を持つ女性のような、周りにいるけれども深く話を聞いたことのないような人たちのプライベートな部分や経緯など、一人の人生を見ることができる番組です。

DJ松永(以下、松永):地上波の番組でレギュラーを持つことが初めてで、いまだになぜ俺に声が掛かったのか分かってないので、すごくドキドキしています(笑)。お二人の足を引っ張らないようについていくので精いっぱいですが、頑張っていきたいと思います。

――それぞれの印象を教えてください。

ひとり:ウイカちゃんは、ものすごく気を使っていて。僕らのこともそうだけど、ゲストの人をさらっとフォローしてくれる。松永さんは童貞っていうイメージ。

松永:変えていきたい(笑)。

ウイカ:この番組で変えていきましょう(笑)。でも貴重ですよね、ここ(ひとり、ウイカ)がガンガン攻めちゃうから。

ひとり:そうですね。(松永は)中和剤というか、オアシスになってくれています。

ウイカ:MCとしての進行方法やゲストの方との絡み方など、分からないことばかりなのですが、ひとりさんがいたら現場がどうなっても大丈夫っていう安心感があります。松永さんはミュージシャンという側面もあるので、思い浮かばない方向からのツッコミや質問があって。その見方があったか、って思うことがたくさんありますね。

松永:二人とも手慣れすぎていて(笑)。ひとりさんがいれば何でも成立するなって思いますし、ウイカさんも全員に気を配っているのが肌で分かるというか。お二人には救われています。僕も頑張りたいです。

ひとり:松永さんはね、思ったことをその場で言わないで、後でラジオで「あの二人やりづらいなー」みたいに悪口言ったりするから。気を付けないと(笑)。

【写真を見る】アンケートから「スルーできない人」を妄想全開でプロファイリングする劇団ひとりら
(C)YTV

すごいことなのに、みんなにスルーされた(笑)

――コロナ禍において、新番組が始まると聞いた時はいかがでしたか?

ひとり:このような大変な時期に新番組が立ち上がるとは思っていなかったです。うまくセットが組んであるので、いわゆるコロナ対策が気になることもないんじゃないかな。

ウイカ:個々の人生や性質を暴いていくような題材の番組なので、スタジオ収録が再開できただけで番組を作れるというところも、内容と状況がマッチしたのかなと思います。

松永:音楽ライブや舞台だと、通常通りにはできないじゃないですか。でも、このセットは「ディスタンス取ってます!」感が全くないというか、今までと変わらず収録ができているなと思います。でも、(スタッフの方々が)コロナ対策に気を使ってくださっているので、ありがたいですね。

ひとり:確かに、ディスタンス取っているように見えないんですよ。あまり距離を感じないセットというか、椅子を大きくしたりして距離を狭めているように見せているらしいんですよね。 こんなに豪華なセットなかなかないよね。

MCを務めるファーストサマーウイカ
(C)YTV

――“スルーできない人”を呼んで話を聞く番組ですが、皆さん自身が最近「スルーできないな」と思ったことはありますか?

ウイカ:最近スーパーの袋が有料化されたじゃないですか。それに便乗して紙袋まで有料化しているのはスルーできないです。環境問題においてプラスチックがダメだからビニールは値段がついているのに、「紙はよくない?」「なんで!?」みたいな(笑)。

ひとり:スルーできないというか、スルーされたことなんですけど、今年『日経エンタテインメント!』(日経BP社)で、「好きなお笑い芸人」の第3位に選ばれたんですよ。1位がサンドウィッチマンで、2位が(明石家)さんまさん。これは結構すごいことなのに、みんなにスルーされていて(笑)。誰もいじってこないから、非常に悲しいです(笑)。

ウイカ:めちゃくちゃ好感度高いんですね!

ひとり:高いんだよ! 初めてだよ! それまでずっと圏外だったの。1回も(ランキングに)入ったことないのに、今年になって急に3位になったの(笑)。偶然だろうけど、3位に入ったことは誇らしいのに、スルーされた(笑)。

――松永さんはいかがですか?

松永:相方(R-指定)がいるんですけど、めちゃくちゃ遅刻するんですよ。どの仕事でも10~20分くらい遅刻して、時間通りに来ることがなくて。でも、逆に俺がミスしてもそれが際立たないので、すごく楽だったんです。しかも遅刻を許すことによって、俺の心が広いなって感じだったんですよ。でも最近、遅刻癖が改善してきて、分が悪いなと思っています(笑)。

劇団ひとり
(C)YTV

「任意同行」される人の中から、スターを見つけたい

――今回、1クール全10回と期間が決まっていますが、反響による再レギュラー化、長寿番組化などについて皆さんの中で意欲はありますか?

ひとり:僕「ゴッドタン」(テレビ東京系)っていう番組を十数年やっているんですけど、まさに特番を1回やって、評判がいいから“お試しレギュラー”で11回やって、それが今も続いている。そんなふうになれたらいいなと思っています!

MCを務めるDJ松永
(C)YTV

――長寿番組にしていくための秘訣などはありますか?

ひとり:やっぱり、番組のスターを見つけなくちゃいけない。僕らが頑張るのは当然のこと。“任意同行”される人の中から、スターを見つけていきたいですね。

ウイカ:そういう面では、すでに一人見つかっていますよね…?

ひとり:お試し中の方ね! それはオンエア見てもらえれば、今この人を試しているんだなっていうのが分かります(笑)。ここで初めてテレビに出た人が、他のテレビ番組に出るようになることが僕らMCやスタッフの願いの一つ。そのアシスタントをできるように、面白いトークを引き出せるように頑張ります!(ザテレビジョン)

元記事で読む