1. トップ
  2. ダイエット
  3. 心を癒す幸せホルモンはヨガで増やせる?【疲労回復とヨガ#13】

心を癒す幸せホルモンはヨガで増やせる?【疲労回復とヨガ#13】

  • 2020.9.26
  • 7189 views

「心を癒す力」は自分が持っている

ストレスを受けたり心が疲れても、私たちには自己を回復させる力が備わっています。肉体の疲労を回復させる力と同様、心を癒す力も持っているのです。

私はヨガ講師をしていますが、ヨガのクラスで「癒されました!」という感想をいただくことがよくあります。そのたびに私は「私が癒したのではなく、自分で自分を癒したのです」とお伝えしています。ヨガを伝え始めて8年になりますが、ヨガは心の自己回復力を高めるのだとクラスを通じて強く感じています。

ヨガを行うことで起こる「癒し」の過程には、複数の要素が絡んでいます。肉体的な緊張を緩めることは同時に心の癒しに繋がりますし、呼吸を深めることで自律神経が整い結果的に心が癒えることもあるでしょう。また、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが、ヨガの動きによって増加したという考え方もできます。

心を整えるセロトニン

「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンは、脳で働く三大神経伝達物質の1つです。セロトニンには、ストレスを軽減して免疫力を高めるという働きがあります。人はストレスを受けると緊張して交感神経が高まりますが、セロトニンが分泌されることで自律神経のバランスが整い、安定した精神状態へと導かれます。

また、筋肉に緊張感を与え、姿勢を整えたり顔の表情を引き締めるのもセロトニンの役割だそう。セロトニンには心身をシャキッとさせて「やる気を起こす」力があるのですね。裏を返すとやる気が出ない状態というのは、セロトニン不足が原因かも知れません。

不足した幸せホルモンはどうやって増やす?

このように、日常の中で心が疲れてもバランスを取り自らを回復させる力が働くことで、心は自然と癒されます。しかしながら問題なのは、ストレスや疲労が蓄積されてしまった場合です。ストレスや疲労が強すぎると、セロトニンの分泌量は減りその働きは制限されてしまいます。結果的に、心のバランスを保つことが難しくなってしまうのです。前向きな気持ちになれなかったり、無気力になったり、悲観的になってしまったり。そんな状態に陥ってしまうのは、セロトニンの分泌が制限されて不足していることが原因かも知れません。

心を癒し安定させるために、ぜひセロトニンの量を増やしたいものですね。それにはどんな方法があるのでしょうか?

セロトニンの分泌を促す方法は、主に3つあります。

・太陽の光を浴びる(特にオススメは朝)

・セロトニンが合成されるために必要な栄養素を摂る

(トリプトファン・ビタミンB6・炭水化物)

・リズム性のある運動をする

(歩く・噛む・リズム性のある運動など)

ヨガの動きはリズムに溢れている!

幸せホルモン・セロトニンの分泌を促すには、『リズム性のある運動』が効果的だとお伝えしました。ヨガの動きには、この『リズム性のある運動』が多く含まれます。

ヨガの練習をしていると、身体がリズムに溢れていると感じることがあります。クラスの始まりに目を閉じ、呼吸を観察する時間を設けることがよくありますが、呼吸は正しくリズム性を持った運動です。吸う息と吐く息を観察してみると、胸やお腹で絶え間なくリズムを刻んでいることが体感できるでしょう。このリズミカルな動きを観察しているだけで心が落ち着く、といった経験をされている方も多いのではないでしょうか?

更にクラスでは、この呼吸の動きに合わせるように動く練習をしていきます。ヴィンヤサやフローなどと呼ばれ、多くのクラスで取り入れられている動きです。私はヨガ初心者の頃、このヴィンヤサの練習を行うと心が整うことに驚いた記憶があります。理由は分からないけれど心が癒される!と感じていたのです。今思うと、繰り返されるリズミカルな動きによりセロトニンが増えることにより、心が癒されていたのかも知れません。

ヨガポーズでリズムを感じセロトニンを増やそう

最後に、代表的な呼吸のリズムに合わせたヨガポーズをご紹介します。心の疲労を回復させる方法としてぜひ取り入れてみて下さい。ガイドが必要な方のために動画も作成しましたので、一緒に行ってみて下さいね。

キャット&カウ
キャット&カウ
photo by YJ US

やり方

  1. 腕は肩幅に、足は腰幅に開いて四つん這いになります。
  2. 手の平は肩の真下に、膝は腰骨の真下につきます。手で大きなパーと作り、指は均等に広げましょう。
  3. ゆっくりと息を吸いながら、胸を前方へ引き上げていきます。
  4. 視線は天井の方向へ向け、胸を開き、喉を伸ばします。
  5. ゆっくりと息を吐きながらおへそを覗きこむようにし、背中を丸めていきます。
  6. お腹と胸を背中の方向に近づけます。
  7. 長くゆったりとしたペースで呼吸をしながら、10セットほど繰り返します。
ヨガポーズ動画(初心者の方向き)

※呼吸に合わせてリズミカルに動き、セロトニンの分泌を促しましょう。

ライター/井上敦子
20代前半、心身のバランスを崩していた時期にヨガに出会い、不眠症をヨガで克服した経験を持つ。30代半ばに勤めていた大手企業を退社し、ヨガ講師に転身。現在は、『眠りのヨガ』と呼ばれるヨガニードラを、古典的な手法に加え最先端の欧米の手法も深く学びながらクラスを展開している。15年間の会社員生活の経験から、現代人の抱えやすいストレスをリリースするクラスを得意とし、導者養成講座・コラム執筆・アプリ監修・海外リトリート主催など幅広く活動中。Instagram:@yoga_atsuko.inoue

元記事で読む