1. トップ
  2. ファッション
  3. これじゃおばさん!?アラサー女子がやりがち「おば見えTシャツ」コーデ3選

これじゃおばさん!?アラサー女子がやりがち「おば見えTシャツ」コーデ3選

  • 2020.9.26
  • 81576 views

「なんだか最近、コーデが決まらない」なんて悩み、ありませんか? そう感じたらアイテム選びやコーデ術を見直すべきタイミング! このまま放置しておくと、おばさんっぽい・古臭い・イタい・太って見えるなんて可能性も。そこで、アラサー世代に向けて「やりがちなNGコーデ」をテーマに、定番からトレンドアイテムまで、センスよく着こなすテクニックをご紹介します。
今回はアラサー女子が夏にやりがちな、おばさん見えTシャツコーデを秋仕様にアップデートします。

1、「ロングTシャツ」コーデ

丈が長いTシャツ着るとなんだかコンサバ臭が出ちゃう!

コンサバっぽく見えがちなTシャツコーデの原因は?
特にカジュアルが苦手な人は、Tシャツのラフさをセーブするために、アクセで盛ったり、強い色をアクセントを効かせてしまいがち。結果、気合い100%の時代遅れなコンサバスタイルに……。一気に老けて見えたり、おばさん感が増してしまう原因もココにあり。Tシャツを素敵に見せるために“キレイめに着る”のは大切だけど、どこかにゆるさを出したり、小物でラフさを加えて、必ず抜け感を残すことを忘れずに。

秋の着こなしで改善するなら…
・キレイめ派でも着やすいペプラムTを選ぶ
・白を選べばカジュアルすぎず上品に

ツイードジャケットを重ねて、Tシャツ+デニムも上品に攻略
きちんと感高めのジャケットを投入するぶん、キャスケットやショートブーツでラフにアレンジして脱・コンサバ。Tシャツ¥15,000(LE CIEL BLEU/ルシェルブルー総合カスタマーサービス)ジャケット¥18,000(レイ ビームス/ビームス ウィメン 原宿)デニムパンツ¥19,000(レッドカード/ゲストリスト)バッグ¥50,000(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ 表参道店)ショートブーツ¥20,000(ル タロン グリーズ/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店)帽子¥8,500(シャポード オー/シャポード オー 東急プラザ銀座店)

2、「ボーダーTシャツ」コーデ

ボーダーTシャツ着るとなぜか主婦っぽくなる!

生活感が出てしまうボーダーTコーデの原因は?
ボーダーTシャツは、白Tと並んで永遠のスタンダードアイテム。だからと言って、何年も同じ1枚を着続けてしまうと、どこか古く見えたり、おばさん見えしたり……。ピッチや襟周りのちょっとしたディテールにトレンドが現れるものだから、シーズン毎の見直しが大切。またデニムやスニーカー合わせだと“どカジュアル”になり、生活感漂う着こなしに陥りがち。今っぽさとキレイ見えを意識することが、主婦っぽいボーダーコーデから脱する秘訣。

秋の着こなしで改善するなら…
・キレイめに着られる、細ピッチの白黒ボーダーを
・コンパクトで上品な襟周りでほっこり感をセーブ

ジレのレイヤードでハンサムにイメージ一新!
涼しくなってきたらジレをON。それだけでカッコよさと女っぽさを備えた、理想のハンサムカジュアルに。モノトーンで統一すれば、ボリュームスニーカーでハズしてもキレイめでいられる。Tシャツ¥8,500(ナナミカ/ナナミカ 東京)ジレ¥58,000(ebure)ハイライズスキニーデニム¥12,800(ROLLA’S/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)バッグ¥37,000(VASIC/ヴァジックジャパン)スニーカー¥12,000(NIKE SPORTSWEAR/NIKE カスタマーサービス)

3、「VネックTシャツ」コーデ

VネックT着るとどこか古くて一昔前の雰囲気…

古臭く見えるVネックTシャツコーデの原因は?
顔周りをシャープに見せて、着痩せ効果も高いVネック。キリッとした印象に作るアイテムだけに、タイトボトムスやヒールパンプスで仕上げてしまうと、「頑張っておしゃれしてます感」が全面に。その抜け感のない組み合わせが時代遅れなイメージを漂わせる落とし穴。ワイドパンツやフレアスカートで柔らかさを加えたり、足元でラフに見せたり。リラックス感のある着こなしに仕上げることが、VネックTを今どきに導く最短ルート。

秋の着こなしで改善するなら…
・ニュアンスカラーを選んでVネックも優しげに
・とろみ素材や切りっぱなしの袖でこなれて見える1枚を

薄軽ジャケットやフレアスカートでラフなエッセンスを
“かっちり着ない”がVネックTを素敵に見せるコツ。柔らかな質感のジャケットやふんわり広がるフレアスカートでラフなムードに。Tシャツ¥7,500(ダブルスタンダード クロージング/フィルム)オーガンジーシャツジャケット¥13,000(レイ ビームス/ビームス ウィメン 原宿)スカート¥18,000(THIRD MAGAZINE/サードマガジン)バッグ¥8,500(レイジースーザン 新宿ミロード店)スニーカー¥12,000(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)

撮影/皆川哲矢 イラスト/室木おすし スタイリング/田臥曜子 取材/坂本結香 再構成/CLASSY.ONLINE編集室

元記事で読む