1. トップ
  2. レシピ
  3. 【全員が泣いた!】常夏の島、澄み渡る海。グアムインターナショナルマラソン挑戦記①

【全員が泣いた!】常夏の島、澄み渡る海。グアムインターナショナルマラソン挑戦記①

  • 2015.5.13
  • 1814 views

【全員が泣いた!】常夏の島、澄み渡る海。グアムインターナショナルマラソン挑戦記①

【マラソン部ニュース】vol.19 文・anan総研編集部

4月12日に行われた「グアムインターナショナルマラソン2015(GIM)」に、anan総研マラソン部が挑戦しました。

挑戦したのはこの4人

フルマラソン2回目の斉井夕絵さんと遠藤朋美さん、そして初挑戦の尾谷萌さん、吉田まりみさんが、完走を目指して、グアムに向かいました。今回は座談会形式で、その挑戦の軌跡を追いかけたいと思います。

4回にわけてお送りする挑戦記、まず第1話は、羽田空港〜前日の夜まで、をレポートします。

「いってきまーーす」。左から、尾谷萌さん(no.63)、遠藤朋美さん(no.65)、吉田まりみさん(no.153)、斉井夕絵さん(no.34)。成田空港にて。 -「GIM」に向けてどのような練習をしてきましたか?

斉井 週2、3回でポイント的に早く走るのと、週1で長い距離を走りました。「おきなわマラソン」の時の練習よりスピードを速めにしたくらいで、同じような練習をしました。でも2週間前練習中転んじゃって・・。

吉田 いまでも右ひざに絆創膏つけてますよね。

斉井 うん、だから練習中止。1週間前からは軽いジョグを始めたけど。

遠藤 私は、2月の「おきなわマラソン」のフルを走り、「もう長距離は走れる筋肉は付いている」と感じたので、目標の4時間を切ることができるようにタイムを意識して練習。平日は2~3日に一度6~7km、休日は距離を伸ばして走りました。

尾谷 ドディ(遠藤さん)、一番走りこんでたよね。ツイッター見てて、すごいと思ってた。

遠藤 今回は足の痛みや怪我もなく「いい感じに調整できたな」って。

-尾谷さんと吉田さんは初マラソンですよね。準備はうまく行きましたか?

尾谷 2月末に「GIM」に出場が決まってからは、平日は週2回、約10キロ。週末は20キロくらい走っていました。

吉田 私も同じ頃から本格的に練習を始め、毎週2回の練習を心がけて5〜15kmを走りました。でも・・実際は週1くらいしか練習できてなかったと思います。

到着直後、グアム空港にて。湿度の違いでカメラのレンズが曇る。 -成田空港からユナイテッド航空で約3時間半のフライト。あっというまに常夏の島に到着です。グアムの第一印象を教えてください。

斉井 リゾート! 青い海! 青い空! そして何より暑っっ!!

尾谷 日本は出発前日に雪が降るほど寒かったので、気温の違いに驚きました。

遠藤 そして、「雨がよく降るな~」と感じました。

吉田 湿気が高かったです。

尾谷 あと、海外とは思えないほど近い! あっという間だった。

遠藤 そしてさすがのリゾート地、ゴルフバックを持っているかたが多く、うらやましかったです。次回グアムに行くときは、ゴルフしてみたい!

ここはアメリカ。さっそくABCストアでお買い物。

「マラソン用のサングラスにしようかしら」とおどける尾谷さん。吉田 あと、日本っぽい! 至るところに日本人がいたことや、食べ物も日本の製品が多く売られていました。

尾谷 いきなりカップ麺とか買っちゃったもんね(笑)。

遠藤 でもただの観光じゃなくてフルマラソン走りに来てる私たちにとって、体調管理という意味で、日本でおなじみの食品が簡単に手に入るのはうれしいよね。

レース前日。意気込みは?

-今回の「GIM」。目標を教えてください。

尾谷 マラソン部メンバーから2月の「おきなわマラソン」での感動的な話を聞いて、自分もフルマラソンを経験してみたいと思っていました。海外で、しかもリゾート地グアムで走れるなんて贅沢すぎますが、海外ならではの空気や景色を感じて、楽しんで完走出来たらいいな。

斉井 沖縄で果たせなかった4時間ギリを!! タイムをできる限り上げたいんです♡ そして余裕を持って、景色を楽しみながら走りたいです。

遠藤 私も、目標タイムは4時間を切ること。

吉田 私は、とりあえず走りきること! 目標は4時間半です。

遠藤 「GIM」に出場するにあたり、練習に付き合ってくださったり、応援していただいたり、ユニフォームを提供していただいたり、「GIM」のPR活動を運営、企画していただいたり…。沢山の方々への感謝の気持ちを持って、最高に楽しい42.195kmを走り切ります!

ホテルで朝ごはん。バイキング形式で取り放題。

こちらは遠藤さんのセレクト。ドーナツが甘そう。 -マラソン前日はどのような行動をしましたか? 前日の気分も合わせて教えてください。

尾谷 朝からビュッフェでおなかいっぱい食べました(笑)。PIC(4人が宿泊したホテル『パシフィックアイランドクラブ』)が3食付でぜんぶバイキングだったから、ずっといたら確実にデブになっちゃう。

吉田 でもマラソンの場合は体力使うから、このサービスはいいかもですね。

朝9時、コースの下見に出発。

マップを見ながら下見に余念のない4人。 -コースの下見をしたそうですね。

遠藤 はい、朝ごはんの後、4人でマラソンのコースの下見をしました。美しい海が見え、走ることがとても楽しみになりました。

斉井 コースの下見をしたことで、すごくテンションが上がりました。「頑張るぞ」と気合いを入れ直しましたね。

吉田 海が本当にキレイ! こんな場所で走れるなんてどんだけ素敵なことだろうとワクワク。

コースの中で一番景色がいい海岸で記念撮影。

金メダリストの直アドバイス!

-高橋尚子選手とお話ししたとか。

斉井 GIM事務局による説明会の後、PICでゼッケンを受け取った後、エキスポに参加したんです。

吉田 スゴイ色付きのスポーツドリンクを配ってました(笑)。ユナイテッド航空のブースで撮影したり、楽しかったです。

エキスポに参加。

エントリーシートに記入して、ゼッケンをいただく。

フルマラソン(女性)の欄に自分の名前を見つけてはしゃぐ4人。

ユナイテッド航空のブースで、一足お先に、GOAL!!遠藤 そこで高橋尚子さんの講演を聴いたんですが、予定の25分を大幅に過ぎて1時間講演が続いて・・。

斉井 しかもずっと日本語で(笑)。

尾谷 そのとき聞いた「私は子猿。私は小石」というアドバイス! これがレースでホントに役立ちました! 上りは子猿のように、下りは小石のように走るという意味なんですが。

高橋尚子さんの講演。大盛況でした。

高橋選手からフルマラソン完走のコツをアドバイス。これが思わぬ効果を生むことに。尾谷 講演の後、特別に高橋選手と直接お話しする機会をいただき、超感激。

吉田 その時撮った写真は、一生の宝物です。

遠藤 私は、“ドディ”と呼んでもらいました!

斉井 ハハハ! TVや雑誌の中の人だったので、興奮してしまいましたが、プロからのアドバイスで自信と安心感が出始めて「明日はやるぞ!」とやる気に満ち溢れていました。

こちらがその宝物。 -前日の夕飯は何を食べましたか?

遠藤 高橋選手のお話の中に、「前日の夜は何を食べるのか?」という話が出てきて、「力うどんと米!」とお話されていたので、夜はちょっとだけ真似して麺類と米、豚骨ラーメンとご飯を一杯いただきました。

斉井 私もまりみる(吉田さん)も同じメニュー。17時にホテルのラーメン屋さんでね。

遠藤 とにかくみんな、「前日はカロリーを採りたいな」と考えていたので、普段では絶対に食べない炭水化物に炭水化物を重ねた晩餐となりました。

吉田 でもすごかったのがもえさん(尾谷さん)のセレクトでした(笑)。

尾谷 朝もお昼もフルマラソンに備えて、もう食べられないって限界までなるべくカロリーの高いケーキや炭水化物を時間をかけてたくさん食べた上に、夕食はミートソーススパゲッティをおかずにフランスパンと白米!

斉井 スゴーイ! 関係ないけど、アノお店の店員さん、まりみちゃんのこと気に入っていたよね。めっちゃ陽気な人。

吉田 え、そうですか?? たしかに冷たいウーロン茶を一杯ご馳走になりましたけど。

遠藤 その後ホテルの近くのABC Storeに買い物に行き、朝食用のご飯を買いに行きました。「できるだけ炭水化物を」ということで、スパムおにぎりを買いました。それが後々とんでもないところから出てくるのですが(苦笑)。

こちらがその「ミートソーススパゲッティ フランスパン添え 白ご飯セット」。 -スタートが早朝の3時というレースです。すぐ眠ることはできましたか?

斉井 ゼッケンの支度を終え、明日のレースペースを再確認した後、予定通り20時に就寝しました。意外とサクッと寝れました。

吉田 練習は特にしないで、早めに寝るようにしました。Twitterなどでたくさんの人から応援メッセージをいただきすごくすごく嬉しかったです。その反面、絶対に走り切らなきゃというプレッシャーで胃がキリキリしてました。

この後、一眠りして、4人はスタート地点へ。

続きは・・・

明日17時公開!

Information

グアムインターナショナルマラソン2016

http://www.guaminternationalmarathon.jp/

PIC(パシフィックアイランドクラブ)

http://www.picresorts.jp/pic_guam/